Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this

羽生結弦の扉

 29, 2016

コンコン。カチャ。

扉を開けるゆづ

・・・タイトル、まんまですね(^^;)

オール読物7月号に「羽生結弦の扉──ボストン世界選手権秘話」(文:宇都宮直子氏)
という記事が掲載されています。

オール読物は、父が毎月購読しているので、この記事だけ読ませてもらいました(^^)
小説がメイン(時にはエッセイなんかもあるらしい)の雑誌なので、
まさかフィギュアスケートの記事(しかも羽生くん!)が載るとは驚きでした。
考えてみれば、出版社はNumberや王者のメソッドと同じ文藝春秋なのですけどね。
グラビアページだったらもっとよかったのですが、ま、父が購読するような雑誌なので(^^;)
一応モノクロ写真が2枚掲載されていました。
(目次にはカラー写真が載っているのだけど・・・ちっちゃい^^;)

 

◆痛みを抱えての世界記録更新

TV報道では、シーズン序盤で既に足に痛みがあったと伝えています。
オール読物の記事(以下、本記事)にも、

羽生の足は、世界選手権で突発的に痛めたものではない。痛みはじめたのは、15-16シーズンの比較的早い時期だった。

とあります。

昨シーズン(2014-2015)の度重なる苦難を経験しているからこそ、
それを教訓にして、怪我には十分に気を付けていたはず。
だからこそ今シーズン(2015-2016)は調整が上手くいっているものとばかり・・・
しかし、痛みを抱えている状態で、あれほどパーフェクトな演技をしたとは・・・いやもう神懸かってますね。

一方で、練習の仕方が悪かったという話も。
「血のにじむような練習」を続けてきた為、徐々に足の状態は悪化していったのかもしれません。
偉業達成の代償としてはあまりに大きなものになってしまいましたね。

 

◆1月には痛みはピークに

『アイスジュエルズVol.03』のインタビュー記事の中で、羽生くんは、
1月は足の痛みがピークで、歩けませんでした。と答えています。
本記事でも、

羽生の足は今年に入ってから、ますます悪くなった。とくに一月は痛みがひどく、世界選手権出場も危ぶまれたくらいだった。

と、書かれています。

しかし、全日本の後、彼はハードスケジュールをこなしていた。

大晦日の紅白歌合戦の審査員
NHK杯フィギュア「スペシャルエキシビジョン」の出演(1月9日)
ビッグスポーツ賞の授賞式(1月16日)
ニューイヤー・オン・アイス in 大阪の出演(1月16~17日)

NHK杯フィギュア「スペシャルエキシビジョン」は、東日本大震災プロジェクトのイベントなので、
復興への思いが人一倍強い羽生くんとしては、絶対外せないイベントだったとは思いますが、
ニューイヤー・オン・アイス in 大阪は、当初は出演の予定はなく、急遽決まったらしい。
16日は、都内で行われたビッグスポーツ賞の授賞式に出席したその足で、大阪へ向かった。

何故そこまでして頑張ってしまうの?

 

◆足の状態はもはや限界

ボストン入りした時は、小康状態を保っていた。しかし、万全からは程遠く、爆弾を抱えている状態。
そんな中で迎えたSPは、自身の持つ世界記録に迫る得点で、会心の出来だった。

しかし、彼の足はもはや限界だった。
SPが終わった後、左足はひどく腫れ上がっていたそうです
それでも足が痛いとは一言も言わず、記者会見後の囲み取材にも長い間立ったままで受けていたという。

だからフリーの出来も足の状態を思えば詮無きこと。
とても演技が出来るような状態ではなかったのでしょう。
しかも4回転を3つも入れる鬼構成のプログラムです。
むしろ最後まで滑りきったことが奇跡的だったのかも。

決して弱音を吐かず、怪我を言い訳にせず、大会を終えたことは立派だったと思います。

 

◆あんまり無茶するなよ~!

が、そんな状態だったにも関わらず、なんと彼はエキシビジョンにも出演した
やっかいな氷の攻略法を見つけたとばかり嬉々として(^^;)

エキシビジョン演技

事実、エキシビジョンの演技は素晴らしかった。
フリーは心ここにあらずに見えたけれど、天と地のレクイエムは魂がこもっていました。

だけど。

もう、あんまり無茶するなよ~!

王者のメソッドの中の彼の言葉に、

僕の演技に感動したりもっと好きになってくれるなら、僕はもっともっと頑張れます

とあるけれど、

もちろん、彼の演技が好きだし、もっとたくさん演技を観たいけれど、
無茶してまで頑張れなんて誰も言ってないからねっ!

********************************************

先日、練習を開始したという朗報が聞かれ、クリケットでの練習風景も公開されたようで、
ひとまずホッとしています。
加療中はあらゆるジャンルの曲を聴きまくっていたようで、
どんなプログラムが出来上がるのか、楽しみですね
SEIMEIのような名プログラムが生まれるといいですね!(^^)

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:フィギュアスケート 羽生結弦 世界選手権

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?