Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ミステリィの小径 > 横浜みなとガーデン&西洋館めぐり2

横浜みなとガーデン&西洋館めぐり2

 11, 2017

前回の記事に引き続き、散策レポ2【西洋館めぐり編・その1】をお届けします。
横浜・山手には、西洋館がたくさんあり、異国情緒にあふれています。
おしゃれな洋館と、豪華な家具や装飾品など女性のハートをくすぐるものがたくさん。
建築探偵・桜井京介のようにはいかないけれど、
建築様式をご紹介しながらレポしてみようと思います(^^)/

 

 山手111番館

外観

山手111番館
(2008年撮影)

港の見える丘公園の南の外れにあります。
アメリカ人実業家ラフィンの旧邸宅、大正15年(1926)築。
赤い瓦屋根や玄関前の3連アーチ、優美な吹き抜けホールなど、
随所にスパニッシュスタイルの趣きを感じます。
設計はJ・H・モーガン。

内装

トランプツリー

ホールに入ると、いきなりトランプツリーに出迎えられ、唖然・・・

アリスのティーパーティ

どうやら『不思議の国のアリス』がテーマになっているようですね。
館ごとにそれぞれテーマがあり、デザイナーやアーティストの方がディスプレイを担当しているようです。
この館のスタッフの方は、トランプ兵の格好をしてました(^^;)
手前に「DRINK ME」と書かれた瓶も見えますね。

アリスのティーパーティ2

ナプキンがウサギ型に結ばれていてかわいい

マッドハッター

マッド・ハッターの帽子もありますね(^^)

 

 横浜市イギリス館

外観

横浜市イギリス館
(2009年撮影)

昭和12(1937)年に英国総領事公邸として建築された建物で、
近代主義を基調としたモダンな形と伝統を加味した重厚な美しさは、
当時の大英帝国の風格をよく表わしています。
昭和44(1969)年に横浜市が買い取り、平成2(1990)年横浜市指定文化財となり、
平成14(2002)年からは、一般見学もできるようになりました。

内装

ベッドルーム2017

両サイドのテーブルに生けられた花の枝がアーチのように広がり、
荊のような枕が・・・こんなベッドじゃ寝られない(^^;)
以前見学した時は、こんなに↓シンプルでシックだったのに・・・

ベッドルーム2009

ホテルのお部屋みたいですよね。枕、気持ちよさそうだったのになぁ。

 

イギリス館丸窓

丸窓の所にも、枕と同じ荊のようなもので出来た勾玉(?)のオブジェが(謎

 

イギリス館ダイニング

食卓は明るい雰囲気だったので、ひとまずほっとしました(笑)

      *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

ぼちぼちお腹もすいてきたので、ここら辺でお昼ごはんにすることに。
ですが日曜日ということもあって、どこも混んでいて、なかなか入れない・・・

 

 山手十番館 

山手十番館
(2008年撮影)

明治100年祭を記念して開館した、明治情緒漂うフレンチレストラン。
明治時代の味を再現した「文明開化ステーキ(4800円)」が人気だそうです。
場所柄か、お値段もハイソだったので、外観を眺めただけでスルー(^^;)

 

 えの木てい

えの木てい
(2008年撮影)

1927(昭和2)年に建築された歴史ある西洋館をそのまま利用。
まるでおとぎ話に出てきそうなロマンティックな建物ですね。
ここはケーキが売りなので、ケーキのメニューは充実しているのですが、
昼食メニューは、ハンバーガーとサンドウィッチとカレーしかありませんでした。
お腹が空いていたので、復刻版ハンバーガーを注文。
ソースを自分で塗り、具材をパンズにはさみ食します。
ハンバーグがなかなか美味しかったです。
今度来たときは、ケーキを食べよう!

 

 山手234番館

外観

山手234番館
(2008年撮影)

朝香吉蔵の設計により、昭和2(1927)年頃に建築された外国人向けの共同住宅で、
横浜市に現存する数少ない遺構の1つです。
従来は、4つの同一形式の住戸が中央の玄関ポーチを挟んで、左右対称に向かい合い、
上下に重なっていました。
1階では山手の総合案内、2階は展示や会議などに使用できます。

内装

山手234番館食卓

ほとんどの館が華麗なる一族の食卓といった雰囲気の長テーブルが鎮座しているのですが、
ここはアットホームで優しい雰囲気ですね。
食卓の話も弾みそう(^^)

 

ピンクの百合

素敵なドレスが飾ってありました。
今回、ご紹介はしなかったのですが、岩崎ミュージアムでは、
アンティークドレスを着て記念撮影(2000円~)が出来るのです。
一緒に行った友達が拒否ったので(笑)、この1着を見て我慢。

アクセサリー

ドレスの横に、アクセサリーや靴もありました。素敵ですね。

   *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

次回は西洋館めぐり後編・散策レポ3【西洋館めぐり編・その2】をお届けします(^^)/

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:横浜 西洋館

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?