FC2ブログ
毛髪再生

【スタイルズ荘の怪事件】 アガサ・クリスティー

Categoryアガサ・クリスティ
 6  0

◆◇◆ポアロ、最初の事件◆◇◆

エルキュール・ポアロシリーズ1
長編
ハヤカワ文庫・クリスティー文庫 2003.10

4151300015スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
アガサ クリスティー Agatha Christie
早川書房 2003-10

by G-Tools

■あらすじ

旧友の招きでスタイルズ荘を訪れたヘイスティングズは、到着早早事件に巻き込まれた。屋敷の女主人が毒殺されたのだ。難事件調査に乗り出したのは、ヘイスティングズの親友で、ベルギーから亡命して間もない、エルキュール・ポアロだった。不朽の名探偵の出発点となった著者の記念すべきデビュー作が新訳で登場!

(ハヤカワ文庫より)

■感想
 アガサ・クリスティのデビュー作。ポアロにとっても初登場作品です。
 ポアロは超有名な名探偵なので、わざわざご説明するまでもないのですが、一応簡単にポアロの特徴をご紹介しますと・・・
 ベルギー人の元刑事で、5フィート4インチの小男、卵型の頭でいつも小首をかしげている。口髭は軍人風にぴんとはねあがっている。身だしなみに潔癖で埃が大嫌い。
 クリスティは第一次世界大戦中に病院の薬局で働いていたそうで、そのときにイギリスに逃れてきたベルギー難民を見てヒントを得たようです。コミカルな感じの人がいたのでしょうかね。
 ポアロはつい置物の位置を直してしまうほどの潔癖ぶり。きっとA型ですね(笑)
 そしてポアロの相棒役を務めるのが、ヘイスティングズ。このときは傷病兵で一ヵ月の疾病休暇をスタイルズ荘で過ごしていました。
 物語はヘイスティングズ視点で語られています。

 スタイルズ荘の女主人・エミリーが毒殺され、現場は密室状態だった。
 ヘイスティングズは、友人のポアロに捜査を依頼する。
 ポアロは暖炉の灰の中から遺言状の切れ端を発見する。
 これは遺産相続を巡っての殺人事件なのか?

 さて、いかにも怪しい人物がいるのですが、なんとポアロがその人物のアリバイを証明してしまいます。
 その後容疑者は二転三転。いったい誰が犯人なのかとこちらも翻弄されてしまいます。
 言われてみれば、始めから腑に落ちない部分があり、やっぱりそうだったのかと思いました。
 しかし、最後にあんな動かぬ証拠が出てくるとは・・・。今だったらこんな方法はまず取らないので証拠は残らないですね。

 また、クリスティは薬局に勤めていた経験から、トリックに薬が使われているのですが、やや専門的過ぎて一般の人にはなかなか分かりにくいかなと感じました。
 特に毒を飲んでから効果が現れるまでのタイムラグが分からなかったですね。
 現場は密室状態になっていますが、毒殺なので、密室のトリックはさほど重要ではありません。

 登場人物がそれぞれの思惑があって行動しているため、事件がややこしくなってしまっていますね。
 やはり女性作家らしく、いろいろな愛の形を描いています。
 かのヘイスティングズもあの人も素敵、この娘も可愛いとふらふらと気が多いタイプですね(^^;)
 なんとプロポーズまでしているのですが・・・敢え無く撃沈・・・。すっかりピエロになっちゃいましたねぇ。
 今後、ヘイスティングズに春がくるのか、この点にも注目してシリーズを読み進めていきたいですね(笑)

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267267267
◆冷や汗度404404
◆満足度★★★★

■特におすすめ!

  • 海外ミステリ初心者の方
  • 本格推理が好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

アガサ・クリスティエルキュール・ポアロ

6 Comments

viviandpiano  

うふふ

私も、ヘイスティングス好きなんですよ♪
なんか、気になっちゃうキャラです。
これからも、注目キャラですよ!!(おたのしみに)

ポワロは、ポワロでユニークですよね。
あんな探偵、よく思いついたものです。
デビッド・スーシェがまさにイメージどおりですけど。

新訳も気になるな~♪

2011/02/11 (Fri) 17:36 | EDIT | REPLY |   

mokko  

(。・o・。)ほーっ

クリスティのデビュー作はポアロだったのですねぇ~
知らなかったぁ~(゚O゚;
ケーブルテレビの方で長編と短編を見てました。
ハンプティダンプティのような体型と歩き方が面白くって( ´艸`)
これはドラマ化されてるのかな?
なんとなく覚えがあるような・・・

2011/02/11 (Fri) 19:05 | EDIT | REPLY |   

翠香  

viviandpianoさんへ

ヘイスティングズは、彼自身は一生懸命なんでしょうけど、
なんかいい人で終わってしまう残念なキャラですね(笑)
これからも彼に注目していきたいです♪

ポアロはいい考えが浮かんで、踊りだしたり、神経質に置物の位置を直してみたりと
なかなか味のあるキャラですね(笑)

クリスティー文庫の新訳は読みやすいですよ。
表紙デザインもおしゃれなので、揃えたくなります♪

2011/02/11 (Fri) 23:21 | EDIT | REPLY |   

翠香  

mokkoさんへ

私も始めは知らなかったのですが、デビュー作はポアロなんですよ~。
やっぱりハンプティ・ダンプティを想像しますよね(^^;)
私はドラマの方はほとんど観ていないのですが、
おそらく映画化されたのではないかな?
クリスティ作品って、かなりの割合で映像化されてますよね~。
今で言う東野圭吾氏のような勢いですね~。
とりあえずポアロシリーズは追いかけていこうと思ってます(^^)

2011/02/11 (Fri) 23:31 | EDIT | REPLY |   

あかね  

おおお

いいなあ~♪
デビュー作がポアロとは、私も知りませんでした!でも、1作目からならこれからどんどん読めそうですネ( ゚∀゚)
ううう。読みたくなってきた~!

私は昨日あのDVD見ました★
声優さんの違いは最初だけ気になったものの。。。楽しめた(* >ω<)=3
そして、やはり「いろいろな愛の形」も見応え(?)ありました★

2011/02/12 (Sat) 01:01 | REPLY |   

翠香  

あかねさんへ

ポアロシリーズも34作ありますから(クリスティー文庫)、
制覇するのもなかなか大変ですね~。
まあ気楽にのんびり行きます(^^)

DVD観ましたか~。いいな~。
あかねさんのレビュー、楽しみにしていますね♪

2011/02/12 (Sat) 17:22 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment