FC2ブログ
毛髪再生

究極の美・バラード第1番

Category試合展望・結果
 0  0

羽生結弦選手が初戦のオータムクラシックでいきなりSPの世界歴代最高得点を更新し、
世界中を驚かせましたが、
記録更新もさることながら、その美しい演技にすっかり魅了させられましたよね~(〃▽〃)

羽生結弦バラード第1番

羽生結弦、「美しき完璧さ」に地元解説者も絶句「何て言ったらいい、この傑作」 (THE ANSWER)

歴代最高にも伸びしろ。羽生結弦の今季SP得点はどこまで伸びるのか (web Sportiva)

 

ホントにワオ!(うっとり)・・・って感じでしたよね。

SPは地上波放送がなかったので、見ていない人が多いのはある意味仕方ないのですが、
結果だけ見て凄いと言われているのがちょっぴり残念ではあります。
この美しさ、ぜひぜひ見て欲しい!↓↓

 

 

前にも書きましたが、SPに関しては、今シーズンバラード第1番を再演することは意外でした。
世界最高得点を更新し、3度ノーミスの演技をしたプログラムなので、
羽生選手としては、もう極めたのではないかなと思ったので。

ですが、インタビューでは「まだ完成しきれていないからバラード第一番を選んだ」と答えていて、びっくり。
おそらくステップのレベルをとれていないとか、細かい部分で納得できていないのでしょうけれど、
本当に彼が目指しているのは高次元のものなのですね。
究極に目指しているのは、きっと満点の演技なのでしょう。
GOEは全て3点満点で、要素全てレベル4で、演技構成点は全て10点満点の演技を。
ということは、今回世界最高得点を更新しても、まだまだ伸びしろがあるということなのですね。
目指しているのは、究極の美のバラード第1番。

今回は、右膝痛の為、本来予定していた冒頭の4ループを回避して、4サルコウに変更しましたが、
もともと2季前は冒頭が4サルコウだったのもあり、違和感なくすんなり決まったので、
もうここは無理に4ループ入れなくても、4サルコウでいいのでは?と思ってました。
もちろん、羽生選手の性格は重々承知しています。
昨シーズン、4ループを投入したのに、演技構成を下げるなんて王者としてのプライドが許さないでしょう。
しかし、新しく別の要素を加えることで、せっかく美しく仕上がっているものを壊してしまうのではないか。
あの美しさが壊れてしまったら、残念だし、とても悲しいことに思えます。

すると、羽生選手はこんなことを言っていました。

「今回のショートを見て、チームの人たちがどう思ったかわからないですけど、お客さんの中には、限りなく『(今回封印した4回転ループではなく)サルコウでいいんじゃないか』と思った方もいたかもしれないわけです。サルコウでこの点数を安定して出せるようになったら、フリーにもっと力を入れられるんじゃないかと。そういう気持ちが僕の心の中で芽生えてしまったところがあったので、そこが悔しいんです
これにはまたまた驚いてしまいました。

こちらの考えを見透かされているのもそうなんですが、
羽生選手自身が、サルコウでもいいか・・・と珍しく弱気になっていたこと。
そして、一瞬でもそう考えてしまった自分が悔しいと。

本当にこの人は負けず嫌いなんですね。
負けたくないのは、過去の自分。
過去の自分は超えなければならない。
でも、過去の自分を超えた時点で、今度はそれが「過去の自分」になる。
つまり、過去の自分を超える度に、過去の自分はバージョンアップしていく。
それでも何度でも超えようとするのだろうな。

膝の状態が心配ではありますが、無理せず完治しますように。
そして今度は4ループ→イーグルで究極の美しいバラード第1番が見られるのを楽しみにしています

バラード第1番

*****************************************

羽生選手に怪我や病気には気を付けて。なんてさんざん言っておいて、
オータムクラシック後に体調を崩してしまったアホ翠香です(^^;)
あ~先週はホントキツかった・・・。
応援する側も体力が必要であると痛感。
しばらく酷い頭痛に悩まされていたのですが、
結弦くんのお写真を眺めているうちに、痛みがスーッと消えていきました。
やっぱり私にはゆづサプリが一番なのね~
(実はロキソニンのお蔭であることは内緒でw)

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

フィギュアスケート羽生結弦バラード第一番

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment