Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Welcome to my blog

Love knot~ミステリ&フィギュア通信~にようこそ!

当ブログは、ミステリ(メインは小説。時々ドラマ。ごくたま~に映画)のレビューと、
フィギュアスケートに関する話題の2本柱になっております。
このブログについての詳しい説明は、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方をご覧下さい。
また、記事をお読みになりましたら、一言でも結構ですのでコメントを頂けると幸いです。
古い記事でもご遠慮なく♪多くの方と語りあいたいと思っています(*^^*)
※なお、コメント・トラックバックは承認制となっておりますので、ご了承ください。

◆最新の記事紹介◆

彼の言葉はニュース

 20, 2017

◆◇◆こういう羽生結弦を待ってた!◆◇◆

SEIMEI

【長久保豊の撮ってもいい?話】
ふたたびの「Why am I crying?」 バルセロナから平昌へ 旅するSEIMEI

が8月15日に配信されました。
長久保さん、いつも楽しいコラム記事をありがとうございます(^^)

長久保さんといい、フィギュアスケートマガジンの山口さんといい、ナイスな記事を提供してくれますね~
そして羽生結弦選手への愛に溢れています(あ、ヘンな意味ではなく。^^;)

2015年のGPファイナル。

この大会は、フィギュアシーンにおいて特別な大会だったと思います。
2週間前のNHK杯で世界歴代最高得点を更新した時も、「凄いものを見た」と思いましたが、
それをあっさりと過去のものにして塗り替えてしまった。
その時の黄金プログラム、SPのバラード第一番とFSのSEIMEIを
五輪シーズンに再演するというのですから、
もっと凄いものが見られるかもしれないと、つい期待してしまいますよね(^^)

関連記事
スポンサーサイト

Tag:フィギュアスケート 羽生結弦

羽生結弦選手が8月8日(日本時間9日)に、練習拠点であるカナダ・トロントにて公開練習を行い、
今季フリープログラムは、2季前と同じ「SEIMEI」を演じることを発表しました!

羽生結弦「SEIMEI」

わぁ!SEIMEIですか!
あの幽玄なプログラムを再び、しかも最高の舞台で見られるのですね!
カッコいいし、大好きなプログラムなので、とてもうれしい(*^^*)
でも反面、これは「羽生結弦、五輪SPは世界最高SPで!」の記事でも同じことを書きましたが、
違うプログラムも観てみたかったなという思いもあります。
先にSPがバラード第一番と発表されていただけに、余計にその思いは強いかもしれません。
異例だとか、批判的な意見をいう人もいるけれど、そういうことではなくて、
ただ単純にもっと色々な羽生結弦を観てみたいのよ。
ま、それはエキシビションやアイスショーで見せてもらうことにしましょ♪

関連記事

Tag:フィギュアスケート 羽生結弦 SEIMEI

羽生結弦選手の2016-2017シーズンの戦いを振り返る-第4弾は、
4連覇を飾ったグランプリファイナルです。

羽生結弦GPファイナル

関連記事

Tag:フィギュアスケート 羽生結弦 GPファイナル

◆◇◆揺れるフリルもなお美しく◆◇◆

先日、NHK「グッと!スポーツ」で宇野昌磨くんが出演した時に、
衣装へのこだわりで、「フリルは嫌い」、
「アシンメトリー(左右非対称)はジャンプの時にバランスが崩れるから苦手」と話していました。

フリルでアシンメトリー・・・まんま羽生くんの衣装ではないか!
ま、「フリルを着た阿修羅」なんて異名をとるぐらいですからねぇ(^^;)

羽生結弦
も、髪の毛逆立っちゃっているし(笑)
衣装と表情のギャップが萌え要素ではあるのですが・・・。
でも妖精さんがコワい顔しちゃダメだよ~(^^;)

まあ選手それぞれ好みも違いますし、
演技の特性によって、似合う・似合わないもありますよね。

羽生くんの場合は、いい意味で力感がなくて、繊細な演技が特徴なので、
動きに合わせて揺れるフリルがまるで妖精や蝶が舞うかのごとく見え、
より演技の美しさを引き立てているように思います(*^^*)

てなわけで、以下に羽生結弦選手のシニア以降のフリル衣装を集めてみました♪

関連記事

Tag:フィギュアスケート 羽生結弦

夏の文庫フェア2017

 25, 2017

蒸し暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

毎年この時期になると、夏の文庫フェアのご紹介をするのですが、
かれこれ半年、全く小説のレビューを出来ていないし、今年はやめておこうかと考えましたが、
少しでも気分を上げていけたらなと思い、例年通り続けることにしました。

今年も各社出揃っております。今年のガイドブックはこちらです↓

2017文庫フェアガイドブック

関連記事

Tag:文庫フェア 新潮文庫 角川文庫 集英社文庫

WHAT'S NEW?