Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this

クレイジーな一日

 03, 2016

◆◇◆Let's go crazy!!◆◇◆

オータムクラシックSP

羽生結弦選手の今シーズン初戦・オータムクラシックSPの演技

 

10月1日は私にとってハードでクレイジーな一日でした。
この日はかねてより予定していたジャパンオープン観戦に行ってまいりました。
しかし、何ということか、オータムクラシックの男子SPと日程が被っているではないですか!
羽生選手の演技予定時間は、もろ電車で移動中・・・。
何とかスマホでライストを観ようと奮闘してみたものの、観ることができず・・・orz|||
泣く泣くライブで観ることを諦め、乗り換えの駅に到着。
すると、車両内に異常が発生したとかで、電車がXX駅に停車中とのアナウンスが!
なんだとお!行かれないではないか!
結局12分遅れでさいたま新都心駅に到着。家からまる2時間掛かりました。やれやれ。

またこの日は、私には結弦くんの他にもう一人気になる人がいたのです。
それはフィギュアではなく、プロ野球の坂本勇人選手。
この日がセ・リーグ最終戦で、全てが決まるという日でした。
ううっなんでよりによって同じ日にダダ被りなんだ。
しかもこっちはもっと状況が悪く、ジャパンオープンの試合時間と被ってる・・・
まあほぼタイトルを獲れることは確実でしたけどね(笑)
てなわけで、勇人くん、首位打者獲得おめでとう!!

さらに極め付きは、この日は予約注文していた羽生くんのカレンダーが届く予定でした。
それを楽しみに帰ってきたら・・・無情の不在票がっ!オーマイガー!!

・・・なんだかジャパンオープンが諸悪の根源みたいな論調になってきましたが(^^;)
決してそんなことはなく、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
ジャパンオープンでのクレイジーな様子は、追ってレポしたいと思います。

さて、ぼちぼち本題に入りましょう(前振り長いぞ!^^;)

羽生選手のSP、演技自体も楽しみにしていましたが、衣装もすごく気になっていました。
ロック調のアップテンポ曲、今までにない衣装という話も聞いていたので、
赤x黒のワイルドな感じを予想していて、ちょっとドキドキしていたのですけど、
まさか上下白でくるとは!衝撃でした。

羽生選手の衣装といえば、グラデーションに黒ズボンが定番ですものね。
時にアシンメトリーな妖精系(*^^*)
・・・などと思っていたら、フリーの衣装はまさにそのパターンでしたね。
こちらは真骨頂というべきか。

クレイジーという割には、品がある感じで、新鮮で素敵と思ったのですが、
ネットの反応はかなり微妙みたいですね(^^;)
足が太く見えるとか、可愛いマジシャンみたいだとか(笑)
「可愛い」と付くところがポイントですよね。
それって、もしかして、「てじな~にゃ」をイメージしている!?(^^;)
マジシャンでも良いではないか。キラキラの魔法にかけて欲しいし(*^^*)
可愛いならなおのことOKです!

でも確かに、ズボンが白だと氷と同化してせっかくの長い脚が見えにくいですよね
プリンスさんの衣装を再現しているそうですが、私のようにオリジナルを知らない人もいるので、
別に忠実にコピーしなくても、羽生くんのカラーを出してもいいのではないかなと思ったり。
上に合わせるとしたら、シルバーグレーのズボンも似合いそうです。

でも今は、衣装のことよりも、演技のことで頭がいっぱいなんだろうなぁ。

演技内容については、フリーと合わせて、次回にto be continued!!
結局クレイジーなのは、こんな記事を書いている私自身かも(笑)

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:フィギュアスケート 羽生結弦

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?