Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > フィギュアスケート > 氷上の魔術師(フィギュア百景) > 真央ちゃんの引退について思うこと

真央ちゃんの引退について思うこと

 17, 2017

◆◇◆真央ちゃん、ありがとう◆◇◆

浅田真央

浅田真央、引退──この第一報を知った時、衝撃を受けました。
てっきり平昌五輪まで現役を続けるものだと思っていましたから・・・。

このブログ、男子シングルの記事が中心(というか、羽生くんにどっぷり^^;)になっていますけど、
私は昔からフィギュアスケートを観るのが大好きで、
以前はどちらかというと、女子の試合の方が楽しみでした。
各時代に好きな女子選手がいましたが、とりわけ真央ちゃんが大好きで、ずっとずっと応援してきました。
なので、残念であり、悲しくもあり、寂しくもあり・・・と感情の大洪水になっちゃいました。

現在、私の身の上が重大な局面を迎えており、なかなか記事を書くゆとりがないこともありますが、
何をどう書いていいものか、分からなくなってしまったこともあります。
興味がないから書かないのではなく、書きたくても書けないこともあるのです。
そんな訳で、ちょっとまとまりのない文章になりますが、ご了承ください。

 

去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました。

思わず嘆息してしまいますね。
やっぱり昨年の全日本でああいう結果になったので、心が折れてしまったでしょうか・・・。
世界選手権出場を目標にしていたと思うので、全日本にも出場したのでしょうが、
怪我で万全な状態でない中で出場しても、思うような演技は出来なかったはず。
思い切ってシーズン後半は休んで治療に専念して、来シーズン万全な状態で再挑戦してくれれば・・・
と思っていただけに、残念でなりません。

でもこれだけ世界中の人たちに愛された選手もいないですよね。
ソチ五輪のSPで出遅れ、失意の中にいる真央ちゃんを励まそうと、
ミーシャ・ジー選手が呼びかけ、世界中のスケーター達が応援メッセージを寄せたのは感動的でした。

若手のスケーター達も皆、真央ちゃんは憧れの選手、と答えてますよね。
女子選手はもちろん、男子選手にとっても偉大な存在だった真央ちゃん。
羽生くんは真央ちゃんの跳ぶトリプルアクセルを見て、コツをつかんだといいますし、
(羽生くんがトリプルアクセルが得意技になったのも真央ちゃんのおかげですね)
昌磨くんを「スカウト」したのも真央ちゃん。(よくぞ金の卵を見つけてくれました!)
現在の最強日本男子があるのも、真央ちゃんの功績が大きいのですよね。

真央ちゃんが今まで演じてきたプログラム、
ノクターン、仮面舞踏会、愛の夢、白鳥の湖、蝶々夫人・・・などなど素敵なものがたくさんありますが、
特に印象に残っている演技は、多くの方が挙げておりますが、
2008年の世界選手権で、トリプルアクセルを跳ぼうとして大転倒した後、
立て直して優勝した、FS・幻想即興曲の演技と、
ソチ五輪の感動のFS・ピアノ協奏曲第二番の演技ですね。
以下、二つの演技の動画を載せておきます。

 

◆2008年世界選手権FS 幻想即興曲

 

 

◆2014年ソチ五輪FS ピアノ協奏曲第2番

 

 

昨年のクリスマスに、真央ちゃんファンの友人に真央ちゃんのDVDをプレゼントして、
とても喜ばれたのですが、
もしメモリアルDVDが発売されたら(そのうちきっと出ますよね)、
今度は自分の為に購入したいです(^^)

真央ちゃん、今まで感動をありがとうございました。
今度はアイスショーなどで素敵な演技が見られるのを楽しみにしています(^^)

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:フィギュアスケート 浅田真央

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?