Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > フィギュアスケート > 試合展望・結果 > GPシリーズ2016スケートカナダ男子シングルFS結果

GPシリーズ2016スケートカナダ男子シングルFS結果

 31, 2016
羽生結弦フリー演技

GPシリーズ第2戦・スケートカナダでは、10月29日(日本時間30日)にフリー演技が行われ、
男子シングルでは、日本からは羽生結弦選手、無良崇人選手が出場しました。

 

 男子シングル結果

順位選手名国名得点SPFS
1位パトリック・チャンカナダ266.95
1
2
2位羽生結弦日本263.06
4
1
3位ケビン・レイノルズカナダ245.06
3
3
4位ミハル・ブレジナチェコ227.42
9
4
5位ダニエル・サモヒンイスラエル226.53
5
7
6位ミーシャ・ジーウズベキスタン226.07
7
5
7位アレクサンドル・ペトロフロシア224.39
8
6
8位無良崇人日本222.13
2
9

出場全選手の得点と順位はこちら→GPシリーズ2016スケートカナダ男子シングルResult

パトリック・チャン選手がSPの貯金で逃げ切り、大会2連覇しました。
羽生結弦選手は、FSで1位となり、巻き返したのですが、惜しくも2位となりました。
無良崇人選手は、FSで9位となり、SP2位から8位へと沈んでしまいました。

では以下にFSについて詳しく見ていきましょう。

なお、SPの結果については、こちらの記事↓に詳しく書いていますので合わせてどうぞ!
GPシリーズ2016スケートカナダ男子シングルSP結果

 

 FS詳細

◆FS結果
順位選手名国名得点
1位羽生結弦日本183.41
2位パトリック・チャンカナダ176.39
3位ケビン・レイノルズカナダ164.49
4位ミハル・ブレジナチェコ157.06
5位ミーシャ・ジーウズベキスタン153.77
6位アレクサンドル・ペトロフロシア152.89

やはりFSは羽生vsチャンの戦いになりましたね。
スケートファンはこういう戦いを待っていたのではないでしょうか。
しかし全体的に、第1戦のスケートアメリカと比べると低調気味でしたね。
日本とカナダのエース対決にピリピリムードが漂い、他の選手にも伝染してしまったでしょうか。

 

◆採点結果

  SP採点表(pdf)

 

羽生結弦FS:Hope & Legacy

冒頭の4ループはSPと同じミス。ダウングレード判定を受けてしまいました。
高さはあったと思うのですが、やはり跳び上がるタイミングが難しいジャンプなのでしょうか。
続く4サルコウは美しいジャンプでした。
ところが2回目の4サルコウは回転が抜けて2回転に。
次の4トウループはなんとかこらえました。このジャンプが入ったことが収穫だと本人も言ってましたね。
4回転を2つミスしてしまったけれど、その他のジャンプは全て決めました。
オータムクラシックの時は後半バテてしまったけれど、今回はペース配分は上手くいったようです(^^)
(最後、身体がぐらついてしまったけれど。得点には影響なかったようでよかった~)

 

無良崇人FS:ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番

 

う~ん。この曲は浅田真央選手のイメージが強すぎるのですよね。
ソチ五輪の感動のFSがあっただけに余計に。それを払拭するにはハードルが高いかも・・・。
無良選手はSPのような男っぽい曲が似合うと思うのですが・・・。
冒頭の4トウループで手を付き、2つめのトウループはコンビネーションにすることが出来ず、リピート判定。
続く3アクセルはキレイなジャンプでした。
4サルコウにも挑んできましたが、ダウングレード判定。
ジャンプは手を付く場面が多く、全体的に精彩を欠く演技となってしまいましたね。
せっかくSPで2位の高位置に付けていたのに、勿体無いなと思いました。

 

◆考察

羽生vsチャンの戦いとなったFSですが、両者のリザルトを比べると、二人の特徴がよく表れています。

GPカナダリザルト(羽生vsチャン)
(TES:技術点 PCS:演技構成点 TSS:合計点)

技術点では、羽生選手がチャン選手より10点上回り、
演技構成点では、チャン選手が羽生選手より3点上回っています。
ソチ五輪の頃は、スケーティング技術が卓越していて、表現力もあるチャン選手に勝つために、
羽生選手は難しいジャンプ構成にして、技術点で得点の上乗せを図るという戦略だったのですが、
今や技術点は演技構成点をカバーして余りあるほどになっています。
演技構成点に関しても、今回は怪我の影響もあってか、各要素8点台に抑えられてしまいましたが、
9点台を揃えられる選手にまで成長しています。
実力では十分にチャン選手に勝てたはず。それだけにSPでのジャンプミスが痛かった。

でも羽生選手はGPシリーズの初戦は毎年こんな感じなので、あまり心配していません。
これからNHK杯、GPファイナルと少しずつ調子を上げていけばいいですよね!
羽生結弦羽生結弦を超える瞬間を最高の舞台で見られたら・・・と思います(^^)

******************************************

火曜日夜9時~BS朝日でエキシビジョンの放送があります。楽しみですね!

◆おまけ◆

プーさんでバイバイ
キスクラにて:プーさんでバイバイするゆづ
お疲れさまでした(^^)

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:フィギュアスケート GPシリーズ 羽生結弦 無良崇人

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?