【月蝕の窓】 篠田真由美

author photo

By翠香

◆◇◆呪われた館◆◇◆

桜井京介シリーズ9
長編
講談社ノベルス 2001.8
講談社文庫 2007.9

4062758342月蝕の窓 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)
篠田 真由美
講談社 2007-09-14

by G-Tools

■あらすじ

治に建てられた洋館、月映荘。惨劇は再びここで起こった。京介とともに晩餐に招かれた医師が撲殺されたのだ。図らずも事件に巻き込まれていく京介の前に、複雑な生い立ちを抱える茉莉、雪音を聞くことができる不思議な少女、綾乃たちが、謎を深めて絡み合ってくる。さらに京介自身の過去が揺さぶられる。
(講談社文庫より)

■テーマ
  月蝕
  多重人格

■舞台
  栃木県那須高原

■ヒロイン
  江草百合子

■感想
 月特集も佳境に入ってきました。6番手は【月蝕の窓】です。
 これは建築探偵シリーズの第9作です。短編集は番外扱いになるそうなので、本編では8作目となります。

 今回はもう京介にどっぷり浸れます!京介てんこ盛り!みたいな(笑)
 物語の大部分が京介視点で書かれていて、前半までは門野のご隠居は出てくるものの、
 主要キャラとしては京介オンリー。自然、京介のモノローグが増えるわけなんですが、
 京介ってクールであまり本音を見せないタイプだけど、
 内面では意外にもウジウジ悩んでいるんですねぇ。暗いぞ、京介(^^;)

 第一部(【未明の家】【原罪の庭】)では蒼の過去が明らかになりましたが、
 第二部に入ってもシリーズにおける蒼の存在は大きかったと思います。
 しかし本作では蒼はラストシーンにちょこっとしか出てきません。(もはや人物紹介にも載ってない
 【仮面の島】で京介の庇護のもとから自分の足で歩き始め、
 京介はもう自分の役目は終わったと思っているようです。
 でも京介にとって蒼は「守るべき存在」から「心の支え」に変わってきていると思うのです。
 今の京介は心の支えを失い、精神のバランスを欠いているという感じ。
 親友の深春まで遠ざけて氷のように固く心を閉ざしてしまうし・・・。
 作中の某所で密かに「氷の王子様」と呼ばれていたらしいのですが、まさしくぴったりの形容ですね。

 そんな京介の心を溶かしてくれたのは、深春です。
 後半に入り、ようやく深春が登場し、京介も明るさを取り戻したのでホッとしました。
 しかし、篠田先生のあとがきにはウケた~w
 京介1人だと間が持たなくなったので、深春を登場させましたね?(ニヤリ)
 でも深春ってホントにあったかい。料理は上手だし、まめまめしく動くし。
 深春、お嫁さんに来て~(オイ!)

 すっかりキャラ読み全開のレビューになってしまった(^^;)

 今回は那須にある「月映荘」にまつわる過去の事件に加え、京介が巻き込まれた殺人事件が絡んできます。
 多重人格の女性や霊感少女まで登場し、まやかしの部分が多いのですが、
 それらを排除すれば事件は案外シンプル。京介vs犯人の対決も見ものです

 そしてもうこのシリーズのお約束なのですが、またもや京介が危険な目に遭ってしまいます
 シリーズの主役が死ぬわけないと分かっていながらも、本当に死んじゃうのではないかとハラハラしました。
 今回はかなりヤバイです。篠田先生、ドSですね(^^;)

 今回気になったのは、桜井京介』という名の仮面とか
 『桜井京介』ではなくなる日という記述が点在している所。
 京介が京介でなくなるとはどういうことなのだろう。
 早く知りたいけれど、知るのもちょっと怖いな・・・

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404404404
◆満足度
 ◆月が出た出た度満月

■特におすすめ!

  • 天体に興味がある方
  • 心理療法・セラピーに興味がある方

月特集バナー

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Comments 8

viviandpiano  

まさに

京介全開!でしたよね♪
私も、クールな京介が意外と人のこと気にしてるので、
そうだったのか~っとビックリでした。
でも、強がりで意地っ張りの京介だから、
自分の感情に蓋をしようとしている京介だから、
内面が知れてよかったです。

そこで深春♪
美味しい役回りですよね。
私も、お嫁さんに欲しいです(笑)

そして京介の今後・・・
私も知りたいけど、まだ知りたくない!という葛藤が。
文庫化を待つのがちょうどいい感じなのかも。

2010/11/25 (Thu) 00:39 | EDIT | REPLY |   

mokko  

ヽ(|||≧▽≦|||)/ キャー

そうか!これもありましたねぇ~!
でも、蒼の物語を読んでいないので、やはり順番は
忠実に守りたいのですが、京介オンリーとなったら
さっさと蒼を読んで本作を読まなくてわぁ~!
やはり京介は危険な目に遭うのですねぇ~
っていうか精神のバランスを崩すって・・・今まででも
かなりヤバイと思いながらも蒼がいたから、なんとかなってたけど
やっぱり相当深刻なわけですねぇ??
深春って、やっぱりいつも寸でのところで救いの女神になるけど
今回もそうなのねぇ~
あぁ~どうしましょ!レビュー読んだだけで悶絶しそうですぅ~
キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
スミマセン<(_ _)>暴走しました<(_ _)>

2010/11/25 (Thu) 08:15 | EDIT | REPLY |   

翠香  

viviandpianoさんへ

京介って意外と脆さを内包しているなと感じました。
クールな仮面に隠しているけど、
内面では自分の弱さだったり、謎に対する興味だったり、
他人と関わりを持とうとする気持ちを持ち合わせている。
氷の王子様の外見に似合わず、意外と熱い男なのねv-344
ますます京介が好きになりましたよv-398

深春は今回大活躍でしたよね!
一家に一台・・・もとい一人深春が欲しいですよね~(笑)
「寒いときのこたつ」v-344

本作が本編の8作目でちょうど折り返し地点なのですが、
後半ではどうなっていくのか、楽しみなような怖いような複雑な心境です。
とりあえず京介が死ぬことはないそうなので、それだけは安心かな。

2010/11/25 (Thu) 23:57 | EDIT | REPLY |   

翠香  

mokkoさんへ

もう京介てんこもりです♪
蒼の物語は番外編なので、飛ばしてしまっても大丈夫ですが、
私は順番通りに読んでいますよ(^^)

そうなんです。またもや危険な目に遭ってしまいます。
エセ占い師というか用心棒のセザールがめっちゃ怖いのですよ~v-399
敵ターミネーターみたいです。
あの場面で深春が助けに来なかったら、京介死んでます・・・。v-409
今回は心身ともに深春に救われましたね。

全く京介ってヤツは、1人にしておくとろくなことを考えません。
まるで世捨て人ですもの(^^;)
なんだかんだいって、人と関わってしまう性分のようなので、
蒼や深春が明るく盛り上げて、余計なことを考えないようにさせるのが一番ですね(^^)

2010/11/26 (Fri) 00:00 | EDIT | REPLY |   

あかね  

わーーー

ついに「月蝕」読まれたのですねi-1
翠香さんのレビューを読んで、今、ものすごく悶えていますi-237
だって「京介」視点って。。。めずらしい~i-199
感情移入できるだろうかi-201(笑)
それだけ京介てんこもり状態で、いろいろ事件に巻き込まれて推理して。。。
蒼も最後しか出てこない・・・ってi-240
やっぱり物語はこれからどんどん「京介」に迫っていくんだろうなi-190
と思うと本当にドキドキしてしまいますi-201

蒼の成長、京介の変化・・・全て最後まで見守りたいなあi-178

しかも「月蝕の窓」は“満月”なのですねi-189
そこも惹かれますi-197
でも、ブランクありまくりな私は、「仮面の島」も再読した方が良いかもしれないなあ~。。。うむむi-238
悩むところですi-239

2010/11/26 (Fri) 13:13 | EDIT | REPLY |   

翠香  

あかねさんへ

はい、ようやく読みました(笑)
もー京介のモノローグが重いので時間が掛かってしまったv-356
う~ん、京介には感情移入出来ないのではないかな。
というより感情移入出来たらアブないかも。
仏門にでも入るの?って感じだし(^^;)

蒼の過去も予想以上に壮絶だったから、
京介の背負っている荷物も相当なのではないかと、ドキドキしてしまいますよね。
よっぽどの事がなければ、あんなに性格ひん曲がらないと思うし(笑)
まぁったく意地っ張りで素直じゃないんですよね~。
でもそこが萌えポイントだったりするv-398
京介ってツンデレだったのね(笑)

お話は1話完結だけど、本作を読む前に『仮面の島』を再読した方がいいかもです(^^)

2010/11/27 (Sat) 18:08 | EDIT | REPLY |   

mokko  

プチお久に・・・

パソコンが12月に壊れてしまって、ようやく復帰しましたぁ~
遅ればせながら今年もよろしくお願いします<(_ _)>

センティメンタルブルーと本作読みましたぁ~
翠香さんのレビューを読んだので安心して読めました♪
しかも本作を読んでる時に、皆既月食があったもんだから
リアルでしたよぉ~(^◇^;)
篠田さんったら本当にドSですね。
京介を殺そうと思ってたらしいので、そういうのが
ところどころで見えてハラハラしましたよぉ~
完結編が出たってことは、それまでは無事だってことで
ホっとしてるんですけど、京介の秘密が気になります。
門野の爺さんは知ってるみたいですよねぇ~
まったく、どこにでも顔を出すんだから(ノ_-;)ハア…

2011/02/08 (Tue) 20:53 | EDIT | REPLY |   

翠香  

mokkoさんへ

mokkoさん、お久しぶりです(^^)/
お返事遅くなってしまってごめんなさい。
実は、ウチのパソコンも調子悪くて・・・。
サポートセンターにも問い合わせしたのだけど、
自分が知っている以上の回答は得られず、ガッカリv-390

篠田先生、ドSですよね(^^;)
何もそこまで京介を痛めつけなくても・・・ぐすんv-409
深春が現れなかったら、死んでますよね。
完結編、気になるけれど、彼らとお別れするのも寂しいので、
残りは1話1話、味わって読もうと思っています(^^)

こちらこそ今年もよろしくお願いしま~す。

2011/02/10 (Thu) 23:53 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Leave a reply

INDEX (13)
このブログについて (4)
内田康夫 (99)
浅見光彦 (91)
岡部和雄 (3)
竹村岩男(信濃のコロンボ) (3)
愛川晶 (1)
相沢沙呼 (2)
酉乃初 (2)
蒼井上鷹 (1)
赤川次郎 (7)
三毛猫ホームズ (4)
三姉妹探偵団 (1)
芦辺拓 (1)
森江春策 (1)
我孫子武丸 (1)
速水三兄弟 (1)
天野頌子 (1)
陰陽屋シリーズ (1)
綾辻行人 (8)
島田潔(館シリーズ) (6)
有栖川有栖 (22)
火村英生(作家アリス) (18)
江神二郎(学生アリス) (3)
泡坂妻夫 (1)
伊坂幸太郎 (5)
石持浅海 (6)
碓氷優佳 (3)
座間味くんシリーズ (1)
乾くるみ (8)
カラット探偵事務所の事件簿 (1)
井上夢人 (2)
今邑彩 (4)
上田早夕里 (2)
パティシエシリーズ (2)
歌野晶午 (5)
信濃譲二(家シリーズ) (2)
大倉崇裕 (3)
福家警部補 (2)
大崎梢 (5)
成風堂シリーズ (3)
井辻智紀の業務日誌シリーズ (1)
太田忠司 (8)
狩野俊介 (2)
甘栗晃 (2)
朔夜一心(月読シリーズ) (1)
予告探偵 (1)
雪永鋼 (1)
大山淳子 (2)
猫弁シリーズ (2)
岡嶋二人 (5)
折原一 (4)
恩田陸 (9)
神原恵弥 (1)
あ行の作家 (8)
加納朋子 (9)
入江駒子 (3)
市村安梨沙(アリスシリーズ) (2)
ささらシリーズ (1)
神永学 (4)
確率捜査官御子柴岳人 (1)
貴志祐介 (3)
榎本径(防犯探偵) (3)
北村薫 (17)
円紫さんと私シリーズ (5)
新妻千秋(覆面作家) (3)
わたしのベッキーシリーズ (2)
時と人 (2)
北森鴻 (9)
工藤哲也(香菜里屋シリーズ) (3)
蓮丈那智 (3)
旗師・冬狐堂 (1)
北山猛邦 (6)
城シリーズ (2)
音野順 (1)
猫柳十一弦 (2)
霧舎巧 (1)
鯨統一郎 (7)
倉知淳 (2)
猫丸先輩 (1)
栗本薫 (7)
伊集院大介 (5)
黒田研二 (4)
ふたり探偵 (1)
近藤史恵 (7)
今泉文吾(歌舞伎シリーズ) (2)
キリコ (1)
ビストロ・パ・マルシリーズ (1)
七瀬久里子 (2)
か行の作家 (7)
坂木司 (5)
ひきこもり探偵 (1)
篠田真由美 (15)
桜井京介(建築探偵) (12)
蒼の物語 (3)
柴田よしき (8)
猫探偵正太郎 (4)
浅間寺竜之介 (2)
摩耶優麗 (1)
島田荘司 (2)
御手洗潔 (2)
朱川湊人 (2)
わくらばシリーズ (1)
さ行の作家 (8)
高木彬光 (3)
神津恭介 (3)
高里椎奈 (5)
深山木秋(薬屋探偵妖綺談) (5)
高田崇史 (7)
桑原崇(QEDシリーズ) (2)
鴨志田甲斐(カンナシリーズ) (2)
勧修寺文麿 (2)
田中啓文 (1)
笑酔亭梅寿謎解噺シリーズ (1)
田中芳樹 (1)
薬師寺涼子 (1)
柄刀一 (3)
三月宇佐見のお茶の会 (1)
南美希風 (1)
津原泰水 (1)
ルピナス探偵団 (1)
た行の作家 (5)
中山七里 (5)
岬洋介 (4)
七尾与史 (2)
ドS刑事シリーズ (1)
二階堂黎人 (2)
水乃サトル (2)
仁木悦子 (2)
仁木兄妹 (2)
西澤保彦 (14)
匠千暁(タック&タカチシリーズ) (4)
神麻嗣子(チョーモンインシリーズ) (3)
響季姉妹探偵 (1)
ぬいぐるみ警部 (1)
西村京太郎 (2)
名探偵シリーズ (1)
似鳥鶏 (3)
葉山くんシリーズ (3)
貫井徳郎 (3)
法月綸太郎 (5)
な行の作家 (4)
初野晴 (3)
東川篤哉 (5)
謎解きはディナーのあとで (2)
烏賊川市シリーズ (2)
東野圭吾 (43)
加賀恭一郎 (10)
湯川学(探偵ガリレオ) (8)
天下一大五郎 (1)
マスカレードシリーズ (1)
深水黎一郎 (1)
神泉寺瞬一郎(芸術探偵) (1)
は行の作家 (10)
松岡圭祐 (2)
紗崎玲奈(探偵の探偵) (1)
円居挽 (1)
シャーロック・ノートシリーズ (1)
麻耶雄嵩 (1)
貴族探偵 (1)
三上延 (2)
ビブリア古書堂シリーズ (2)
水生大海 (1)
羅針盤シリーズ (1)
道尾秀介 (3)
湊かなえ (2)
宮部みゆき (3)
捜査犬マサ (2)
森川智喜 (3)
三途川理 (3)
森博嗣 (36)
犀川創平(S&Mシリーズ) (10)
瀬在丸紅子(Vシリーズ) (10)
真賀田四季 (4)
海月及介(Gシリーズ) (1)
百年シリーズ (2)
水柿助教授(Mシリーズ) (1)
森谷明子 (3)
ま行の作家 (7)
山口雅也 (2)
垂里冴子 (2)
山田悠介 (1)
柚月裕子 (1)
佐方貞人 (1)
米澤穂信 (13)
折木奉太郎(古典部) (5)
小鳩常悟朗(小市民) (3)
紺屋S&Rシリーズ (1)
や行の作家 (5)
若竹七海 (1)
ら行・わ行の作家 (1)
アンソロジー (6)
共著・合作 (1)
ノベライズ (1)
相棒 (1)
海外ミステリ (48)
ジョン・ディクスン・カー (5)
エラリー・クイーン (4)
アガサ・クリスティ (5)
コナン・ドイル (4)
ミステリー副読本 (6)
日本古典文学関連 (3)
ドラマ (185)
浅見光彦(ドラマ) (29)
信濃のコロンボ (6)
相棒(ドラマ) (33)
名探偵ポワロ (9)
SHERLOCK(シャーロック) (2)
ライアーゲーム (9)
東野圭吾ミステリーズ (11)
加賀恭一郎(ドラマ) (2)
ガリレオ(ドラマ) (12)
神津恭介(ドラマ) (2)
すべてがFになる(ドラマ) (10)
臨床犯罪学者 火村英生の推理(ドラマ) (10)
謎解きはディナーのあとで(ドラマ) (6)
土曜ワイド劇場 (6)
コラボ商品 (3)
推理クイズ (37)
探偵Xからの挑戦状! (23)
超再現!ミステリー (13)
映画 (55)
読書まとめ (27)
テーマ読み (12)
ランキング (18)
ミステリィの小径 (7)
対談・インタビュー (2)
イベント情報 (2)
文庫フェア (10)
フィギュアスケート (108)
試合展望・結果 (76)
書籍・雑誌 (10)
氷上の魔術師(フィギュア百景) (20)
アニメ『ユーリ!!! on ICE』 (2)
その他 (31)