Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 篠田真由美 > 桜井京介(建築探偵) > 【原罪の庭】 篠田真由美

【原罪の庭】 篠田真由美

 27, 2008

◆◇◆蒼の過去がついに明らかに・・・!◆◇◆

桜井京介シリーズ5
長編
講談社ノベルス 1997.4
講談社文庫 2003.10

原罪の庭―建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)
原罪の庭―建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)篠田 真由美

おすすめ平均
stars少年は本当に罪を犯したのか?
starsシリーズ好きなら

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

ラスの柩を思わせる巨大な温室の中で惨殺された病院長一家。その血塗られた密室に置かれたチェストで、天使のようにまどろむ七歳の少年。ただ一人生き残った彼は、しかし言葉を失っていた。闇に閉ざされた魂を救うため、最大の謎「薬師寺家事件」に挑む桜井京介。建築探偵シリーズ第一部の掉尾を飾る傑作。
(講談社文庫より)

■テーマ
 温室

■感想
 建築探偵シリーズ第5作、本作でシリーズ第1部完結となります。
 前作を読んでから、1年近く空いてしまいました。「建築探偵」と銘打っているから当然なのかもしれませんが、毎回、建築談義が長大で、どうも苦手だったのです。それは退屈な講義を聴いているような感覚で(笑) でも、今回はそれほどでもなかったので、すんなり読めました。一部、クライマックスシーンで、建築の説明が入ったのには閉口しましたが・・・。

 時は1989年、あの輝額荘事件(第4作【灰色の砦】参照)から3ヶ月後の設定です。
 第1部を時間軸で表すと、2.【玄い女神】(回想シーン・京介はなんと高校生!)→4.【灰色の砦】→5.【原罪の庭】(本作)→1.【未明の家】→3.【翡翠の城】 という順序になります。かなり時間が前後して入り組んでいるのが分かりますね。

 本作は神代教授視点で書かれています。京介の相棒・深春は輝額荘事件で受けた心の傷を癒しに、放浪の旅に出てしまって一回休み。というわけで、神代教授がワトソン役に徹したようです。
 さて、今回はついに蒼の過去が明らかになります。前作までで、蒼は天涯孤独の身の上で、どうやらつらい過去があるらしいと匂わせていましたが、想像以上に壮絶な過去だったので、驚きました。あらすじを見ればなんとなく想像つくかもしれませんが・・・。ハッキリ言ってかなりグロいです・・・。ネタバレになってしまうので、詳しくは書けませんが、なぜ本名を隠して『蒼』と名乗っているのか、なぜ学校102にも行っていなかったのか、全て分かります。
 現在の明るくて、深春とふざけあったりしている蒼を見ているので、「この子が蒼?」という感じでしたね。しかし、京介とは、始めから惹かれるものがあったのか、すぐになついていました。京介も若いパパになったみたいに、なりふりかまわず、世話をしていたのが印象的。

 登場人物はそれほど多くはないのですが、人物関係がかなり複雑なので、翻弄されてしまった感はあります。それでも犯人は見当がつきましたし、少年とルポライターについて、「もしかしたら・・・」と思っていたことは的を得ていました。でも、なぜこんなことをしたのか、さっぱり分かりませんでした。ゆがんだ愛が重なり合って、悲劇を生んでしまったのですね。409

 蒼の過去は明らかになったものの、京介については、まだ神秘のベールにつつまれたまま。次回作は【美貌の帳】という意味深なタイトルが付いているので、次回作に期待~!392

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267267

◆冷や汗度

404404404404404

◆満足度

★★★★

■特におすすめ! 

  • 建築に興味がある方
  • 建築探偵シリーズを第1~4作まで読まれた方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:桜井京介 篠田真由美

COMMENT 2

Fri
2008.02.29
06:45

さゆみ1194

URL

蒼の秘密・・・気になります!!早く読みたいよ~(*´▽`*) と思いつつまだ二作目止まり・・・買ってもないですし・・・読めるのはいつになるかわからないけど、とりあえず買うだけでも買っておかないと!?(笑)

Edit | Reply | 
Fri
2008.02.29
22:07

翠香

URL

さゆみ1194さんへ

こんばんは~♪
実はこの作品、ずっと手元になかったので読めなかったのですが、さゆみ1194さんの記事を読んで、無性に先が読みたくなり(蒼の過去も気になっていたしw)、買ってすぐに読みました(笑)
二作目までということは、まだ神代教授にお目にかかっていないのですね。ナイスキャラなので、ぜひ三作目以降も読まれることをオススメしますv-392

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?