毛髪再生

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

彼の言葉はニュース

◆◇◆こういう羽生結弦を待ってた!◆◇◆

SEIMEI

【長久保豊の撮ってもいい?話】
ふたたびの「Why am I crying?」 バルセロナから平昌へ 旅するSEIMEI

が8月15日に配信されました。
長久保さん、いつも楽しいコラム記事をありがとうございます(^^)

長久保さんといい、フィギュアスケートマガジンの山口さんといい、ナイスな記事を提供してくれますね~
そして羽生結弦選手への愛に溢れています(あ、ヘンな意味ではなく。^^;)

2015年のGPファイナル。

この大会は、フィギュアシーンにおいて特別な大会だったと思います。
2週間前のNHK杯で世界歴代最高得点を更新した時も、「凄いものを見た」と思いましたが、
それをあっさりと過去のものにして塗り替えてしまった。
その時の黄金プログラム、SPのバラード第一番とFSのSEIMEIを
五輪シーズンに再演するというのですから、
もっと凄いものが見られるかもしれないと、つい期待してしまいますよね(^^)

 

◆Why am I crying? :オレ、なんで泣いてるんだろ?

GPファイナルキス&クライ

五輪シーズンは「SEIMEI」でいくということは、2015-2016シーズンに良い演技をした時から
既に決めていたそうです。
「SEIMEI」が思い入れの強いプログラムであることは、
羽生結弦、最強プログラムで五輪連覇へ!の記事でも書きましたが、
ふと、2012年フランス・ニースでの世界選手権で「ロミオ+ジュリエット」を演じ、
ソチ五輪シーズンに再びロミオとジュリエットを選んだ流れと似ているなと思いました。
ソチ五輪の時は、プログラムとしては別のバージョンに変わりましたが、
ロミオはニースからソチへと旅をしたのだ。

そういえばニースの時も泣いていましたよね・・・。
震災後のシーズンだったし、直前に捻挫もしていて苦しい状況の中で会心の演技が出来た。
転倒はありましたが、それを忘れてしまうぐらいの素晴らしい演技。
特に終盤、雄叫びからの渾身のステップにはすっかり引き込まれてしまいました。
この時に銅メダルを獲得し、シーズン後にオーサーコーチの門下生となり、
世界のトップへと駆け上がっていったのですよね。

ニース世界選手権にて
まだあどけない顔をしてますねぇ。か、かわいい~!(≧▽≦)

 

◆I wanna do again:もう1回やりたい

2016年世界選手権フリー

英語繋がりで思い出すのがこのフレーズ。

これは、2016年世界選手権フリー後の記者会見で彼が放った言葉でした。
当時は、試合は一発勝負。泣きの1回はないのに・・・。
と彼がこんな言葉を吐いたことを残念に思ったものでした。
実は靭帯損傷という大怪我を負いながら演技していたことは、後になって知らされるのですけどね

この時は、後悔の言葉でしたが、これが新たな挑戦の言葉へと生まれ変わりましたね
SEIMEIを五輪シーズンに「もう一回やりたい!」
プログラムは同じでも、中身はひとまわり、ふたまわりもパワーアップ!
5本の4回転のうち3本をプログラムの後半に持ってくるという、究極の難易度に挑戦!
やはり守りに入る羽生結弦ではなかった!

 

◆そうじゃないと羽生結弦じゃないです

2017公開練習取材
(写真は今年8月8日の公開練習の取材の模様です)

これは、2016年のオータムクラシックでの囲み取材で彼が語った言葉。
「ノーミスします。(中略)そうじゃないと・・・そうじゃないと羽生結弦じゃないです。」

この時は、なんか無理しているな・・・とちょっと心配でした。
世間一般の人が思い描く「羽生結弦」像に合わせよう、そんな自分を作ろうとしているみたいで。
それだけノーミスの演技を2試合続けて、世界最高得点を更新したイメージが鮮烈だった。
それゆえ、昨シーズンは過去の自分に囚われて苦しんでいたのですよね・・・。

しかし彼は、「過去の自分は超える為にある」ときっぱり。
壁の向こうには壁しかないと分かっても、またその壁を乗り越えようとするのだろう。
羽生結弦という人はそういう人なのだ。

長久保さんは、「Why am I crying?」ふたたび。と言っていますが、
それももちろんいいけれど、「I'm first? Oh my god!!」ふたたび。と願いたいものです(^^)

 

■参考

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

0 Comments

まだコメントはありません

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Leave a comment