毛髪再生

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

24hTV~告白~羽生結弦、郷ひろみと夢のアイスショー

日本テレビ「24時間テレビ40 愛は地球を救う」では、
4年連続で羽生結弦選手のスペシャルアイスショーが披露されました。
24時間TVアイスショー
ん。伏し目がちの横顔・・・好き

 

アイスショーの模様はこちらです↓

170826 24hTV ~告白~ 少年と夢のアイスショー 投稿者 YzRIKO

YzRIKOさん、いつも動画アップありがとうございます。

 

◆羽生先生ふたたび。

羽生先生

(写真は8月16日に行われた神奈川区制90周年イベントの時のものです)

羽生選手は2歳の時から小児ぜんそくを患っており、
番組では、同じ境遇の少年が羽生選手に憧れてスケートをしていると知り、
一緒に練習する機会が持たれたものです。

神奈川区制90周年イベントの時は、対象者がほぼ初心者だった為、
分かりやすく、やさしい先生だったようなのですが、
今回の少年は、ジュニア選手ということもあり、厳しめの指導だったようで(スパルタ?^^;)
でも、でも羽生くんの個人レッスンですよ!
リンク貸切でゆづをひとり占めするなんて・・・うらやましい。

少年の方は、緊張し過ぎてそんな余裕なかったでしょうけど(笑)
でもよい思い出になりましたね(^^)
宙(そら)くんっていい名前ですよね。
2人ともお揃いの黒ジャージを着ていたので、宙くんはリトルハニューな感じでした(笑)

そういえば宙くんの今取り組んでいるプログラム、「ミッション・インポッシブル」でしたよね。
かつて羽生くんが演じたプログラムではないですか!
やっぱりリスペクトしちゃうのだろうな~

だけど羽生くん、「あと2回、回れば4回転だから」って簡単に言うなよ~(笑)

 

◆告白

言えないよ

羽生選手がぜんそく持ちであることは、ファンの間では周知のことだと思うのですが、
一般的にはまだそれほど知られていないのかな?

大人になって症状は改善されてきたとはいえ、常に薬を持ち歩いている。
お母さんも発作が起きることを心配して、カナダに付いてきているのですよね。
風邪を引いたりすると、普通の人より症状が重くなって大変らしいです。
昨年末にインフルエンザを発症して全日本を欠場したときも相当苦しかったはずです。
それなのに・・・アンチの人の「サボりだ」という心無い言葉には胸が痛みました。
もう好きとか嫌いとかのレベルではなく、
病気で苦しんでいる人に対してなんてひどいことを言うのだろう。

実は私がこのブログでフィギュアスケートの記事を書き始めたきっかけは、
そういう心無い発言を目にしたからなんです。
ただ、そういう人を攻撃するのではなく、私は私のやり方で褒め称えようと思いました。
もっと羽生選手の素晴らしさを伝えたい、フィギュアスケートの魅力を伝えたい、
そう思うようになりました。
逆に今までの常連さんは離れていってしまいましたけれど・・・。
番組のテーマ「告白」に合わせて、私の告白でした(ペコリ)

だけど、3月の世界選手権の2週間前に発作が起きていたとは・・・。
様々な重圧と戦いながら、さらに病気とも戦っていかないといけない。
本当に大変なことだと思います。
そんな極限状態の中で、フリーであんなに素晴らしい演技が出来るなんて・・・!
やっぱり凄いな、羽生結弦!(≧▽≦)

 

    *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  

羽生くん、今年も素敵な演技をありがとうございました。
来月にはいよいよ初戦が始まりますが、身体に気を付けて元気に頑張ってくださいね!

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

0 Comments

まだコメントはありません

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Leave a comment