Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 森博嗣 > 犀川創平(S&Mシリーズ) > 【封印再度-WHO INSIDE】 森博嗣

【封印再度-WHO INSIDE】 森博嗣

 02, 2008

◆◇◆犀川、男の決断をする!?◆◇◆

犀川創平S&Mシリーズ)5
長編
講談社ノベルス 1997.4
  講談社文庫 2000.3

封印再度―WHO INSIDE (講談社文庫)
封印再度―WHO INSIDE (講談社文庫)森 博嗣

おすすめ平均
starsトリックとしては…
stars二人の関係が進展して・・・
stars完成度が高いラブ・ストーリ?ミステリィ?
stars森博嗣にはまった作品!
starsマジかよ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

50年前、日本画家・香山風采は息子・林水に家宝「天地の瓢」と「無我の匣」を残して密室の中で謎の死をとげた。不思議な言い伝えのある家宝と風采の死の秘密は、現在にいたるまで誰にも解かれていない。そして今度は、林水が死体となって発見された。二つの死と家宝の謎に人気の犀川・西之園コンビが迫る。
(講談社文庫より)

■ヒロイン
 西之園萌絵(22歳・N大工学部建築学科4年)

■感想
 S&Mシリーズ第5弾。物語の始まりはクリスマスシーズン。前々作【笑わない数学者】がクリスマス255の出来事だったので、それから2作で1年が経過しています。時間の経過が早いですね。しかも本作では、事件解決まで時間がかかり、終盤では4月になっています。萌絵も大学4年生になりました。

 今回は第1作で登場した儀同世津子が再登場。そういえば、こんな人いましたね。すっかり忘れてました(笑)彼女はパズルマニアで、パソコン通信で知り合った人の家に伝わる、壺と鍵箱の謎を萌絵に提示します。鍵箱を開ける鍵は壺の中に入っているのですが、鍵が壺の口より大きいので、取り出すことができません。これを壺を割ることなく中の鍵を取り出して箱を開けてみよ、という言い伝えなのです。この壺と箱の謎は面白かったですね。犀川は見事この謎を解き、実演してみせてくれました。

 さて事件の方は2つの謎を提示しています。一つ目は、殺害現場となった蔵に子供205と犬286が入っていったとき、子供は「おじいちゃんはいない」と言ったが、犬は誰かを見つけて吠えた。蔵の中には誰がいたのか?
 二つ目は、子供と犬が蔵に入ったときは、扉が開いていたのに、その後蔵の扉はロックされた。(鍵は内側からしか掛けられない)いったい誰が中に入って鍵をかけたのか?
 前者は国語的な問題。ヒントはたくさんあったものの、いまひとつすっきりしませんでした。後者はやっぱり理系的な問題。壺と箱の謎も含めて、ちょっと専門知識が必要で、フェアじゃないかも。どちらかというとガリレオ先生の分野かな。

 でもこの作品、タイトルがいいですよね。日本語と英語で同じ音の言葉を並べていますが、それぞれがこの作品の『謎』を的確に表現した言葉となっています。こういう言葉遊びは好きですね。

 ところで、今回で犀川と萌絵の距離が急速に縮まることになります。しかし、クリスマスイヴに2人きりで過ごしていても、話題は事件のこととはなんともムードがないなぁ。390でもようやく犀川は自分の気持ちに気付いたようですね。今まで犀川のことを、ウブで恋愛下手だと思っていたのですが、その行動にびっくり!あまりにもさらりと書かれていたので、いったん読み流してしまい、「えっ?うそ!」いや~ドキドキしてしまいました。398
 ・・・しかーし、見事なオチがありましたねぇ(笑)なかなかタイムリーなお話でした♪

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267267

◆冷や汗度

404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ!

  • 理系の方
  • パズルが好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:西之園萌絵 犀川創平 S&Mシリーズ

COMMENT 2

Wed
2008.09.03
15:49

はな

URL

ごぶさたしてます♪

こんにちは~(^^)

翠香さんがお忘れだったよーに私もすっかり忘れておりました(笑)そしていつの間に萌絵ちゃんとこんだけ仲良くなったんだと...ε=(>ε<)

>こういう言葉遊びは好きですね
気付いた時にはドキドキしてしまいました。
前4作は別に日本語と英語を並べていたわけじゃないので、感動してしまいましたヾ(´▽`;)ゝ

Edit | Reply | 
Thu
2008.09.04
00:35

翠香

URL

急展開にドキドキ♪

はなさん、こんばんは~。

>翠香さんがお忘れだったよーに私もすっかり忘れておりました
儀同さんのことですね。たしか以前は、萌絵ちゃん、儀同さんにヤキモチ焼いていましたよねぇ。いつの間にお泊りするほど仲良くなったんでしょ?

森センセイは言葉遊びが好きみたいですね。Vシリーズにも同様のタイトルの作品がありますよ。

今回はなんといっても犀川先生の行動にびっくりしました。やはり男の子、やるときはやるんですねぇv-398 でも、萌絵ちゃんは痛過ぎた・・・。純情な犀川先生を傷つけた罪は重いですよ・・・。

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

TRACKBACK 1


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  『封印再度』森博嗣  感想
  • pearさんちで、再読したよ~の日記を拝読して、まためくるめく萌絵ちんと犀川先生のラブロマンスを思い出してニヤニヤしてしまったので、〔こりゃー急いで萌え投下せねばならん!〕と思ったので感想を頑張る。S&Mシリーズ第5作。ソフトカバー単行本、1997年4月発...
  • 2008.09.03 (Wed) 15:44 | まったり感想日記

WHAT'S NEW?