Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > フィギュアスケート > 試合展望・結果 > 悔しさを力に変えて・・・羽生結弦、逆転Vへ!

悔しさを力に変えて・・・羽生結弦、逆転Vへ!

 01, 2017

◆◇◆YUZURU,Go for it!!◆◇◆

羽生結弦SP

世界フィギュアスケート選手権・男子SPは超ハイレベルな戦いとなりました。
100点超えが3人、90点超えが9人、そのうち6人がパーソナルベストを更新しています。
シーズンの集大成の大会とあって、各選手の意気込みも伝わってきます。

真・4回転時代が到来し、このようなハイレベルな戦いになると、
いかにミスなくプログラムを滑り切るかが重要となってきます。

羽生結弦選手がまさかの5位発進となり、しばらくは茫然としてしまったのですが、
絶対王者としての意地もありますし、ここで終わるような選手じゃないですよね。
SPの結果は結果として受け止め、逆転Vへ向けて、悔しさを力に変えていけたら・・・と思います。

ではここで、男子SP・上位6選手の成績を比較してみましょう。

 

◆男子SPの成績(上位6選手)


選手名国名得点技術点
(うちジャンプ
での得点)
プログラム
構成点

ハビエル・フェルナンデススペイン
109.05
60.79(43.17)
48.26
宇野昌磨日本
104.86
59.16(41.39)
45.70
パトリック・チャンカナダ
102.13
54.11(35.53)
48.02
金博洋中国
98.64
57.65(41.87)
40.99
羽生結弦日本
98.39
52.04(32.99)
47.35
-1
ネイサン・チェンアメリカ
97.33
55.22(39.26)
43.11
-1
参考:読売新聞4月1日付記事より

技術点、プログラム構成点ともにトップだったのは、フェルナンデス選手。
マラゲーニャは今季で2シーズン目となるプログラムで、磨きこまれた圧巻の演技でした。
ジャンプで高得点を稼いでいるのは、高難度の4回転ジャンプを含めた2本を成功させた、
宇野選手、金選手、チェン選手の10代の若手選手たち。
一方、演技構成点では、5項目全て9点台を獲得したのは、
フェルナンデス選手、チャン選手、羽生選手の3人。
若手とベテラン選手の特色がハッキリと分かります。

羽生選手は、冒頭の4ループを鮮やかに決め、4サルコウもいける!と思ったのですが、
目に見えない呪縛なのか、気負い過ぎなのか、着氷で左ひざを付いてしまい、
意地で2トウループをつけたものの、コンビネーションとして認定されなかったのが痛かったですね。
ですが、ミスはあったものの、演技全体としての内容は悪くなかったと思います。
それは、演技構成点の高さが証明していますよね。
ジャンプのミスがなければ、演技構成点はもっと伸びたはずです。
それだけに悔やまれるけれど、カッコよく、美しい演技でしたよ!

羽生結弦SP
3アクセルからの足を高く振り上げる動作がめっちゃカッコいい!(≧▽≦)
SPの中で好きな振り付けの1つです(*^^*)

ではフリーを占ってみると、上位6選手の中で、
チャン選手は技術点で、金選手は演技構成点で他の選手より伸びしろが少ないので、
むしろSPは大健闘だと言えます。
やはり残り4選手のジャンプの出来次第ということになりそう。
SP同様、いかにミスを最小限に抑えるかが優勝の鍵となることは間違いないですね。

羽生選手が逆転優勝するには、今季鬼門となっている4S-3Tを成功させ、
他のジャンプも揃えることが求められます。
首位フェルナンデス選手との差は10.66点あり、厳しい戦いにはなりますが、
何が起こるか分からないのがフィギュアスケート
最後まであきらめずに頑張ってほしいなと思います。

ゆづ&プー
プーさん、行ってくるよ。

本当は、ただただ美しい演技を見せて貰えればいいのですけどね・・・。
でも負けず嫌いな彼ですから・・・もう見守るしかない。
自身が納得できる演技を!

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:フィギュアスケート 羽生結弦 世界選手権

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?