毛髪再生

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

いよいよ2017-2018シーズン初戦!

◆◇◆二季ぶりお待たせ♪◆◇◆

羽生結弦

いよいよ今週末、待ちに待った羽生結弦選手の初戦・オータムクラシックが始まります!

きゃ~o(≧▽≦)o 待ってた待ってた!!
4月の国別対抗戦以来ですから、5か月ぶりの試合ですねっ
わくわくドキドキしてきます。
やっぱり試合は、アイスショーなどとは違った独特の緊張感がありますね。

 

特に今年のオータムクラシックは、同門のハビエル・フェルナンデス選手も出場するとあって、
新旧世界王者対決ということでも注目を集めていますよね。

チームブライアン

う~ん、オーサーコーチは何でまた初戦から教え子同士をぶつけたのか・・・。
ハビちゃんにとっては良い刺激になるのかもしれないけれど、ゆづにとってはどうなのか。
気負い過ぎてしまいそうでちょっと心配なんですよね・・・。

今シーズンの羽生選手の戦いは、常に強力なライバルとぶつかるので、
一戦たりとも気が抜けないですよね。

GPシリーズ1戦目・ロシア大会では、ネイサン・チェン選手
GPシリーズ2戦目・NHK杯ではパトリック・チャン選手と当たります。

今シーズンはスケカナにエントリーしなかったので、
毎年分の悪いチャンとの対決を回避したかと思ったら、
結局当たってしまうのですね。しかもNHK杯とは!

宇野昌磨選手とは、世界選手権で1位・2位になった関係で、
ファイナルまで当たらないのが救いかな。
やっぱりしょーまくんはやりにくい相手でしょうね。

しょーまくんが初戦から好スタートを切ったので、何かと比較されてしまうのだろうな・・・。
マスコミの方々、必要以上に煽るの、やめて欲しいのですけど。

羽生選手は、周りの雑音を気にすることなく、自分の演技に集中していれば大丈夫。
でも彼のことだから、「これが羽生結弦だぞ!」ってところを皆に見せようとするのだろうな・・・。
あまり初っ端から気負い過ぎず、貴方の演技を心待ちにしている人たちに、

「二季ぶりのSEIMEI、お待たせ

そんな感じでいきましょ♪
あ、もちろんバラード第1番も楽しみにしてますよ(^^)

結弦くんの今シーズンが素晴らしいものでありますように・・・。

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

・・・と、昨日ここまで下書きをしていて、チェック後にアップするだけだったのですが、
今日の読売新聞の夕刊に「羽生膝痛 プログラム修正」と書かれていて、
心配になってきてしまいました
先週から右膝にちょっとした痛みを抱え、練習を休んでいたそうです。
今回の試合はプログラムの演技構成を抑えて臨むそうなのですが、
右膝ってジャンプの着氷時に負担がかかる部分ですよね・・・。
それならいっそ出場を取りやめてもいいのではないでしょうか。
無理をして悪化させてしまったら大変です。
それについてとやかく言う人はいるでしょうが、一切気にせず、
自分の身体を第一に考えてください。
無理しなくていいんだよ。元気になるまでちゃんと待っているからね。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

0 Comments

まだコメントはありません

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Leave a comment