すべてがFになる 第6話「すべてがFになる[後編]」

author photo

By翠香

■放送日時
2014年11月25日(火) フジテレビ系列 21:00~21:54

■番組名
すべてがFになる』 第6話「すべてがFになる[後編]」

■原作
森博嗣 『すべてがFになる』(講談社文庫)

■CAST
  西之園萌絵     ・・・武井咲
  犀川創平      ・・・綾野剛
  喜多北斗      ・・・小澤征悦
  真賀田四季     ・・・早見あかり
  鵜飼大介      ・・・戸次重幸
  国枝桃子      ・・・水沢エレナ
  西之園捷輔     ・・・吉田鋼太郎
  ---------------------------------------
  新藤清二      ・・・冨家規政
  山根幸宏      ・・・利重剛
  新藤裕見子     ・・・藤吉久美子
  島田文子      ・・・山田真歩
                         ほか

■あらすじ

 萌絵(武井咲犀川(綾野剛は、四季(早見あかり)を殺害した犯人が、コンピュータシステムで厳重に監視されている研究所の中にどうやって侵入し、どこへ消えたのか、手がかりを掴めずにいた。
 そんな折、主任プログラマーの島田(山田真歩)が、翌朝10時に記者が所長の新藤(冨家規政)を訪ねて来る約束になっていることを突き止める。記者は船で来るためその時間に港に行けば外部と連絡が取ることができる。しかし、副所長の山根(利重剛)は明日を待たずに、コンピュータのオペレーションを別のシステムに切り替え通信を復旧させることを決めた。そうすればすぐに警察にも通報できるのだが、山根は萌絵と犀川に四季が殺害されたことは黙っていてほしいと頼む。四季の死は研究所の死を意味するから、四季の妹の未来(早見あかり)を代役に仕立てることで、研究所を維持するつもりだと言う。
 その後、監視室のモニターで監視カメラの映像を見ていた萌絵があることに気づく。四季の遺体が台車ロボットに載って現われた時、エレベーターの階数表示は萌絵らがいた地下の「B1」になっていたが、その直後、システムの強制再起動が行われた時の映像では屋上を示す「R」になっていた。それはつまり、あの場にいた全員がパニックに陥るなか、誰かが四季の部屋を出て屋上へと向かった可能性を示していた。しかし、映像には誰も映っていない。そのことに萌絵は…。

(番組HPあらすじより)

■感想
前回、扉の向こうに何が?・・・という思わせぶりなところで終わりましたが、
扉の向こうにいたのは一基のロボット。なーんだと思った方も多いのではないでしょうか?
でも萌絵がロボットに「あなたは誰?」と話しかけたのはちょっと不自然。ロボットがしゃべるとは分からないのに。
しかしこのミチルロボット、話しかけられた途端に勝手にしゃべりだしましたね(^^;)
原作では萌絵と会話するのだけど・・・。
今や人間と会話できるロボットも売り出されているので、ここは普通に会話させた方が良かったのでは?
始め、ミチルの頭に付いていたカメラの映像を真賀田博士がどこかで見ているのかと思ったけれど、
ミチルはあの部屋からは出られないので、あまり意味はなかったですね(^^;)

原作ではバーチャル・リアリティシステムを利用して、皆が一堂に会する場面があるのですが、
半分はゲームで遊んでいるような感覚なので、さすがにドラマではカットかと思いきや、ありましたね(^^;)
ただ参加者が萌絵と犀川と四季の3人だけでしたが。
原作では参加者の顔が平面で、VRマシンもゲームセンターに置いてあるような大型のものでしたが、
ドラマでは場所を選ばずゴーグルを装着するだけで、まるでその場にいるかのような感覚に。
草原で犀川と萌絵が四季と対面する場面は、実際にはロケ映像だと思いますが、
現代の技術はこれほどまでに進化していると実感できました。
研究所でもタブレットを使用したりして、原作よりも現代的になっていると感じました。

上記のあらすじは番組HPの内容そのままなのですが、なんとあらすじでネタバレしてますよね(^^;)
四季と未来が早見あかりさんの二役であることが分かってしまう。
折角かつらとサングラスで変装しているのに・・・。
これでは四季が未来になりすましていると推理出来ちゃうじゃないですか!
せめて四季と未来が一卵性双生児にすれば二役でもバレなかったのに。

15年前の両親殺しの真相部分で、四季が新藤を庇っていたことや、
新藤が四季に自分を殺せと言っていた(贖罪なのか?)こと、
四季の娘は実は自殺だった(?)ことなど、原作にはなかったので驚きました。
これにより、原作では感情の持たないロボットのような四季が、生身の女性に見えてきました。
倫理的に問題がありますからね。テレビの影響力を考えるとやむなしというところでしょうか。
でもドラマの四季の方が私は好きです。原作の四季はちょっと怖い。
「本当は犀川先生にキスしていただこうと思っていましたのよ」・・・こんなセリフも可愛らしく見えますね

ドラマのタイトルにもなっている「すべてがFになる」の解釈が、
萌絵お得意の「謎、解けちゃいました」のおまけ推理になっていたのには苦笑。
レッド・マジック開発当初からこの日のことは予めプログラミングされていたという、
真賀田博士の天才ぶりを象徴するキモの部分だと思うのですが、いいんですか?こんな扱いで・・・。

来週は「数奇にして模型」です。オタクワールド全開の作品ですね(^^;)
文字通り「好きにしてもOK」みたいな(笑)
萌絵の従兄・大御坊が登場。原作ではかなりインパクトのあるキャラですが、ドラマではどうなんでしょう。
そしていよいよ儀同世津子さんが登場ですね。
原作では「すべてがFになる」と「封印再度」でも登場しているのですが、ドラマでは初登場になりますね。
萌絵のコスプレ姿も見られるので、男性諸氏はお楽しみ♪

■参考

すべてがFになる - フジテレビ
▲番組ホームページです。

【すべてがFになる-THE PERFECT INSIDER】 森博嗣 | ミステリー処【love knot】
▲原作レビューはこちら

▼原作本です。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Comments 4

akane  

かる~☆

すべてがFになる!見ました!
あれを前後編にまとめるんだi-198と思ってどんなになるのかとどきどきしていましたが、登場人物も絞ってきれいにまとめたなあー…とビックリしましたi-201
(Fについても最後にさらっとでさらにビックリ!)
でも、私もドラマの四季の方が人間味があって好感は持てましたi-179そして、小説の「四季」を読みたくなってしまった…という感じですi-190(笑)
とはいえ…このペースでどこまでドラマ化するのか?
最後まで見届けたいですi-237

2014/12/01 (Mon) 14:20 | EDIT | REPLY |   

翠香  

akaneさんへ

真賀田研究所のセットもお金かけているな~と思いましたね。
現在の最新技術(タブレットとか)を取り入れつつ、原作のイメージを崩さない作りに感心しました。
Fについては・・・タイトルなのに、そんな扱い?でしたよね(^^;)
ドラマはこの後『数奇にして模型』と『有限と微小のパン』の2作が使われるようですよ。
四季シリーズを読む前にS&Mを再読しようかと思っていたところだったので、
このドラマはタイムリーでした。
『有限と~』の再読が終わったら、四季シリーズに突入するつもりです♪

2014/12/01 (Mon) 23:31 | EDIT | REPLY |   

mokko  

やっと・・・

原作読み終わりました(^◇^;)
もうすっごく面白くてやられたぁ~と思ってたんですが
ドラマは内容を弄ってるみたいですね。
原作の四季博士って、mokkoは割と好きというか
いかにも天才って感じでお気に入りだったのですが
これはドラマも楽しそうですね。
でも、四季シリーズは読みたくなりました。
一旦、浮気をしてから、S&Mシリーズを続けて読みたいと思ってます(p^_^q)

2015/01/09 (Fri) 20:38 | EDIT | REPLY |   

翠香  

mokkoさんへ

ついに読みましたね(^^)
そういえばmokkoさんは紅子さんが好きって言ってましたよね。
紅子さんと真賀田四季ってちょっと似ているから分かる気がします。
私はどちらかというとちょっと苦手なタイプなんですが・・・。(^^;)
このシリーズはやっぱり犀川と萌絵が今後どうなるのかが気になるところだと思います。
萌絵はどんどん暴走するし・・・。
ぜひぜひ楽しんで読んでください♪

2015/01/09 (Fri) 23:58 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Leave a reply

INDEX (13)
このブログについて (4)
内田康夫 (99)
浅見光彦 (91)
岡部和雄 (3)
竹村岩男(信濃のコロンボ) (3)
愛川晶 (1)
相沢沙呼 (2)
酉乃初 (2)
蒼井上鷹 (1)
赤川次郎 (7)
三毛猫ホームズ (4)
三姉妹探偵団 (1)
芦辺拓 (1)
森江春策 (1)
我孫子武丸 (1)
速水三兄弟 (1)
天野頌子 (1)
陰陽屋シリーズ (1)
綾辻行人 (8)
島田潔(館シリーズ) (6)
有栖川有栖 (22)
火村英生(作家アリス) (18)
江神二郎(学生アリス) (3)
泡坂妻夫 (1)
伊坂幸太郎 (5)
石持浅海 (6)
碓氷優佳 (3)
座間味くんシリーズ (1)
乾くるみ (8)
カラット探偵事務所の事件簿 (1)
井上夢人 (2)
今邑彩 (4)
上田早夕里 (2)
パティシエシリーズ (2)
歌野晶午 (5)
信濃譲二(家シリーズ) (2)
大倉崇裕 (3)
福家警部補 (2)
大崎梢 (5)
成風堂シリーズ (3)
井辻智紀の業務日誌シリーズ (1)
太田忠司 (8)
狩野俊介 (2)
甘栗晃 (2)
朔夜一心(月読シリーズ) (1)
予告探偵 (1)
雪永鋼 (1)
大山淳子 (2)
猫弁シリーズ (2)
岡嶋二人 (5)
折原一 (4)
恩田陸 (9)
神原恵弥 (1)
あ行の作家 (8)
加納朋子 (9)
入江駒子 (3)
市村安梨沙(アリスシリーズ) (2)
ささらシリーズ (1)
神永学 (4)
確率捜査官御子柴岳人 (1)
貴志祐介 (3)
榎本径(防犯探偵) (3)
北村薫 (17)
円紫さんと私シリーズ (5)
新妻千秋(覆面作家) (3)
わたしのベッキーシリーズ (2)
時と人 (2)
北森鴻 (9)
工藤哲也(香菜里屋シリーズ) (3)
蓮丈那智 (3)
旗師・冬狐堂 (1)
北山猛邦 (6)
城シリーズ (2)
音野順 (1)
猫柳十一弦 (2)
霧舎巧 (1)
鯨統一郎 (7)
倉知淳 (2)
猫丸先輩 (1)
栗本薫 (7)
伊集院大介 (5)
黒田研二 (4)
ふたり探偵 (1)
近藤史恵 (7)
今泉文吾(歌舞伎シリーズ) (2)
キリコ (1)
ビストロ・パ・マルシリーズ (1)
七瀬久里子 (2)
か行の作家 (7)
坂木司 (5)
ひきこもり探偵 (1)
篠田真由美 (15)
桜井京介(建築探偵) (12)
蒼の物語 (3)
柴田よしき (8)
猫探偵正太郎 (4)
浅間寺竜之介 (2)
摩耶優麗 (1)
島田荘司 (2)
御手洗潔 (2)
朱川湊人 (2)
わくらばシリーズ (1)
さ行の作家 (8)
高木彬光 (3)
神津恭介 (3)
高里椎奈 (5)
深山木秋(薬屋探偵妖綺談) (5)
高田崇史 (7)
桑原崇(QEDシリーズ) (2)
鴨志田甲斐(カンナシリーズ) (2)
勧修寺文麿 (2)
田中啓文 (1)
笑酔亭梅寿謎解噺シリーズ (1)
田中芳樹 (1)
薬師寺涼子 (1)
柄刀一 (3)
三月宇佐見のお茶の会 (1)
南美希風 (1)
津原泰水 (1)
ルピナス探偵団 (1)
た行の作家 (5)
中山七里 (5)
岬洋介 (4)
七尾与史 (2)
ドS刑事シリーズ (1)
二階堂黎人 (2)
水乃サトル (2)
仁木悦子 (2)
仁木兄妹 (2)
西澤保彦 (14)
匠千暁(タック&タカチシリーズ) (4)
神麻嗣子(チョーモンインシリーズ) (3)
響季姉妹探偵 (1)
ぬいぐるみ警部 (1)
西村京太郎 (2)
名探偵シリーズ (1)
似鳥鶏 (3)
葉山くんシリーズ (3)
貫井徳郎 (3)
法月綸太郎 (5)
な行の作家 (4)
初野晴 (3)
東川篤哉 (5)
謎解きはディナーのあとで (2)
烏賊川市シリーズ (2)
東野圭吾 (43)
加賀恭一郎 (10)
湯川学(探偵ガリレオ) (8)
天下一大五郎 (1)
マスカレードシリーズ (1)
深水黎一郎 (1)
神泉寺瞬一郎(芸術探偵) (1)
は行の作家 (10)
松岡圭祐 (2)
紗崎玲奈(探偵の探偵) (1)
円居挽 (1)
シャーロック・ノートシリーズ (1)
麻耶雄嵩 (1)
貴族探偵 (1)
三上延 (2)
ビブリア古書堂シリーズ (2)
水生大海 (1)
羅針盤シリーズ (1)
道尾秀介 (3)
湊かなえ (2)
宮部みゆき (3)
捜査犬マサ (2)
森川智喜 (3)
三途川理 (3)
森博嗣 (36)
犀川創平(S&Mシリーズ) (10)
瀬在丸紅子(Vシリーズ) (10)
真賀田四季 (4)
海月及介(Gシリーズ) (1)
百年シリーズ (2)
水柿助教授(Mシリーズ) (1)
森谷明子 (3)
ま行の作家 (7)
山口雅也 (2)
垂里冴子 (2)
山田悠介 (1)
柚月裕子 (1)
佐方貞人 (1)
米澤穂信 (13)
折木奉太郎(古典部) (5)
小鳩常悟朗(小市民) (3)
紺屋S&Rシリーズ (1)
や行の作家 (5)
若竹七海 (1)
ら行・わ行の作家 (1)
アンソロジー (6)
共著・合作 (1)
ノベライズ (1)
相棒 (1)
海外ミステリ (48)
ジョン・ディクスン・カー (5)
エラリー・クイーン (4)
アガサ・クリスティ (5)
コナン・ドイル (4)
ミステリー副読本 (6)
日本古典文学関連 (3)
ドラマ (185)
浅見光彦(ドラマ) (29)
信濃のコロンボ (6)
相棒(ドラマ) (33)
名探偵ポワロ (9)
SHERLOCK(シャーロック) (2)
ライアーゲーム (9)
東野圭吾ミステリーズ (11)
加賀恭一郎(ドラマ) (2)
ガリレオ(ドラマ) (12)
神津恭介(ドラマ) (2)
すべてがFになる(ドラマ) (10)
臨床犯罪学者 火村英生の推理(ドラマ) (10)
謎解きはディナーのあとで(ドラマ) (6)
土曜ワイド劇場 (6)
コラボ商品 (3)
推理クイズ (37)
探偵Xからの挑戦状! (23)
超再現!ミステリー (13)
映画 (55)
読書まとめ (27)
テーマ読み (12)
ランキング (18)
ミステリィの小径 (7)
対談・インタビュー (2)
イベント情報 (2)
文庫フェア (10)
フィギュアスケート (107)
試合展望・結果 (75)
書籍・雑誌 (10)
氷上の魔術師(フィギュア百景) (20)
アニメ『ユーリ!!! on ICE』 (2)
その他 (31)