Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Welcome to my blog

Love knot~ミステリ&フィギュア通信~にようこそ!

当ブログは、ミステリ(メインは小説。時々ドラマ。ごくたま~に映画)のレビューと、
フィギュアスケートに関する話題の2本柱になっております。
このブログについての詳しい説明は、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方をご覧下さい。
また、記事をお読みになりましたら、一言でも結構ですのでコメントを頂けると幸いです。
古い記事でもご遠慮なく♪多くの方と語りあいたいと思っています(*^^*)
※なお、コメント・トラックバックは承認制となっておりますので、ご了承ください。

◆最新の記事紹介◆

◆◇◆2017 YUZURU HANYU EVOLUTION◆◇◆

1月8日、フジテレビ『HERO'S』で、羽生結弦選手が来月に行われる四大陸選手権や、
平昌五輪に向けての思いを語りました。

羽生結弦インタビュー

放送の模様はこちらです↓

170108 新しい年の幕開けと気になる「今」を語る 投稿者 YzRIKO

YzRIKOさん、いつも動画UPありがとうございます。
綺麗に編集されていますね。

現在、羽生選手はトロントに戻って、元気に練習しているという話は聞いていましたが、
映像で元気そうな様子を見ることが出来て、安心しました。
照明の違いもあるかもしれないですが、報道ステーションSUNDAYのインタビュー時よりも
顔色はよさそうですね(^^)
幾分落ち着いたトーンで話していましたが、それがまだ試合直前の高揚感がないせいなのか、
病み上がりのせいなのかはよく分かりませんでしたが・・・。

では、以下に内容を追ってみたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

Tag:フィギュアスケート 羽生結弦 四大陸選手権

◆◇◆Punch a higher floor~羽生結弦、もう迷わない~◆◇◆

ムック
ベースボールマガジン社 2016.12.22


羽生結弦選手のGPファイナルNHK杯での戦いぶりを総力特集したもの。
実に97ページ中71ページに渡ります。
フィギュア誌は、シーズン前、シーズン前半戦終了時、シーズン終了時に
充実した内容のものを1冊軸に選ぶようにしているのですが、
数多くあるフィギュア誌の中から厳選するのは、なかなか大変なので(目移りしてしまう^^;)、
今回はAmazonで高評価だった本誌をチョイス。
なるほど皆さんがおっしゃる通り、読みごたえがあり、素晴らしい内容でした!
では、以下に内容をご紹介したいと思います。

関連記事

Tag:フィギュアスケート 羽生結弦 NHK杯 GPファイナル

◆◇◆新年あけましておめでとうございます。◆◇◆

年賀状2017

もう3日ですが・・・正月3が日だからまだセーフですよね(笑)

今年は酉年なので、やっぱり翼を生やしたくなるよね(^^;)
ま、そもそも名前からして羽が生えてますけど(笑)
ちょうど背景がブルーだったので、大空に羽ばたくイメージで(^^)
今年一年が羽生結弦選手にとりまして飛躍の年になりますように・・・という願いを込めました。
紙の年賀状よりずっと気合入ってます(笑)

関連記事

Tag:フィギュアスケート 羽生結弦

本日、締めの記事は書いたのですが、
フィギュアサイドも締めておこうと思い立ち、連投します(笑)

昨年のGPファイナルからフィギュア記事を書きはじめ、
拙いながら、どうにかこうにか1年間続けてきました。

コメントをくださった方々、ランキングバナーや拍手ボタンをクリックしてくださった方々、
本当にありがとうございました。
モチベーションを切らさずに続けてこられたのも皆さまのおかげです。

フィギュアに関しては、まだまだ知らないことが多く、
もっと勉強していかなければと痛感しているのですが、
あまり肩肘張らずに、楽しく続けていきたいです。

来年も羽生結弦選手の話題を中心に、記事を書いていくつもりですので、
どうかあたたかく見守っていただけたらと思います。

それでは、皆さま良いお年を!

羽生くん

結弦くんはどんな初夢を見るのかな?
彼にとって、来年が素晴らしい一年でありますように・・・。

関連記事

Tag:フィギュアスケート 羽生結弦

2016年度年間ミステリランキング

 31, 2016

毎年恒例、2016年度年間ミステリランキングの発表です。
2016年に私が読んだミステリの中から選んだ、独断と偏見によるベスト10なのでご了承ください。
ミステリ小説のみを対象としているため、ミステリ以外の作品や映画・ドラマ等は除きます。
1作家につき1作品とし、また、再読分は対象外としました。
例年ですと、レビューでの満足度が4つ以上のものを対象としているのですが、
今年は読了数が大幅に少なく、上記の縛りではベスト10が作れない事態になってしまったので、
満足度が3.5以上のものを対象としました。
【タイトル】 著者名をクリックすると、該当するレビュー記事が開きます。

関連記事

Tag:ミステリー ランキング

WHAT'S NEW?