Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > フィギュアスケート > 書籍・雑誌 > ベストセラー怪読「蒼い炎II(飛翔編)」

ベストセラー怪読「蒼い炎II(飛翔編)」

 24, 2016

トリプル台風が猛威をふるっておりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。
トリプルアクセルは大好きだけど、台風は勘弁してほしいです(--;)

*****************************************

読売新聞夕刊の毎週月曜日に「本よみうり堂」という、書籍紹介のページが掲載されるのですが、
その中に「ベストセラー怪読」という書評コーナーがあります。
8月15日の同コーナーに↓「蒼い炎II-飛翔編-」が取り上げられました。
8月15日付読売新聞より
※画像をクリックし、拡大すると記事が読めます。

売上10万部ですか~結構売れてますね。
刊行から1か月経った8月初めに、地元の某中型書店で見た時は2冊置いてありました。
立ち読み防止のビニールカバーが掛かってましたね。
ふむ。やっぱり素敵な写真は購入者のみに与えられる特権よね。
2週間後、再び見た時は1冊になってました。売れたのですねっ

ちなみに、私の拙レビューはこちらです→ 蒼い炎II-飛翔編-

 

◆辛口コーナーだけど、高評価

この書評コーナー、解読の解に「怪」の字を宛てていることからも分かる通り、
「なんかこの本、売れているみたいだけど、実際はどうなの?」といった
ちょっと斜に構えた書評が売りで(レビュアーは何人かで交代しています)、総じて辛口なのですが、
今回の書評は、ファン垂涎度が★5つなのは、まあ当然として(アマゾンの評価もほとんどが★5つだし)、
多少皮肉った言い回しはあるものの、意外に高く評価されていると思います。
本書は、自叙伝+写真集という感じの為、おそらくファン以外の人は読まないと思われるので、
ファン目線ではない方の意見を聞くことが出来たのは貴重でしたね。
そして、ファン以外の方から見ても、自分が感じたこととさほど変わらないことが分かりました。
どうやら万人をも虜にしてしまうパワーがあるようで・・・。
やはり羽生結弦、とんでもない人物だ(笑)
一説によると宇宙人であるらしいし・・・(^^;)

 

◆自負というより、使命感

ただ、「自分の演技で時代が変わっていくかもしれない」という言葉は、
もちろん自負もあるでしょうが、トップスケーターとしての使命感なのかなと思っています。

どんなスポーツでも時代と共に進化しています。
ちょうどつい先日、リオ五輪で体操競技を観る機会がありましたが、
昔とは比べ物にならない位、高難度の技を選手たちはこなしています。
一方、フィギュアスケートの進化のスピードはすごく遅い。
4回転ジャンプに挑戦する選手が現れたのは、かなり前からだというのに、
いまだに4回転の主流はもっとも難易度が低い4回転トウループです。
4回転サルコウを跳べる選手は数えるほどしかいない。

フィギュアスケートはスポーツである以上、進化していかなければならない

バンクーバー五輪で4回転論争が起こった時に、プルシェンコ選手が語った言葉ですが、
まさにそれを実践してきたのが、羽生選手だと思います。
自ら先陣を切ることにより、フリーで200点超えを達成する選手や、
高難度の4回転ジャンプを跳ぶ選手が現れ、レベルが格段に上がったのです。
今シーズンは、新たなステージへ突入しますよ。
また、技術が進化したからこそ、より表現力が求められるかもしれませんね。

 

◆スポーツの力

彼の「強さ」に勇気づけられるのはけっして被災地の人々のみではない、という意見には同感。
というのは、私自身が勇気づけられた一人だからです。

ソチ五輪の開催期間は、個人的に苦しかった時期とピッタリ重なっているので、
私にとって特別な想いのある五輪なのですが、
その中でも羽生選手の金メダルは一際輝く大きな喜びでした。
(正直、フリーの演技はヒヤヒヤしましたけどね^^;)
もう、あんな弾ける笑顔を見たら、疲れとか沈みがちな気分とか全部吹き飛んでしまいましたよ。
人それぞれ置かれている状況は様々だと思いますが、
同じように励まされた方も多いのではないでしょうか。
今回のリオ五輪でも数々の感動がありましたが、やっぱりスポーツの力ってすごい!
こんなにも人の心を動かすものなんだと実感しています。(ううっめっちゃ泣きそう

 

◆違う惑星の王子様?

ソチ五輪後に爆発的に人気が出た当初は、
「アスリートなんだから、アイドル視しないで!」と抵抗を感じていたのですが、
昨今のフィギュア誌、anan、週末仙台、そして本書と見るにつけ、だんだん分からなくなってきました。
本当に嫌だったら、こんな表情やポーズをとるだろうかと首を傾げてしまうショットがわんさか。
それを見て、年甲斐もなくきゃあきゃあ喜んでいる自分って一体・・・(^^;)
何がアイドル視しないで、だ!(と自分にツッコミw)

いや、羽生くんはですね、その場で何を求められているのかを瞬時に理解して、
最大級に応えられる、氷上ならぬ表情の魔術師なんですよ。
王子様というのも、またしかり。
見た目も振る舞いもまさに王子様なんですよね~(〃▽〃)

ゆづ王子
これが私の王子様!コンテストの記事に載せた画像。
素敵なのでまた載せちゃおう

もしかして、違う惑星の王子様が地球に来て、スケートをしているのかも(笑)
私達は魔法にかけられているのかな??
そんな素敵な魔法なら、まだしばらくは解けないでほしいと願うのでありました。

違う違う!アスリートだってば!(笑)

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:羽生結弦 蒼い炎 飛翔編 書評

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?