Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 文庫フェア > 夏の文庫フェア2017

夏の文庫フェア2017

 25, 2017

蒸し暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

毎年この時期になると、夏の文庫フェアのご紹介をするのですが、
かれこれ半年、全く小説のレビューを出来ていないし、今年はやめておこうかと考えましたが、
少しでも気分を上げていけたらなと思い、例年通り続けることにしました。

今年も各社出揃っております。今年のガイドブックはこちらです↓

2017文庫フェアガイドブック

 

 ガイドブックの特徴

新潮文庫は、昨年と構成は同じで、キュンタの絵本形式になっており、
100冊を「恋する本」「シビレル本」「考える本」「ヤバイ本」「泣ける本」の5つに分類。
本の中の印象的なフレーズを見出しにしています。
そのフレーズの掲載ページが表示されている点が親切ですね。

角川文庫は、「感動する!」「名作」「夏が好き!」「あたまの栄養」「青春いっぱい!」
「手に汗にぎる!」「人気のロングセラー」の7つに分類。
昨年はそれぞれの作品について、「泣ける」「胸キュン」「どきどき、ハラハラ」など、
マークで表示していて、作品の特徴が分かりやすくてよかったのですが、
今年は、受賞作と映像化のマークだけになってしまい、残念です。

集英社文庫は今年創刊40周年を迎えて、「よまにゃ」が新キャラクターに就任したそうで、
ナツイチもよまにゃ仕様に変わりました。
が、これって新潮文庫の真似なの?と思ってしまうほどガイドブックの構成がそっくり。
以前は、この本を読んだら次はコレ!というようにラリー形式の紹介がなされていたり、
お試し読みが付いていたりしていたのですが、オリジナリティが無くなってきたかな。
ですが、昨年角川文庫がやっていた、作品ごとに、笑「思わずクスクス」
怖「ゾッとしつつやめられない」などのマーク表示がついたのはグットですね。

 

 プレゼントについて

新潮文庫

新潮文庫は、1冊買うと「二つおりキュンタしおり」がもらえます。
ひまわり、木、本屋のおじいさん、スイカの4つから好きなものを選べます。
私はスイカを選びました。だって翠香だし(笑)

二つおりキュンタしおり

左のように、伸ばした状態だとキュンタが読書していますが、
二つ折りにすると、キュンタがスイカをがしがし食べています(笑)
ちなみに「天久鷹央の推理カルテ」は今回のフェア対象本として買ったもの。

そして、今年も#キュンタ大作戦!2017を実施しています。
「二つおりキュンタしおり」をTwitterやInstagramに「#キュンタ」をつけて投稿すると、
抽選で100名様に純金キュンタしおりをプレゼントするそうです!

TwitterやInstagramをやっている方は狙ってみてはいかがでしょうか。
詳しくはキャンペーンサイト「#キュンタ大作戦!2017」をご覧ください。

角川文庫

角川文庫は、今年もブックカバーです。
「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」2柄、「メアリと魔女の花」、
「かまわぬ」2柄、「ハッケンくん」の全6種類。
かまわぬ柄、今年は2柄あって迷ったのですが、こっち↓を選んでみました。

2016文庫フェアブックカバー

集英社文庫

集英社文庫も今年はブックカバーになりました。
「よまにゃリバーシブルブックカバー」
水にも強いストーンペーパー2種と、和風で大人なエレガントペーパー2種の全4種です。
私はストーンペーパーの1種をチョイス。
<表>
ブックカバー表

<裏>
ブックカバー裏

猫好きの方にはたまらないでしょうね~(^^)

ただ、紙のブックカバーでリバーシブルで使うほど強度があるのか、ちょっと疑問ですし、
柄のバリエーションはあっても似たり寄ったりなので、
色を変えるとかもうちょっと工夫があってもいいのかなと思いました。

 

各社ともプレゼントはなくなり次第終了となりますので、気に入った柄は早めにゲットしましょう。

 

 フェア対象本

最後に過去に当ブログで紹介した記事の中で、今年のフェア対象本になっているものを挙げておきます。
【タイトル】 著者名:は当ブログ該当記事へのリンクになっています。
本をお読みになりましたら、ぜひ感想をお聞かせください(^ー^)

 

新潮文庫の100冊

【シャーロック・ホームズの冒険】 コナン・ドイル

【儚い羊たちの祝宴】 米澤穂信

【楽園のカンヴァス】 原田マハ

 

★カドフェス2017 発見!角川文庫

【ナミヤ雑貨店の奇蹟】 東野圭吾

【氷菓】 米澤穂信

【愚者のエンドロール】 米澤穂信

【ジョーカー・ゲーム】 柳広司

【八月の六日間】 北村薫

【確率捜査官 御子柴岳人 密室のゲーム】 神永学

 

集英社文庫ナツイチ

【マスカレード・ホテル】 東野圭吾

【白ゆき姫殺人事件】 湊かなえ

 

■参考

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:文庫フェア 新潮文庫 角川文庫 集英社文庫

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?