Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 米澤穂信 > 折木奉太郎(古典部) > 【愚者のエンドロール】 米澤穂信

【愚者のエンドロール】 米澤穂信

 18, 2008

◆◇◆全ては女帝の仰せのままに・・・。◆◇◆

折木奉太郎(古典部)シリーズ2
長編
角川スニーカー文庫 2002.8

愚者のエンドロール (角川スニーカー文庫)
愚者のエンドロール (角川スニーカー文庫)米澤 穂信

おすすめ平均
starsまさに青春ミステリ
stars失われた「結末」を求めて
stars古典部シリーズ第二弾
stars文化部のポジティブな取扱!
stars古典部 2

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

「わたしとても気になります」文化祭に出展するクラス製作の自主映画を観て千反田えるが呟いた。その映画のラストでは、廃屋の鍵のかかった密室で少年が腕を切り落とされ死んでいた。誰が彼を殺したのか?その方法は?だが、全てが明かされぬまま映画は尻切れとんぼで終わっていた。続きが気になる千反田は、仲間の折木奉太郎たちと共に結末探しに乗り出した!さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリの傑作!!
(角川文庫より)

■ヒロイン
 入須冬実(神山高校二年F組)

■感想
 古典部シリーズ第2弾。
 前作【氷菓】では、『日常の謎』を扱っていたのですが、今回は、ミステリー色の強い作品になりました。

 二年F組が文化祭の出品のため自主制作した映画338『ミステリー(仮称)』。奉太郎たち古典部員は、その試写会に招かれたが、映画は登場人物の一人が密室状態の中、腕を切断された状態で殺されていた場面で終わっていた。この映画の脚本を書いていた生徒がうつ状態になってしまい、これ以降の脚本を書くことが出来なくなってしまったらしい。二年F組のまとめ役である入須は、奉太郎たちに映画の結末を予想してほしいと頼む。一度は断ったものの、例によって千反田の「気になります」の一言で、クラスの『探偵』志願者の推理を聞き、採否を判定する羽目に。

 なるほど、こういう作法もあるのですね。『日常の謎』モノからいきなり殺人事件(しかも腕を切断!)では、シリーズものとして違和感を感じてしまいますが、文化祭出展の映画の中での事件なら、学園ミステリーにふさわしいと思います。
 そして作中には、ミステリーマニアが喜びそうな言葉が随所に散りばめられています。私が注目したのは、舞台となった劇場の設計者の名前。「中村青X」って、あの奇妙な館の設計者の・・・?それにしては、劇場の見取図は普通でしたけど(笑)米澤氏の遊び心ですね。410

 奉太郎は、3人の『探偵』志願者の推理を退け、結局自らの推理を披露することになります。入須には感謝され、無事映画は完成したのですが・・・。
 「ところがそうは問屋が卸さない」
 古典部員は皆、奉太郎の推理に不満を持っていたのです。観客には何の矛盾もない、良くできた物語でも、関係者から話を聞き、裏方の事情に通じている彼らには、奉太郎の推理は納得のできないものでした。
 私も奉太郎の推理はちと乱暴かなと思いました。たしかに意表をついたトリックで、映像ならではの効果もあったのですが・・・。
 でも、それぞれが他のメンバーに聞かれないようにこっそりと意見を述べたのには、奉太郎を傷つけないようにという、やさしさが感じられてよかったですね。

 ショックを受け、自信を喪失する奉太郎。いったい脚本担当者は何を書こうとしていたのか?

 ・・・真相は意外なものでした。結局、女帝・入須に躍らせれていたわけなんですね。しかし、さすがの女帝も「あ・た・し♪」さんにはかなわなかったようで。最初と最後しか出てこないのになんという存在感。う~ん、キワモノですね(笑)

 ところで、ハンドルネーム「L」ってそのままだったのだけど、DEATH NOTEを連想してしまったのは私だけ?

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267267267

◆冷や汗度

404404

◆満足度

★★★★

■特におすすめ!

  • 学生の方
  • ミステリーマニアの方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

COMMENT 4

Wed
2008.03.19
19:18

のぽねこ

URL

こんばんは

コメント&TBありがとうございました。
こちらからもTBさせていただきました。

物語の方はほとんど忘れてしまっているのですが、「中村青X」にテンション上がったような覚えもあります。こういうネタは楽しいですよね。
読了から1年でこれほど忘れるとは…と我ながら驚きもあるのですが、おかげでミステリーを何度読んでも楽しめるのは利点でしょうか(笑)

Edit | Reply | 
Wed
2008.03.19
22:01

翠香

URL

のぽねこさんへ

こんばんは。
こちらこそ、コメント&TBありがとうございます。

>、「中村青X」にテンション上がったような覚えもあります。こういうネタは楽しいですよね。
ミステリーマニアなら分かるネタが満載で楽しめましたね♪

私もよく忘れますよ(笑)
ネタバレを避けて伏字にしたのに、自分で何のことか忘れていたり・・・ああ情けないv-390
確かに一冊で何度も楽しめるのはお得ではありますが、まだ読んでいない本もたくさんあるので、悩みますね(笑)

Edit | Reply | 
Sat
2008.03.22
11:52

june

URL

私はこのシリーズ、ミステリーよりも青春小説として楽しんでたんですが、ミステリーマニアにはたまらないネタ満載だったんですね・・。なんだか気づかない自分がさみしいです。
米澤さんはミステリーマニアのようで、「インシテミル」は古典ミステリーのネタ満載(のよう)でしたよ。

Edit | Reply | 
Sat
2008.03.22
22:25

翠香

URL

juneさんへ

コメント&TBありがとうございます。
ミステリー専門のブログを運営していてナンなのですが、私もマニアの域に達しているワケではないので、
バークリーもノックスも分からなかったです・・・(^^;)
ミステリーのお約束はある程度は分かっているのですけどね~。
米澤さんは、ミステリーの造詣が深い方のようですね。
「インシテミル」も読んでみたいのですが、古典ミステリーネタが満載ですか・・・ちょっと予習が必要かな(笑)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

TRACKBACK 2


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  米澤穂信『愚者のエンドロール』
  • 米澤穂信『愚者のエンドロール』~角川文庫、2002年~ 米沢穂信さんのデビュー作『氷菓』の続編です(『氷菓』の感想はこちら)。 以下、簡単に内容紹介と感想を。 夏休みの神山高校では、文化祭に向けて準備が行われていた。俺―折木奉太郎の属する古典部も、文集『氷...
  • 2008.03.19 (Wed) 19:13 | のぽねこミステリ館
この記事へのトラックバック
  •  愚者のエンドロール
  • 愚者のエンドロール 米澤穂信 「氷菓」に続く古典部シリーズ。さっそく読みました。個人的には「氷菓」の方がおもしろかったし、好きな話です。 「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」がモットーのホータロー、「自分が興味...
  • 2008.03.22 (Sat) 11:52 | 本のある生活

WHAT'S NEW?