Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > フィギュアスケート > 書籍・雑誌 > 【フィギュアの季節です☆】 さいきょーきかく(Y)

【フィギュアの季節です☆】 さいきょーきかく(Y)

 20, 2016

◆◇◆フィギュアあるあるが満載!◆◇◆

コミックエッセイ
朝日新聞出版 2016.10.07


◆とにかく絵がかわいい!

フィギュアスケートコミックエッセイ第2弾です。
第1弾の『フィギュアの時間です☆』は、全く知らなかったのですが、
本作はたまたま何かの機会で知りまして、表紙の絵の可愛さに惹かれて購入(笑)
羽生くんと真央ちゃんですね(^^)

裏表紙にもスケーターがいます。↓
フィギュアの季節です☆裏
しょーまくんに、知子ちゃんに、理華ちゃんですね。

4頭身のデフォルメした絵ですが、特徴をよく掴んでいるな~と思いますね。
羽生くんの切れ長の眼、真央ちゃんのぷっくりした耳たぶ、知子ちゃんのおっきな眼などなど。

中身のマンガは、シリアスとコミカルタッチのギャップが激しい!

2014中国杯FSジャージ姿羽生くん
注:どちらも羽生くんです(笑)

前作がソチ五輪までを描いていたそうなので、
本作では2014-2015シーズン以降の話を中心に、懐かしのフィギュアシーン、
定番プログラム、アイスショーの話など、内容は多岐に渡っています。
やはり羽生くんネタが多めですね(もはやこのお方を抜きにしてフィギュアシーンは語れまい)
あと、比較的多かったのが、真央ちゃん、しょーまくん、理華ちゃんなど。
その他にも海外選手やカップル競技なども取り上げています。
特に女子選手は可愛く描かれていますね~。
大ちゃんなんかあれだけデフォルメしている(右上の羽生くんぐらい^^;)のに、
ちゃんと分かるところがスゴい。
ボーヤンくんとか、まっちー、似てる~!!(^▽^)

 

◆あるあるネタが満載!

フィギュアファンなら分かるあるあるネタが満載です。
そうそう、本屋ってデンジャラスゾーンだよねっ!(^^;)
連れて帰りたくなる欲望を抑えるのに、多大な精神力を必要とします(んな大げさなw)
変衣装もありますよね~。「勇名トラ」あったあった!(笑) 何なのか全く謎だけど・・・。

この作者さんとは、スケーターやプログラムの好みが一致する部分が多く、うれしくなっちゃいました♪
理華ちゃんの「リバーダンス」とか、佳菜子ちゃんの2014年のSP「think of me(オペラ座の怪人)」は
大好きなプログラムなんです(〃▽〃)
特に佳菜子ちゃんのクリスティーヌは、私的には佳菜子’sベストですね(バイオリン・ミューズも好きだけど)。
しかし回転不足判定って本当に興醒め。
見た目には良かったな~と思ったのに、得点が伸びないとがっかりします。

 

◆この世のものとは思えない美しさ

作者さんの羽生くんへの形容は、まさに我が意を得たりでした。
たとえようもない美しさとか言いながら、色んなものにたとえているのですけど(笑)、
妖精さん、天使、龍・・・全部この世のものではないじゃないか!(^^;)
3種類の4回転を跳べるスケーターなのに、いい意味で力感がなくて幻想的。
また彼のスケート人生がドラマチック過ぎるので、まるでドラマかマンガのキャラのようで、
本当に実在する人なのかと疑いたくなる(^^;)
モニター越しではなく、実際にこの目で見るまで存在を信じられない・・・ってまるでUFOだな(笑)
やっぱり宇宙人なのか!?

 

◆4回転多様化時代の幕開け!

昨シーズン、ボーヤンくんがフリーで3種類の4回転を跳び、
4回転多様化に火が付いた昨シーズンのことをユーモラスに描いています。
羽生くんの眼がキラーン!

新しい可能性への希望と同時にすさまじいレベルの戦いが幕を開けたという絶望をもみんなにお届けしたユヅル・ハニューさん20歳の秋

わはは(^▽^)
・・・いや、笑いごとじゃない。
誰も到達できない高みへ行ってしまった!と思ったら、ハビちゃんやしょーまくんがしっかり後についてきた!
特にしょーまくんが猛ダッシュしている絵なんかは、まさに今の彼の勢いを象徴していますね。
そんな彼らを見て、再び羽生くんの眼がキラーン!と光っているに違いない。うん。

 

◆さらにディープな世界へ

このブログでフィギュア記事を書くようになって、以前よりはだいぶ詳しくなったのですけど、
(以前はジャンプの種類も見分けられないし、技の名前もほとんど分からなかった)
まだまだ知らないことがたくさんあるなと思いました。
特に昔の選手のことはあまり知らなかったなぁ。一応試合とかは見ていたはずなんですけど・・・。
本作でも触れられていますけど、昔はフィギュア中継って少なかったんですよ。
オリンピックと世界選手権とNHK杯ぐらい?GPシリーズなんてなかったし。
今やアイスショーやチャレンジャーシリーズまで放送されますし。いい時代だ~(笑)
フィギュア誌に載っていないこともたくさん書かれていて、勉強になりました(^^)

いや~しかしディープな世界へ誘われたという感じですね~(^^;)
日頃から、皆、何でこんなに詳しいんだよっ!って驚くことが多いのですが、
いやはや上には上がいるものですね。編集Kさんのフィギュア知識量ハンパない!

さいきょーきかく(Y)さんと、編集Kさんとの掛け合いも絶妙で面白かったです。
「ふふ・・・ヘンなヤツだと思ったでしょう」
「前から思ってるから大丈夫ですよ」
・・・ぶはは(^▽^)

 

◆最高の景色

さいきょーきかく(Y)さん、羽生くんのNHK杯の演技を素敵なメッセージを添えて
美しく描いてくださってありがとう!とってもとってもうれしかったです
フリーの笑顔のフィニッシュは忘れられない最高の景色でした。

先週、荒川さんと本田くんが出演していた番組で、NHK杯のSEIMEIを観たばかりだったので、
ぶわ~っとその当時の感動を思い出してしまい、泣けてきましたわ。

ああ~やっぱりバラード第1番とSEIMEI、良かったな~(〃▽〃)
まだ今シーズンのプログラムは今ひとつ馴染めず・・・。
今シーズンのNHK杯も間近に迫ってきましたが、
再び感動のシーンが見られるといいなぁ。

コミックエッセイ第3弾も期待しています!
あと、羽生結弦物語を描いてくれないかな~(^0^)

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

ところで、アニメ「ユーリ!!! on ICE」が絶賛放送中ですが、
録画視聴が追いつかなくて、今のところ4話までですが、色々ツッコミながら観ています(笑)
へー。ヴィクトルってクワドはルッツにフリップにサルコウにトウループ・・・4種類も跳ぶんだ。
そりゃあネイサン事件です!(笑)
でもループは跳ばないのね(ニヤリ)
若干BLっぽいところがあるのでちょっと引くんですけど・・・。
でもGPシリーズのシステムとか、フィギュアの基礎知識なんかも解説してくれるので、
これを入り口にして、本物のフィギュアに興味を持ってくれる人が増えるといいなぁ。
本物のフィギュアの方が数百倍面白いですから!(キラーン

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:フィギュアスケート コミック

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?