Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > フィギュアスケート > 試合展望・結果 > 2016チームチャレンジカップフリー結果

2016チームチャレンジカップフリー結果

 26, 2016

宇野昌磨FS

チームチャレンジカップ

前日のSPでは、宇野昌磨選手が世界初の4回転フリップ成功という快挙に盛り上がりましたね。
フリースケーティングでも4回転フリップに挑戦するとの発言を受け、俄然注目度が増してきたこの大会。
以下に詳しく見ていきましょう。

 

 フリースケーティングのルール

SPとはまた違ったルールになっています。

ペア、アイスダンス、男女シングルのそれぞれフリーの演技点のチーム合計で、2日目チーム総合優勝を競い合う

ペア/アイスダンス フリー
・ペアおよびアイスダンスは、各チームから2組ずつが出場
・各チームのペア2組とアイスダンス2組がフリースケーティング/フリーダンスの演技を行い、
 ペアとアイスダンスのそれぞれチーム内で高かった組の演技点をチームの点数とする
 ※次点の組の演技点は、チーム得点の対象としない
・この得点は、同日に行われる男女シングルのフリーに加算され、チーム合計点となる
男女シングル フリースケーティング
・各チームから男女シングルの3選手ずつが出場
・男女ともに、上位2選手の演技点の合計点を、チーム点数とする
 ※チームで最も低い選手の演技点は対象としない
・同日開催の各チームのペアとアイスダンスのそれぞれ高かった組の演技点と、
 男女シングルのそれぞれ上位2選手の演技点を合算し、最も高かったチームがチーム総合優勝となる

SPと同様に3人(3組)ずつのグループ分けをしていますが、あくまで便宜的なもの。
フリーは、ペアとアイスダンスではチーム内で上位の組の点数が加算され、
男女シングルでは、上位2選手の点数が加算され、その合計点を競うことになります。

 

 フリースケーティング詳細

ペア

*グループ1

順位 選手名 国名 得点
1位 アレクサ・シメカ/クリス・ケネリム 米国 122.15
2位 ニコル・デラモニカ/マッテオ・グアリゼ イタリア 105.88
3位 須藤 澄玲/フランシス・ブードロオデ 日本 100.78

*グループ2

順位 選手名 国名 得点
1位 メーガン・デュハメル/エリック・ラドフォード カナダ 147.48
2位 クセニヤ・ストルボワ/ヒョードル・クリモフ ロシア 130.46
3位 シュエハン・ワン/レイ・ワン 中国 118.78

放送がまるまるカットされていたため、演技内容は分かりませんが、
いずれのチームもグループ2の得点が上位となり、チーム点に加算されました。
この時点でチーム・アジアはノースアメリカ、ヨーロッパに後れを取ってしまいましたね。

アイスダンス

*グループ1

順位 選手名 国名 得点
1位 マディソン・チョック/エヴァン・ベーツ 米国 111.30
2位 ペニー・クームズ/ニコラス・バックランド イギリス 100.90
3位 シーユエ・ワン/シンユゥ・リウ 中国
83.18

*グループ2

順位 選手名 国名 得点
1位 ケイトリン・ウィーバー/アンドルー・ポジェ カナダ

111.56

2位 アンナ・カッペリーニ/ルカ・ラノッテ イタリア 108.96
3位 レベッカ・キム/キリル・ミノフ 韓国
82.18

アイスダンスはグループ間の差はあまりなく、2グループとも北米、ヨーロッパ、アジアの順。
アジアは北米、ヨーロッパに大きく水をあけられてしまっていますね。
これでますますアジアは不利な状況に・・・。

男女シングル

*男子シングル グループ1

順位 選手名 国名 得点
1位 デニス・テン カザフスタン 147.77
2位 セルゲイ・ボロノフ ロシア 132.79
3位 ナム・ニューエン カナダ 127.10

*女子シングル グループ1

順位 選手名 国名 得点
1位 エレーナ・ラジオノワ ロシア 133.31
2位 本郷理華 日本 122.15
3位 ガブリエル・デールマン カナダ 115.93

本郷選手はジャンプの転倒や回転不足などがあり、得点が伸びてこなかったのは残念でしたが、
演技内容としては良かったと思います。お客さんも盛り上がってくれました。
ラジオノワ選手は、SPは不調でしたが、見事に立て直してきましたね。
さすがに実力者です。

*女子シングル グループ2

順位 選手名 国名 得点
1位 グレイシー・ゴールド 米国 142.00
2位 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン 123.61
3位 ロベルタ・ロデキエーロ イタリア 105.00

ゴールド選手、会心の演技でしたね。
GOEは、1つのジャンプだけわずかなマイナスがありましたが、その他は全てプラスの評価。
演技構成点も全て8点台後半と高い評価を受けていました。
これで北米チームの勢いはますます加速(^^;)

*男子シングル グループ2

順位 選手名 国名 得点
1位 アダム・リッポン 米国 166.68
2位 ミハル・ブレジナ チェコ 158.30
3位 金博洋 中国 156.71

高得点が期待されたボーヤン・ジン選手ですが、
4回転は全て認定されているものの、GOEで大きくマイナスされ、得点が伸びず・・・。
4回転4つ(しかも1つはルッツ)も跳んで156点って・・・ありえない(^^;)
う~ん、ジャンプもただ数をこなすだけではなく、精度が大事なんですね。

*男子シングル グループ3

順位 選手名 国名 得点
1位 宇野昌磨 日本 192.92
2位 ジェイソン・ブラウン 米国 181.50
3位 ミハイル・コリヤダ ロシア 165.48

宇野選手、またしてもやりましたね!
SPに続き、フリーでも4回転フリップ成功!すごい!
他のジャンプで危なっかしい所がいくつかありましたが、192.92の高得点。自己ベスト更新ですね(^^)
今大会はSPとフリーの合計点は関係ありませんが、合計で298.66点となり、300点に肉薄。
歴代3位に相当する記録・・・ってことは、チャン選手を超えたのですね。やったね!

*女子シングル グループ3

順位 選手名 国名 得点
1位 エフゲーニャ・メドベージェワ ロシア 151.55
2位 宮原知子 日本 145.02
3位 アシュリー・ワグナー 米国 143.20

女子最終グループは、まさに日本とロシアとアメリカのエース対決となり、ハイレベルな戦いでした。
中でもメドベージェワ選手はやっぱり強いですねぇ。
世界選手権で出した世界最高得点を早くも塗り替えてしまいました。
ほとんどのジャンプを片手をあげて跳び、GOEを稼ぐ戦法です。
女子も150点時代へと突入ですか。いや~すごい時代になりましたね(^^;)

 フリースケーティング結果

順位 チーム 合計得点
1位 ノースアメリカ
892.42
2位 ヨーロッパ
848.06
3位 アジア
820.22

アジアはカップル競技が弱いので、今回のようなカップル競技とシングルの合計点を競う大会では、
どうしても不利になってしまいますね。
シングルの選手は皆頑張っていたのですが、カップル競技で付けられた差をカバーしきれませんでした。

チームとしては残念な結果となりましたが、宇野選手の快挙は大収穫でしたね!
世界選手権のリベンジもあったでしょうし、特に失うものは何もない大会なので、
挑戦するには格好の舞台だったと思いますが、
世界選手権後に練習を始めて、3週間後に試合で決めてしまうのですから驚きです。
これは来シーズンが楽しみになってきましたね♪
怪我にだけは気を付けて欲しいですが、来期の名勝負を期待したいです(^0^)/

■参考

*********************************************

話は変わりますが、月曜日のNHKのスタジオパークのゲストは織田信成さんでした。
もう織田くん、面白すぎ(≧▽≦)
「すてきな信成」にはウケた・・・!自分で言いますか?(笑)
ちなみに織田くんのご長男は羽生くんが大好きなんだとか。パパじゃないのね(^^;)

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:フィギュアスケート チームチャレンジカップ 宇野昌磨 宮原知子 本郷理華

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?