Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > フィギュアスケート > 書籍・雑誌 > Number(ナンバー)900号 羽生世代、最強の証明。

Number(ナンバー)900号 羽生世代、最強の証明。

 29, 2016

Number900号おめでとうございます!!

1980年から長きに渡って続いているのですね。
昔からこの雑誌の存在は知っていましたが、やっぱりスポーツ誌って男性向けのイメージが強いですよね。
書店のスポーツ誌のコーナーも男性客が多いので、ちょっと近付き難いのですが、
ソチ五輪以降、フィギュアスケート特集号が出た時は買うようにしています。
(大抵は発売日に買うのですが、今回は体調不良等、諸事情の為、こんな時期に・・・とほほ

表紙の写真もいいですよね
羽生結弦選手のまっすぐ前を見据える表情にグッときます。
またバックが黒なので、アニバーサリー号らしいプレミア感がありますね。
この写真撮影の時、「知的でスマートな感じで」という注文を即座に理解して、この表情を作ったのだとか。
さすがは氷上の表現者ですね(^^)

 

 羽生世代

この○○世代という言い方、もともとは野球界の黄金世代を表わす表現で・・・と説明しようとしたら、
コラムにも書かれてましたね(^^;)
今この記事を読んでいるのは、フィギュアファンの方がほとんどだと思いますので、一応さくっと説明しておくと、
古くは「平成の怪物くん」と言われた、松坂大輔投手を中心とした「松坂世代」、
次に、マー君(田中将大投手)、マエケン(前田健太投手)を中心とした「ハンカチ世代」などがあります。
(この世代の斎藤佑樹投手が「ハンカチ王子」と呼ばれていたことから、その名がついたのですが、
このネーミングもちとどうかと思う。当のハンカチ王子も今では中心選手とは言い難いし・・・。)
そして、大谷翔平選手、藤波晋太郎投手を中心とした「大谷世代」・・・なんですが、
今年の1月に行われたビッグスポーツ賞の席上で、大谷選手が「僕は羽生くん世代ですから」
と発言したことで「羽生世代」という言い方が定着したような気がします。(あくまで私見です)
ビッグスポーツ賞の時の映像がこちら↓

大谷くん、やっぱり大きい!体の厚みもあるし。羽生くんが背伸びしているのがちょっとかわいい(^^)

大谷選手もすごい選手なんですよ。ピッチャーとバッターの二刀流で両方とも結果を残しているし、
球速160kmを超える球を投げられるのですから。
その大谷選手に「畏れ多くて話しかけられない」と言わしめる羽生結弦、やはり大物です。

 

 「王者のメソッド」が機能しなかった世界選手権

不穏な空気を纏っていた

世界選手権SP
「良い演技が出来ますように・・・」
私達も同じ想いで見守っていました。

試合が始まる前から嫌な予感がしていました。
曲掛け練習の時に、他の選手の妨害に遭い、声を荒げたり、壁を叩いたりしていたと聞き、
いつもの羽生選手らしくないな、と思いました。
リンクは神聖な場所。
いつもリンクの外に出る時は、一礼をする礼儀正しい彼なのに、一体どうしちゃったんだろうと。
(この時点ではまだ怪我のことは知らされていなかったのですよね)
また尾木ママも指摘していますが、SP直前の6分間練習の時に、背中のファスナーが開いていました。
(この時は何で誰も教えてあげないの?と練習そっちのけでそればかり気になってしまった^^;)
全く平常心を失ってしまっているように見えました。

こんな状態で本番は大丈夫なのかと、随分気をもんでいたのですが、
こちらの心配をよそに、SPは会心の演技!
でも演技直後にあの雄叫び。溢れ出す感情を抑えきれなくなっていたのでしょうね。
やはりどこかいつもとは違う姿がそこにありました。

 

完璧主義者ゆえに陥った罠

SPで12点のアドバンテージがあり、このままフリーでも「いつも通り」の演技が出来れば、
優勝は間違いないように思われました。
が、この「いつも通り」というのがクセモノでした。
練習でもノーミスを繰り返していたので、ミスをしないのが当たり前になっていたのですね。
だからひとつ歯車が狂うと、次から次へとバタバタと崩れていってしまう。
まさに完全主義者が陥りやすい失敗パターンだなと思いました。
逆に世界記録を更新する前の彼だったら、ミスをしても切り替えて立て直すことが出来ていたはず。
やはり未体験ゾーンに突入したことで、今までのメソッドが上手く機能しなかったのでしょう。
でもこのほろ苦い経験は、来シーズン以降、必ず生きるはず。
もっともっと強くなった羽生選手が見られる─そんなうれしい予感がしています(^^)

 

 羽生結弦を作り上げた21の思考

900号特別編集、16ページのブックインブックです。
羽生選手の言葉は、「羽生結弦 王者のメソッド 2008-2016」からの引用ですが、
ジュニア時代から現在までの、書籍とは別の写真が添えられていますので、ファンなら「買い」でしょう。
成長の軌跡が見られるのもうれしいですね(^^)

 

 若手の勢いとベテランの円熟味

ハイレベルな戦い

今年の世界選手権女子シングルは、非常にハイレベルな戦いでした。
フィギュア世界選手権女子フリー結果の記事にも書きましたが、
合計点で200点を超えた選手が7人もいて、そのうち昨年の優勝スコア(210.36)を超えた選手が5人!
その中でもメドベージェワ選手はやっぱり強かった。
ロシアは次々を才能ある10代の選手が登場しては入れ替わっていきますが、
メドベージェワ選手はどうなのでしょう。
また新たな才能が生まれるのか、トゥクタミシェワ選手やリプニツカヤ選手たちの復権はあるのか、
来シーズンのロシア女子も目が離せませんね。

 

熟成されたベテランの味

そんな勢いのある若手に交じって、アシュリー・ワグナー選手が銀メダルを獲得しました。
浅田真央選手にとっても、同世代の活躍はきっと励みになったと思います。
「自分たちの時代は終わったのかな」と考えることもあったようですが、決してそんなことはないです。
ベテランには若手には出せない大人の円熟味がありますから。
会見でのワグナー選手の言葉がカッコいいので、載せておきます。

私は良いワインのように、年とともに質を上げていくんです。(中略)この銀メダルは私がこれまで努力をしてきたことの象徴で、24歳という年齢は年寄りなのではなく、経験豊富なのだということの証明です。

これ、心に響きましたね。こんな風に自分のキャリアを誇りに思えたら素敵ですよね
ちなみに私、ワグナー選手と誕生日が一緒なんです。ちょっとは自慢してもいいかな(笑)

 

 小塚選手の引退、涙雨

小塚選手の引退は、何となく予期していたことだったのですが、「氷上を去る」というのは、衝撃でしたね。
アイスショーに出るにしても、日々の練習が必要で、社会人をやりながらでは中途半端になる
─という思いからだそうで、ずっと第一線で続けてきたという自負もあるのでしょうね。
インタビューは雨模様の中で行われたようで、傘をさして佇む小塚選手が少し寂しげに見えました
練習はいつもコンパルソリー(氷上に描いた図形をなぞるように滑る)から始めると聞いたことがあります。
基本がしっかりしているから、あの世界屈指のスケーティングが生まれるのでしょう。
こういう人こそ、指導者になるべきだと思ったのですが・・・
でももし、スケートが恋しくなったら、いつでも戻ってきてほしいな。
何はともあれ、お疲れ様でした。

**********************************************

羽生選手の怪我は全治2か月だそうで・・・思ったより重症でしたね。
世界選手権の悔しさや、チームチャレンジカップでの宇野選手の活躍などもあり、
きっと今頃闘志をみなぎらせていることと思いますが、
焦らずしっかりと治して、来シーズンに向けて始動してほしいですね。
来シーズンのプログラム、どんなものが出来るのか、今からワクワクしていますo(^^)o

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:Number フィギュアスケート 世界選手権 羽生結弦

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?