毛髪再生

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

ロステレコム杯開幕!羽生結弦4回転ルッツ挑戦!!

◆◇◆果敢に攻める!◆◇◆

羽生結弦

いよいよGPシリーズが開幕!
第1戦ロステレコム杯では、我らが羽生結弦選手が登場します!

現地入り後、4回転ルッツを練習している様子が捉えられ、試合に入れるのか、気になっていたのですが、
公式練習後の取材で、フリー『SEIMEI』の冒頭に4回転ルッツを投入することを明言しました。

 

うわ~やっぱり4ルッツ跳ぶのですね・・・。
GP初戦からネイサン・チェン選手と当たるので、闘争心を燃やしているのだろうけど、
う~ん、正直4ルッツ入れなくても、羽生選手なら勝てると思うのですけどね・・・。
曲掛け練習の時はパンクしていたし、本番でもパンクしてしまうと、
またオータムクラシックの二の舞になりそうで・・・。
何より無理して怪我をしないかが心配で・・・。

「これまで練習をやってきて『ルッツ入るな』という感覚があったので。あとは、やっぱりオリンピックに向かってこれからどんどん試合を重ねるわけですけど、実際(試合の)数は限られていますし、本番での回数っていうのもやっぱりすごく一つ一つ大事になってくるので、できるだけやりたい」

羽生結弦ロステレコム杯
できる、できる、できる!

昨シーズンの4ループもそうですけど、練習してきて、
試合に入れられるレベルまで精度が上がったからこその挑戦ですよね。
これも昨シーズンに羽生選手自身が言っていたことですけど、
試合にはある程度「慣れ」も必要ですので、
五輪で最高の演技をするためには、早めに実戦投入したいという狙いもあるのでしょうね。

「あのお、守ることも捨てることもいつでもできるので。オータムクラシックで、全力でできないことが集中を途切れさせると言うこともあったので。自分が一番実力を発揮できる構成で、自分が本気を出せるプログラムでやりたいなと思っていました」

羽生結弦ロステレコム杯

やっぱりオータムクラシックで右膝痛の為、全力で出来なかったことでもどかしい思いをしたからこそ、
今自分が出来る最高難度のものに挑戦したいという気持ちが強いのでしょうね。
アスリートとして、最高にカッコいいと思いますし、
彼の挑戦したいという気持ちを応援したいとも思います。

ああ・・・いつもジレンマを抱えてしまうのですよね・・・。
彼の果敢に挑戦する気持ちを尊重したい、でも怪我が心配。
もう羽生結弦のファンでいる限り、逃れられないですね、これは(^^;)

とにかく無理しないように(といっても無理しちゃうのかもしれませんが^^;)、頑張って!
羽生選手らしい美しい演技を見せてくださいね

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

只今、キシリトールクリアファイルをクエスト中!
試合が始まるというのに、イベントが多くて処理が追いつかない~
ロステレコム杯が終わったら、少しずつ記事にしていこうかなと思っています。
何といっても試合が最優先!だしねっ。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

0 Comments

まだコメントはありません

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Leave a comment