FC2ブログ
毛髪再生

ドラマ【内田康夫サスペンス 新・浅見光彦シリーズ 漂泊の楽人】

Category浅見光彦(ドラマ)
 0  0

漂泊の楽人

TBS『新・浅見光彦シリーズ』スタートです♪

 

■放送日時

2017年10月30日 TBSテレビ 月曜名作劇場 20時00分~22時00分

■番組名

内田康夫サスペンス 新・浅見光彦シリーズ 漂泊の楽人 越後~沼津・哀しき殺人者

■原作

内田康夫「漂白の楽人」(講談社文庫版)

■CAST

浅見光彦    ・・・平岡祐太
浅見陽一郎  ・・・石丸幹二
浅見雪江    ・・・竹下景子
漆原肇子    ・・・相楽 樹
漆原睦子    ・・・原日出子
二宮次郎    ・・・岡田浩暉
畑山義之    ・・・上島竜兵
矢野隆一郎  ・・・村井國夫
ほか

■あらすじ

ルポライターの浅見光彦平岡祐太)は、角兵衛獅子の取材で、発祥の地である新潟は越後の国・月潟村(新潟市月潟地区)を訪れていた。そこで大学時代の同級生・漆原宏(永岡佑)に偶然出会う。静岡の沼津が実家の宏が何故新潟にいるのかを訊ねると、調べ物だという。そして光彦に「もし俺に何かあったら、おふくろと妹を頼めないか」と言い残したのを最後に、帰らぬ人となってしまった。
その数日後、宏の妹・肇子(相楽樹)が浅見家を訪ねてきた。再会を喜ぶも束の間、宏が自殺したことを知る光彦。肇子は自殺という警察の判断に納得がいかず「何かあったら浅見に頼め」という兄の言いつけ通りに東京の光彦の元へやってきたのだと言う。光彦は早速、肇子とともに沼津へ向かった。担当刑事・二宮(岡田浩暉)は、宏が退職後に就職が決まらない事を苦にして無断借用したクルーザーで自殺したのだろうと言うが、光彦は腑に落ちない。
その後、光彦は事件の真相を探るため、肇子が勤める中部日本銀行沼津支店の支店長・矢野隆一郎(村井國夫)を訊ねる。そこへ肇子から母・睦子(原日出子)が失踪したとの知らせを受ける。睦子宛に届いていた月潟村からの手紙を頼りに、肇子と共に新潟へ向かうことに。光彦は複雑に絡んだ過去の因縁という糸を紐解いていくのだが…。
(TBS「月曜名作劇場」HPより)

■感想

久々のドラマレビューです(1年ぶりぐらいかな?^^;)
すっかりブログの方向性も変わってきてしまったのですが、たまには原点回帰しないとね(笑)
そういえば浅見光彦シリーズ、フジもTBSもここしばらくやっていなかったですよね。
久しぶりの浅見光彦シリーズ♪わーい!(^▽^)と思っていたら、
なんとTBSは『新・浅見光彦シリーズ』になって、光彦役も変わったというじゃないですか!
そいつは事件だ!(笑)

光彦役は、3代目速水もこみちさんから4代目平岡祐太さんにバトンタッチ。
速水光彦、短命だったな~(^^;)
何となくイメージとしっくり合わないという感じでしたからね。
で、平岡光彦はどうなの??とかなり気になっておりましたが、
なかなか良いではないですか。
うん、坊ちゃまらしさは出ていたと思います。

ただその他のキャストがちょっとイメージと違うかな。
雪江さんも陽一郎さんもソフト過ぎますね。
原作の雪江さんはもっと怖いイメージなんですよ。
フジの野際陽子さんがイメージに近かったのですが、お亡くなりになってしまったし・・・。
陽一郎さんはやっぱりフジの榎木孝明さんがはまり役ですね。

村井國夫さんに到っては、もと陽一郎役ですからね。
キャストを見ただけで犯人が分かってしまうのは、シリーズものドラマの宿命とはいえ、
もうちょっと意外性とか工夫が欲しい。
原日出子さんは、内田康夫先生の別シリーズ・信濃のコロンボシリーズ(テレビ東京)で、
レギュラー出演しているので、内田作品との縁も深いですね。
だからこそ、ああいう役にするのはちょっとつらいなと思ったり。

浅見の身元が割れて、「浅見さんもお人が悪い~」のお約束のくだりは健在(笑)
しかし、畑山の無能ぶりには呆れてしまいました。
漆原の部屋が何者かに荒らされ、他殺の可能性が出てきたワケでしょう?
なのにどうして「自殺した」と決めつけているのですか。コイツは?

気になったのは、やたらと浅見の食いしん坊ぶりがクローズアップされていた点。
確かに原作の浅見もそういう所は多々ありますけれど、
あまりにも色気より食い気な感じで・・・。
どうせやるなら、その土地の名物が分かりやすい形にした方がよいのでは?

あと、TBSはいつも「今回もまたフラれちゃったのね」というオチに持っていきますよね。
原作ではどちらかというと女性の方が積極的で、
浅見が煮え切らずに終わるパターンなんですけど(^^;)

浅見と二宮刑事が本音でぶつかりあうシーンには感動しました。
特に二宮の刑事としての矜持を感じさせるセリフにはしびれましたね~

その他、ダイイング・メッセージの解読が早過ぎ等、つっこみどころも多々ありますが、
キリがないので、この辺で(笑)
次回に期待ですね!

 

■参考

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

浅見光彦内田康夫平岡祐太

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment