Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ミステリィの小径 > 横浜みなとガーデン&西洋館めぐり3

横浜みなとガーデン&西洋館めぐり3

 17, 2017

横浜みなとガーデン&西洋館めぐりレポも最終回。
今回は、西洋館めぐり後編・散策レポ3【西洋館めぐり編・その2】です。

 

 エリスマン邸

外観

エリスマン邸
(2009年撮影)

日本の建築界に大きな影響を与え「現代建築の父」と呼ばれたA.レーモンドの設計。
横浜の大きな絹糸貿易商シーベルヘグナー商会の支配人であったエリスマン氏の私邸として
大正15(1926)年に山手127番地に建築されました。
現在の元町公園には平成2(1990)年に移築復元されています。

内装

エリスマン邸ダイニング

外観の窓枠の青に合わせてなのか、テーブルクロスも爽やかな青ですね。
白い花瓶と白い花、ガラス食器が清涼感を感じます。

エリスマン邸ダイニング続き

シャンパンもよく冷えてます(笑)

 

 ベーリック・ホール

外観

ベーリック・ホール
(2008年撮影)

イギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅として、L.H.モーガンの設計により
昭和5(1930)年に建てられました。
スパニッシュスタイルを基調とし、戦前の西洋館としては、最大規模を誇る、
建築学的にも価値ある建物です。

内装

Lily ETERNAL

ベーリック・ホールのテーマタイトルは~Lily ETERNAL~となっていまして、
ウェディングがテーマのようです。
たくさんの百合の花に圧倒されます。

新郎・新婦席

新郎・新婦のお席もありました。

 

ベーリック花々

ピンク系の花々が華やかな雰囲気ですね。

 

      *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

ここまでの西洋館は、割と密集しているのですが、
外交官の家とブラフ18番館のある山手イタリア山庭園までは、500~600mほど離れています。
横浜雙葉、フェリスといったお嬢様学校やカトリック山手教会を横目に見ながら
山手イタリア山庭園へ向かいます。

 

 山手イタリア山庭園

山手イタリア山庭園

イタリアでは多く見られる庭園様式を模し、水や花壇を幾何学的に記したデザインの公園です。
明治13(1880)年から明治19(1886)年までイタリア領事館がおかれたことから
「イタリア山」と呼ばれているこの場所は、みなとみらい21地区や関内周辺の市街地を
一望することができます。

 

 外交官の家

外観

外交官の家

明治43(1910)年に明治政府の外交官・内田定槌邸として、
アメリカ人建築家J.M.ガーディナーの設計により東京都渋谷区南平台に建てられたものです。
平成9(1997)年この地に移築され、同時に国の重要文化財に指定されました。
建物は、木造2階建・塔屋付でアメリカン・ヴィクトリアン様式を基本としています。

内装

外交官の家ダイニング

外交官の家のテーマは「ダンスパーティ in 外交官の家」だそうです(^^;)
華麗なる食卓という感じですね~
確かに素敵なのですが、やたらとあちこちにゴテゴテと花を飾ってあって、
ちょっとやり過ぎな感もありました。
普段はもっとシックで落ち着いた雰囲気なんですけど・・・。

普段の外交官の家については、
外交官の家~【オフィーリア、翔んだ】のモデル~の記事でレポしていますので、合わせてどうぞ!

 

 ブラフ18番館

外観

ブラフ18番館
(2008年撮影)

大正末期に建てられた外国人住宅で、カトリック山手教会の司祭館として
平成3(1991)年まで使用されていました。
平成5(1993)年にイタリア山庭園内に移築復元され、
館内では震災復興期(大正末期~昭和初期)の外国人住宅の暮らしを再現し、
当時の横浜家具を復元展示するなど、当時の暮らしを感じることができます。

内装

ブラフ18番館丸テーブル

他の西洋館では綺麗なお花が飾り付けしていましたが、
ここは独自の路線なのか、穀物系で纏めてありました。
野菜や果物を寄せ集めた肖像画を描いたジュゼッペ・アルチンボルドのような世界観ですね。
ジュゼッペ・アルチンボルド(ウィキペディア)

 

サンルーム
(2008年撮影)

ブラフ18番館のテーマは、「MINT MINT MINT HOUSE」。
内装は爽やかなミントグリーンのブラフ18番館。
普段はこの写真の通り、涼しげで快適そうな空間なのですが、
今回見た時は、この床一面にグリーンの丸めた紙屑が敷き詰められていてびっくり!
友達が、文章を書いていて、クシャクシャっと丸めて捨てたみたいだね~と言っていたのですが、
スタッフさんの説明によると、まさにその通りだった(^^;)
お部屋の色に合わせて紙もグリーンなんですよ、とニコニコと説明していましたが、
う~ん、、何だかなぁ。
私なんか、殺人現場の犯人の装飾?なんて想像をしてしまった
ミステリの読み過ぎですかね(笑)

 

ブラフ18番館

でも隅の方にはおしゃれなテーブルセットがありました。

   *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

今回はイベント中ということもあり、いつもとは違う西洋館になっていました。
ちょっと飾り付けが凄すぎて引いてしまう部分もありましたね(^^;)
友達を案内したので、もっと普通の状態を見てもらいたかったのですが・・・。
このレポでは、普段の姿とイベントの様子を織り交ぜてお届けしました。
いかがでしたでしょうか?
では、これにてレポ終了です!ご覧くださりありがとうございました

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:横浜 西洋館

COMMENT 2

Sat
2017.06.17
07:25

mokko

URL

ヤバイ!

おひさです!ヾ(*'∀`*)ノ
西洋館って、やはりトキメキますよねo(@^◇^@)oワクワク
建築探偵の続きを読まなきゃって気になります(^◇^;)

内装は、できるならシンプルな形で楽しみたいですよね
テーマって・・・
せっかくの建築が台無しになりそうですよ(^◇^;)

Edit | Reply | 
Sat
2017.06.17
22:28

翠香

URL

mokkoさんへ

そうなんですよね~
普段は本当に素敵なお部屋なのに、
何でこんな風にしちゃったかな~?って感じで(^^;)
友達も楽しみにしていたのですが、がっかりしてなければいいけど・・・。

建築探偵!そういえば第三部に突入したのだった!
京介の謎が明かされるのですよね。
読まなくっちゃ!(^^)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?