Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > フィギュアスケート > 試合展望・結果 > 世界選手権2017羽生結弦・宇野昌磨EX&雑感

世界選手権2017羽生結弦・宇野昌磨EX&雑感

 09, 2017

◆◇◆結びの一番で大きな実を「結ぶ」!◆◇◆

超ハイレベルで歴史に残る大一番となった、今年の世界選手権
今回は、世界選手権での羽生結弦選手と宇野昌磨選手のエキシビションの演技と、
世界選手権について、取り留めもなく語りたいと思います。
尚、ゆづファンの偏見と戯言満載ですので(笑)、ご了承くださいませ。

羽生結弦EX

 

羽生結弦EX:Notte Stellata(The Swan)

 

スタート画像、背中に羽が生えてますが(何とも神々しい・・・)
今回もまた美しい白鳥さんでしたね~
いい意味で力感のない、羽生選手の優雅なスケーティングは、
まさに白鳥が水面を舞うかのように見えました。
以前、ジャンプ以外の要素も洗練されて、トータルパッケージとして美しく仕上がってこそのフィギュアスケート
このプログラムは、ジャンプだけではない、羽生選手の魅力がいっぱい詰まっています・・・と書きましたが、
彼自身もまた、自分の魅力を最大限に引き出すプログラムだと自負していたようで、
帰国会見で語るのを聞いて、なんだかうれしくなっちゃいました(笑)
このプログラムを見られるのもおそらくあと1回になると思いますが、
とても素敵なので、アイスショーなどでも時々滑ってほしいなと思います(*^^*)

 

宇野昌磨EX:This Town

 

宇野選手のスケーティングは、本当になめらかですよね。
4フリップの初成功者となり、シーズン途中で4ループをプログラムに組み込むなど、
次々に難しいジャンプを成功させる器用さもありますが、
もともとは表現力に秀でた選手なんですよね。
試合ではクラシカルな曲で滑ることが多いけれど、こういうポップで優しい雰囲気もいいですよね(^^)
真・4回転時代だからこそ、ジャンプ以外にもこんな表現もできると、
世界に好アピール出来たのではないでしょうか。
爽やかで素敵なプログラムでした。

 

◆SPはワイルドかつ美しく

羽生選手がSP5位発進となった時は、信じられない想いでしたが、
確かにミスはあったものの、演技自体の印象は決して悪いものではなかったと思っています。

羽生結弦SP

SP・Let's go crazyは、羽生選手としては新境地のプログラムで、
ワイルドでカッコいいプログラムなのですが、
彼本来持っているしなやかさから、一瞬、一瞬を切り取ると、本当に美しく、絵になりますよね

羽生結弦SP
この着氷姿勢の美しさ!もはや芸術品です。

このプログラム、もし他の人が演じたら、全く違う印象になるような気がします。
もっと男臭くて濃い~感じになりそう(一体誰を想定しているんだかw)
でもプリンスさんのセクシーな声が、羽生選手の繊細な演技にマッチしていると思いますね。

 

◆逆転Vへの祈り

逆転Vへの祈り
良い演技が出来ますように・・・。私達も皆、同じ想いでした。

昨年、王座奪還を果たせなかったこともあり、今年に懸ける意気込みは相当強かったはず。
それだけにSPの出遅れ、しかもトップは王者フェルナンデス選手で10.66点差という状況、
さぞかし落胆しているのだろうな・・・と心配でたまりませんでした。
どうしても昨年の世界選手権のことが頭をよぎってしまい・・・
でも、昨年はSPが良くてフリーがダメだった。
今年はSPでミスがあったので、逆のパターンになるのでは・・・と期待を抱いてもいました。

もうひたすら信じて祈るのみ
ジャンプの度に、行け!跳べ!降りて!と拳を握りしめて応援してました。
4S-3T絶対決めて!
最後のルッツ!絶対降りて!
・・・正直、疲れました(笑)

 

◆これぞ羽生結弦

羽生結弦FS

フリーの時は、並々ならぬ気迫を感じました。
SPで出遅れても、金メダルを獲りたいと語っていたように、
絶対逆転するんだ!とさらなる闘争心に火が付いていたことでしょう。
(オーサーコーチもこの暴れ馬をなだめるの大変だっただろうな~^^;)

衣装は森の妖精なのに、阿修羅のごときこの表情。髪の毛逆立ってるし・・・(^^;)
だから「フリルを着た阿修羅」なんて言われちゃうんだよ~
以前、フリーでコワい顔しないで、と言ったのに~

それでも、ステップシークエンスの時には柔らかな表情をしていましたよね。
風や川の中に自分がどぷんと入り込んだ感じになったと語っていましたが、
まさにこういうのを「ゾーンに入った」というのでしょうね。
一点の曇りのない、パーフェクトな演技。
今シーズン、なかなかノーミス出来なくて苦しんでいたと思いますが、
最後の大舞台で大きな実を結びましたね

そしてお約束のドヤ顔1番ポーズ!!

ドヤ顔1番

これを見られるのをずっと待ってましたよ~(≧▽≦)

 

◆国別対抗戦でSPのリベンジだ!

ゆづ&プーさん
プーさん、行ってくるよ。

今年は世界選手権の後に、国別対抗戦があります。
これだけの死闘を繰り広げた後、3週間足らずでまた試合があるので、選手の皆さんは大変ですが、
ファンの私達にとっては、また演技が見られるので、ボーナストラックのようでうれしいですよね(^^)

羽生くん、SPに関してはいつももうちょっとなところでパーフェクトな演技が出来ていないので、
ぜひぜひ国別対抗戦でリベンジを果たしてほしいなと思います。

団体戦なので、もちろん日本チームに頑張ってほしいけれど、
戦力的に揃っているのは、やっぱりカナダかなぁ。

羽生結弦
日の本一の力を!
頑張ってね~o(≧▽≦)o

  * * * * * * * * * * * *

本日4月9日深夜(4月10日午前0:10~)NHK・アスリートの魂選で、
羽生結弦“絶対王者”さらなる高みへの挑戦 が放送されます。

羽生結弦・アスリートの魂
見逃してしまった方はぜひぜひ。
私は一度観て、録画もしたのですが、もう一回観ようと思います(*^^*)

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:フィギュアスケート 世界選手権 羽生結弦 宇野昌磨

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?