Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 北村薫 > 時と人 > 【ターン】 北村薫

【ターン】 北村薫

 17, 2016

◆◇◆私だけがいる街◆◇◆

時と人シリーズ2
長編
新潮社 1997.8
  新潮文庫 2000.7
338映画化作品(2001.10.13公開 主演:牧瀬里穂)

 

■あらすじ

真希は29歳の版画家。夏の午後、ダンプと衝突する。気がつくと、自宅の座椅子でまどろみから目覚める自分がいた。3時15分。いつも通りの家、いつも通りの外。が、この世界には真希一人のほか誰もいなかった。そしてどんな一日を過ごしても、定刻がくると一日前の座椅子に戻ってしまう。ターン。いつかは帰れるの? それともこのまま……だが、150日を過ぎた午後、突然、電話が鳴った。
(新潮文庫より)

 

■感想

時と人》3部作の第2作です。
ですが、第1作との繋がりはないので、特に読む順番は意識しなくても大丈夫です。

本作のヒロインは、森真希。29歳。駆け出しの版画家。独身。母と二人暮らし。
よく晴れた7月のある日の午後3時頃、真希は自動車事故を起こし、意識を失った。
気が付くと、居間の座椅子で微睡んでいた。

私、死んだのかしら?それともあれは夢?

しかし、何かがおかしい。どこへ電話を掛けても誰も出ないし、街には人っ子一人いない。
夜帰宅するはずの母も帰ってこなかった。
そしてあくる日の午後3時15分、再び座椅子の上で微睡みから覚める自分がいた──。

真希は同じ一日を繰り返す無限ループの中に閉じ込められてしまったのです。
この現象を真希は「くるりん」と名付けます。何とも可愛らしいネーミングですね(^^)
どこで何をしていても、午後3時15分になると、
リセットボタンを押したかのように目覚めた時の状態に戻ってしまう。
一日の出来事を日記に書き記そうにも、全て消えてしまう。丹精込めて作品を作り上げても無に帰してしまう。
ただ記憶として残るだけ。
誰もいない一人ぼっちの世界の中での孤独感、無力感は計り知れないものがあります。

けれど北村先生の描く女性はやはり芯の強い女性です。
この状況の利点を生かしてそれなりに満喫しています。
スポーツクラブのプールで泳いだり(誰もいないのでフリーパス!)、
ブティックでトータルコーディネイトの買い物をしたり。
買い物にきちんとお金を払っているところが律儀ですね。
「くるりん」が起きたらお金も元に戻ってしまうのですけど。

真希の「くるりん」の毎日は、二人称で語られており、
真希のことを「君」と呼ぶあたり、どうやら語り手は男性らしい。
そして真希の「くるりん」の毎日にある変化が起こると、場面は突然泉洋平という男性視点に切り替わります。
泉のいる世界は正しく時を刻んでおり、既に12月になっています。
真希のいる「くるりん」の世界と、泉のいる現実世界が一本の電話を通して繋がるのですが
(まさにホットラインですね)、始めのお互いの混乱ぶりがコミカルで面白かったです(^▽^)

真希が「くるりん」の世界から抜け出せない限り、二人が手を取り合うことは出来ない。
もう、切なくってキュンキュンしてしまいました。
でももう少し胸キュンに浸っていたかったのに、突然サスペンス展開になりハラハラ

でもこのことにより、真希にある気付きをもたらすのです。
同じような毎日、同じような繰り返しに見えても、同じ一瞬などない。
毎日を、この一瞬を大切に生きなければならないと改めて思いました。
とても素敵な物語でした。北村先生、ありがとう。

本作は映画化もされているようなので、映画もぜひ観てみようと思います(^^)

■評価(5個が最高:★は1点、☆は0.5点)

 ◆トリック度267
◆満足度★★★★☆

■こんな方におすすめ!

  • 毎日が何だかつまらないと思っている方
  • 恋愛ファンタジーが好きな方

■関連本

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:北村薫 時と人

COMMENT 2

Mon
2016.07.18
09:49

mokko

URL

キュンキュンしました

くるりんというネーミングが可愛らしかったですよね♪
そして、飛ばされた先での行動力もと思ったけど
いつも一緒の声の存在も大きいですよね
最後の方の怒涛の展開には、心臓バクバクしましたよぉ~
久しぶりにキュンキュンしましたо(ж>▽<)y ☆

Edit | Reply | 
Mon
2016.07.18
18:00

翠香

URL

mokkoさんへ

「くるりん」、言葉は可愛いのですけど、現象は可愛くないですね(^^;)
記憶が残るのなら、私だったらたまりにたまりまくった本を読むかな(笑)
もうこれ、キュンキュンでしたよね(〃▽〃)キャ~v-238
こんな風にお互いを想い合えたら素敵だな~v-398

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?