Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > フィギュアスケート > 試合展望・結果 > スケートカナダ羽生結弦EXその他雑感

スケートカナダ羽生結弦EXその他雑感

 01, 2016

GPシリーズ第2戦・スケートカナダも終わってしまいましたね。
以下に、羽生結弦選手のエキシビジョンの演技とその他もろもろについて語りたいと思います。

羽生結弦EX

 

羽生結弦EX:Notte Stellata(The Swan)

 

音楽は、サン・サーンス作曲の「白鳥」に、星降る夜の愛をテーマにした歌詞がついた「ノッテ・ステラータ」。
ロシアの振付師タチアナ・タラソワさんから「ぜひ滑ってほしい」と贈られた曲だそうです。
スケート界の大御所からこんな提案を受けるなんて、スケーター冥利に尽きますよね。

演技はジャンプは少な目でゆったりと美しく舞っていましたね。
24時間TVで演技したホワイト・レジェンドを見た時も感じたことなのですが、
以前よりもゆったりとした大人の演技に変わってきたなと思いました。
試合ではとかく4回転ジャンプにばかり注目が行きがちなのですが、
(情報番組でジャンプの成否のX○X○何回見たことか・・・)
ジャンプ以外でも「魅せられる」選手になりましたよね(しみじみ)
本当に美しい演技で、うっとりと見てしまいました
それに何だかちょっと泣けてきました。

  * * * * * *

SPでは、髪型をオールバックにして登場(≧▽≦)

羽生結弦SP

ロックスターらしくカッコよく・・・のつもりかもしれないけど、
ごめん、やっぱ可愛いわ(笑)
昔、ロミジュリの頃もこんなヘアスタイルにしていましたよね。若返った??

漏れ聞いた話によると、白は氷の色に溶け込んでしまうので、衣装を変えるとかなんとか。
えっ?衣装変えるの??
じゃあ白王子は見納めでしょうか?

名残惜しいので、載せとこう(笑)
羽生結弦SP演技

 

  * * * * * *

ああ~今年もまたこの光景を見ることになるとは・・・
羽生結弦&パトリック・チャン

チャン:ユヅル、2位オメデトウ
ゆづ:(2位を強調すんな!)そちらこそ、おめでとう。

いいんですよ。難しいチャレンジをしているのですから。
最初からうまく行きすぎたら目標を失ってしまいますもの。
「一進、一進」それでいい。

しかし、チャンも4回転サルコウに挑んできたし、成功すれば得点を伸ばしてきますよね・・・。
ファイナルに進出することはほぼ間違いないので、要注意ですね。

個人的には、レイノルズが復活したのがうれしい(^^)

スケートカナダ表彰式

羽生くんもかなり細身だけれど、レイノルズ、めっちゃ細い!
そして意外に身長が高いのですねぇ。プロフィール見たら177cmだそうです。
もっと小さいのかと思っていた。
羽生くんとチャンが同じ身長だというのも初めて知った(笑)

***************************************

羽生くんが8月下旬に日本に帰ってきてから、とかくフィギュアの話題で忙しくなりましたよね。
ギネスに、24時間TVに、CMネタに・・・あれよあれよという間にGPシリーズが開幕し、
気が付いたらもう11月です。
フィギュアの記事を書くのって、こんなに大変なんですね(^^;)
私はブロガーとしては、10年選手なのですが、ことフィギュアに関しては、まだまだひよっこですので、
至らない点が多々あると思いますが、温かい目で見ていただけたらなと思います<(_ _)>
GPシリーズはまだまだ続きますが、NHK杯まではちょっと間がありますので、
ここらで一旦落ち着きたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:フィギュアスケート GPシリーズ 羽生結弦

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?