Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > フィギュアスケート > 試合展望・結果 > 羽生結弦、今季SP・NO.1投票でクレイジーな大差で圧勝!

羽生結弦、今季SP・NO.1投票でクレイジーな大差で圧勝!

 05, 2017

◆◇◆挑戦的な演技に世界中が魅了◆◇◆

米メディアが実施した「今季のSP・NO.1ファン投票」で羽生結弦選手が圧倒的大差で1位を獲得しました!

羽生結弦SP

 

米スケート専門メディア「アイスネットワーク」は公式ツイッターで「2016-17年シーズンのベストSPは誰?」と題し、投票機能を使ってファン投票を呼びかけた。ノミネートされたのは、パトリック・チャン(カナダ)、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)、羽生、ボーヤン・ジン(中国)の4人。羽生にとっては今季、しのぎを削った強力なライバルばかりだが、総投票4208票の結果は圧勝となった。(THE ANSWER)

とのこと。

投票結果は以下の通り。

1位 羽生結弦 63%
2位 ボーヤン・ジン 16%
3位 パトリック・チャン 11%
4位 ハビエル・フェルナンデス 10%

おお~ぶっちぎりの1位ですね!
「誰にも追随されない羽生結弦」になってますよ~(*^^*)
昨シーズンの「バラード第一番」とは180度違った、彼にとってはかなり挑戦的なプログラムでしたが、
しっかりと自分のものにして、世界のファンから高く評価されていたことをうれしく思います

ボーヤンくんが2位というのは、ちと意外な気もしますが(^^;)
ま、演技力はともかく、演目がスパイダーマンなので、アメリカ受けはしますよね。
チャン、フェルナンデス両選手が選ばれたのは、納得。
ハビちゃんのマラゲーニャ、カッコいいし。
でも衣装は昨シーズンの方が良かったな。2シーズン目なので、目新しさに欠けたということもあるかも。
個人的にはチャン選手のSPは結構好きですね。なんというか、爽やかな空気に包まれます。
あ、もちろん羽生くんのSPは別格に好きなんですけど。

投票したファンの声を拾ってみると・・・

「ユヅル・ハニュウ…プリンスだ」
「もちろん、ユヅル!」
「私にとっての氷上のプリンス」

羽生結弦SP

 

「ハニュウに投票した。彼はこのプログラムに対しての見方を変えた。
個性的でエネルギーに溢れたロックスターだ。衣装もかっこいい!」

羽生結弦レッツゴークレイジー

 

「ユヅル! あのパープルの衣装も!」
「ユヅル・ハニュウ、最高のスケーターが最高のプログラムをこなしている」

羽生結弦Let's go crazy

 

「ユヅは完璧さを追い求めている」
「完璧なアート様式だ」

羽生結弦SP

 

うん、どの一瞬を切り取っても、絵になりますよね~(〃▽〃)ステキ

今季、SPはノーミス出来なかったことを悔やんでいたようですが、
NHK杯以降、観客とコネクトすることを意識して、成果は得られたと思います。
何よりこの投票結果がその証でしょう。
国別対抗戦の失敗が悔やまれますが、
天国のプリンスさんもきっと、かっこよく、美しく演じてくれたことを喜んでくださっていると思いますよ。
胸を張って「羽生結弦の代表作の1つです」と言って欲しいな!(o‘∀‘o)*:◦♪

 * * * * * * * * * * * * 

次回はフリーのNO.1ファン投票結果をレポしたいと思います(^^)

■参考

羽生結弦、米メディアの「今季SP・NO1投票」で圧勝「“クレイジー”な大差で選出」 (THE ANSWER)

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:フィギュアスケート 羽生結弦

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?