Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > フィギュアスケート > 試合展望・結果 > GPシリーズ2016スケートアメリカ雑感

GPシリーズ2016スケートアメリカ雑感

 28, 2016

いよいよGPシリーズ第2戦・スケートカナダが近付いてまいりましたが、
その前に、第1戦・スケートアメリカについて振り返ってみようと思います。

浅田真央スケートアメリカFS

 

日本選手は、男女とも10代の若手の勢いを感じる試合でした。

女子では、今シーズンシニアデビューでGP初参戦の三原舞依選手が3位に入るという快挙!

三原舞依

関節痛を患い、克服してここまでの演技が出来たというのは、
きっとかなりの努力をされてきたのだろうなと思います。素晴らしいですね。
何よりスピード感がありましたね。まさに若さと勢いを感じました。

そして男子は、宇野昌磨選手が優勝!

宇野昌磨

フリー演技は圧巻でしたね!
久しぶりに見ていてワクワクした演技でした(^0^)

こうやって少しずつ世代交代の波が押し寄せてくるのでしょうか・・・。
若手の活躍は今後に期待が持たれて楽しみではあるのですが、
ベテラン選手が輝きを失ってしまうのは、寂しいですね。

ですが、今大会の海外勢に目を向けると、
女子では、優勝したアシュリー・ワグナー選手、
男子では、3位のアダム・リッポン選手、4位のセルゲイ・ボロノフ選手とベテランも頑張っていました。

特にワグナー選手は、若いときはAlmost girl(もうちょっとな女の子)と言われていたそうで、
なかなか結果が出なかったのですが、年々力をつけてきたという印象があります。
今年の世界選手権で銀メダルを獲得したことも、さらに自信をつけたことでしょう。
Number(ナンバー)900号 羽生世代、最強の証明。の記事にも引用したのですが、
ワグナー選手の世界選手権の会見での言葉がカッコいいので、再度載せておきます。

私は良いワインのように、年とともに質を上げていくんです。(中略)この銀メダルは私がこれまで努力をしてきたことの象徴で、24歳という年齢は年寄りなのではなく、経験豊富なのだということの証明です。

ちなみにワグナー選手は、誕生日が5月16日(実は私と誕生日が一緒です^^)なので、現在は25歳。

だから真央ちゃんも、膝の故障を抱えて思うような演技が出来ないのは辛いことだとは思いますが、
まだまだ輝けると信じています。頑張って!

──と、真央ちゃんにエールを送りたいと思います。

 

男子の試合では、もちろん宇野昌磨選手の演技は素晴らしかったのですが、
2位のジェイソン・ブラウン選手の演技も素晴らしかった。
4トウループを着氷したものの回転不足の判定を受けてしまいましたが、
美しい演技に魅了されました。
4回転が入らなくても、 ジャッジの評価を得られたというのは、
やっぱりフィギュアスケートはジャンプだけではないのだなと再認識しました。
4回転が跳べないと勝てない。けれどジャンプだけでは勝てない。
プログラム全体が美しく仕上がっているかが大事なんですね。

今大会は見ごたえがあったよい大会でした。
第2戦のスケートカナダも期待したいです(^^)

 

■PHOTO LINK

素敵な写真色々あります。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:フィギュアスケート GPシリーズ

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?