毛髪再生

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

衣装へのこだわり~SEIMEI編~

今シーズンは、シーズンが始まるや否や羽生結弦選手の話題が矢継ぎ早に上がってきて、
完全に私の処理能力が追い付かなくなっています(>_<)
いえ、うれしいのですけど、もう少し小出しにして欲しいと思う今日この頃(^^;)
そんな中、これはぜひとも記事にしたい!と思ったのが、これ↓
羽生がこだわり抜いた陰陽師衣装、今も修正制作秘話 - フィギュアに恋して - スポーツコラム : 日刊スポーツ

音楽に対しても強いこだわりを持っていて、自身で編曲もしている羽生選手なので、
当然衣装にも強いこだわりがありますよね。
衣装もプログラムの一部ですから。
まして、曲を聴き込み、滑る自分の姿を衣装の細部まで思い描きながら、
いいジャンプ、いい演技を頭の中で繰り返して固めて、演技に臨む羽生選手ですからなおさらです。

しかし、ロステレコム杯の時に衣装の修正が入っていたとは!
オータムクラシックの時と印象がちょっと違うかな?とは思ったのですが、
同じ衣装でも映像によって色味が違って見えることがよくあるので、そのせいかと思ってました(^^;)
昨シーズンのレツクレの衣装も、パープルが青っぽく見えたりしてましたからね。

では具体的にどこが変わったのか、見比べてみましょう。

◆オータムクラシック

オータムクラシックフリー

 

◆ロステレコム杯

ロステレコム杯フリー

 

比べてみると、ラインストーンの模様部分が変わっていますね。
「模様部分に使用していた石は銀に見えたため、黒に変えた。」とあるとおり、
黒のラインストーンを使用することにより、模様がくっきりとしてインパクトのある衣装になりました。
金のラインストーンもおそらく追加していると思いますが、
黒を使用することで金色がより浮き上がって引き立って見えるようになりましたね。
我が意を得たりという感じでうれしくなりました(^^)
オータムの時は、どちらかというと銀色が目立っている気がして、
金に対してこだわりがある羽生選手なのに、何でかな~と思っていたのです。
これなら断然新衣装の方が素敵です(*^^*)

襟や袖口の紫は渋い色に変更されています。
これは、ラインストーンに黒を使用したことで、全体的なトーンが渋めになったので、
ベストマッチだと思います。

と、ここで旧衣装(2015-2016ver.)とも比較してみましょう。

◆2015-2016ver.

旧衣装

旧衣装は、襟の襲(かさね)が紫と緑の二色なのですね。
実際の狩衣は、着物を重ね着しているのが襟元に見えているのですが、
どんな色を合わせるのかが貴族のおしゃれのたしなみなんですよね。
新衣装では、一番外側で色味が多く出る部分に高貴な色である紫を配置し、
一番内側は白にすることで、顔色が明るく見えます。
色の順番は羽生選手の指定だそうですが、とてもセンスがいいですよね。
肩の切れ込みもしっかり再現出来ていて、より本物らしい衣装になりました。
海外の方が、どこまで日本の雅を理解できているのかは分かりませんが、
羽生選手がこだわりぬいた和の世界観ですから、
日本人ならきちんとその意図を汲み取ってあげたいなと思います(^^)

衣装デザイナーの伊藤聡美さん、素敵なお仕事をされていますよね。
私もこういうお仕事がしたかったなぁ。
子供の頃は、かわいい洋服のデザインを自分で考えて絵に描いたりしていたのですよ。
美術の成績はまあ良かったけれど、お裁縫があまり得意でないので、やっぱり無理でしたね(^^;)
ボタン付けぐらいなら出来ますけど(笑)

だけど、ラインストーンやスパンコールを1つ1つ縫い付けていくのも大変な作業ですよね。
試行錯誤を繰り返して仕上がった衣装、伊藤さんにとっても愛着がありますよね。
伊藤さんが衣装を「この子」と呼ぶのも分かるような気がします。

素敵な衣装を見るのもフィギュアスケートの楽しみの1つなのですが、
(その点に関しては女子の演技の方が楽しい。羽生選手は特別ですね)
今まではそれほど細部まで見ていなかったのですよね(^^;)
以前、羽生選手のフリル衣装について書いた時に(フリルはお好き?参照)
改めて1つ1つの衣装をじっくり見ていくと色々な発見がありました。
結構ラインストーンがたくさん付いているんだな~とか、
こんな透かし模様が入っていたんだ!とか(笑)
衣装制作者のご苦労や、羽生選手のこだわりが詰まった衣装ですもの、
ちゃんと見てあげなくっちゃ!
仙台行の前に伊藤さんの記事に出会えてよかった!
お写真、しかと見てきます!!

それにしても、衣装が伊藤さんの元へ戻ったということは、さらに修正が入るということですよね?
どこがどう変わるのか、ドキドキしますね。
何だか間違い探しみたいになってきましたね(笑)

     * * * * * * * * 

中国杯、波乱の展開でしたね。
ハビエル選手が余裕で優勝するのかと思ったら、まさかの6位・・・!
コリヤダ選手の躍進にも驚きました。
やっぱり4ルッツの威力は凄いな~

次はいよいよNHK杯!
P・チャン選手の欠場は残念ですが、
羽生選手がどんな演技を見せてくれるのか、楽しみですよね♪
今週はまた一段と忙しくなりそうです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
▲ランキング参加しています。応援よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

0 Comments

まだコメントはありません

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Leave a comment