FC2ブログ
毛髪再生

【戸隠伝説殺人事件】 内田康夫

Category竹村岩男(信濃のコロンボ)
 2  0

◆◇◆鬼女紅葉の祟りか?◆◇◆

竹村岩男信濃のコロンボ)シリーズ2
長編
カドカワノベルズ 1983.7
角川文庫 1985.9
徳間文庫 1992.8
角川春樹事務所 1996.7
秋田書店(コミック) 2000.5


■あらすじ

 戸隠は昔から数多くの伝説を生み、今なお神秘性に満ちた土地だ。長野実業界の大物、武田喜助が<鬼女紅葉>の伝説縁(ゆかり)の地“毒(ぶす)の平”で毒殺された。戸隠村“矢立神社”では男女二人が背中に矢を刺されて殺された。そして第三の殺人が・・・・・・。30数年前の事件と現代のこの忌わしい殺人事件が細い糸で繋がれた時、明らかになる意外な事実!
通称“信濃のコロンボ”竹村警部が難事件に挑む、本格伝奇ミステリー。
(角川文庫より)

■テーマ
 紅葉狩伝説

■舞台
 長野県長野市戸隠
 愛知県名古屋市

■感想
信濃のコロンボシリーズ第2作。
【死者の木霊】では、部長刑事だった竹村ですが、
この事件の功績により、2階級特進して警部になりました。
給料も上がり、上等の官舎を与えられても、偉ぶるわけでもなく、
現場主義を貫き、風采の上がらないワイシャツ、ネクタイのドブねずみ287スタイル。
同じ警部でも見た目もスマートで、捜査は部下に任せ、自分は指揮官の立場をとる岡部とは随分違いますね。
(岡部も本当は指揮官よりも現場捜査をしたいようですが・・・)
でもそんなところが竹村の味なのでしょう。
また、脇を固める、老練の吉井部長刑事(吉チョー)、若手の木下刑事(キノさん)とのかけあいも楽しい。
それに竹村は愛妻家なんですよね。奥さんの陽子さんもカラッと明るい人で、いやみがなくていいですね。

この物語は、戦時中のある男女を襲った悲劇と、紅葉狩34伝説(鬼女伝説)とを
上手くからめたお話となっています。
戦時中のことなので、憲兵とか子爵とか今ではない身分階級が出てくるので、
ちょっと耳慣れないかもしれませんね。
紅葉狩伝説は、戸隠では有名な伝説だそうですが、私は知りませんでした。
能の演目にも入っているそうですね。
【天河伝説殺人事件】浅見光彦シリーズ)は、能楽がテーマの作品でしたが、
本作でも能楽鑑賞のシーンがあり、能についての解説がなされており、勉強になります。

さて、肝心の謎解きですが、ある程度読者に予備知識が与えられているので、
「この人って、もしかしてあの時のあの人?」という感じで、自力で推理できるので、結構楽しめると思います。
上手くすれば犯人もわかるかも。私も途中でわかりました。ただしトリックは全然わからなかったですけどね(^^;)
ただ、事件の収束の仕方が少々不満。
代議士の過去が暴かれるのはマズいというので、狂気の沙汰で片付けられてしまったのは、
竹村が政治権力に負けたみたいで・・・。実は秘められた純愛物語があったのですけどね。

■評価(5個が最高)

  ◆トリック度 267267267
◆冷や汗度 404404404
◆満足度 ★★★★

■特におすすめ!

  • 歴史・伝説が好きな方
  • 日本の伝統芸能に興味がある方
  • 自力で謎解きに挑戦したい方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

内田康夫竹村岩男信濃のコロンボ

2 Comments

すくね  

お久しぶりです^^

回線断絶が続き、ご無沙汰しておりましたー。
携帯からはお邪魔していたのですが、なかなかコメントが出来なくて・・・(涙。
今回、回線が復活しましたので、コメントさせていただきますね~。

『戸隠伝説殺人事件』は、翠香さんの仰るとおり犯人は比較的分かりやすい話でしたね。でも、初期内田作品の特徴はよく出ていた話で面白かったという印象です。
そういえば、結構ドラマ化しやすい話なのか、何度かドラマ化もされてますよね。

そうそう、翠香さんも紹介されている浅見伝説3部作ですが、今週の『天河伝説殺人事件』は楽しみです!予告を見る限りでは、榎木さんもわざわざ天河に行くようですし・・・。(やはり、映画のファン向けの演出ですかね?)まあ、3週連続放送してくれるとは、内田ファンとしては嬉しい限りですね~。

では、またお邪魔いたします~。

2008/01/22 (Tue) 23:45 | REPLY |   

翠香  

天河伝説楽しみですね♪

すくねさん、お久しぶりです。回線復活してよかったですねv-290遅まきながら、今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

【戸隠~】は再読だったのですが、内容をきれいさっぱり忘れていまして・・・(^^;)お陰で(?)初読のように楽しめました(笑)

先週の『熊野古道~』は録画して、赤川次郎原作につられて『四姉妹探偵団』を観たのですが、はっきり言って失敗でした。『四姉妹~』はミステリーじゃないです・・・。v-390

今週はいよいよ『天河伝説殺人事件』ですね!オンタイムで観るぞ~v-220

2008/01/23 (Wed) 22:29 | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment