羽生結弦NHK単独インタビュー「もっともっと強い自分に」

◆◇◆全日本に向けて力を貯めて◆◇◆

羽生結弦インタビュー

羽生結弦選手がNHK杯を欠場したあと、NHKの単独インタビューに応じました。

◆参考

◆羽生選手のコメント

それはもうしょうがないかなという気持ちでいっぱいでした。何も出来ない状態でしたので、悔しい思いはすごくあります。
何とか滑れるようにならないかなということを望んだのですけど、まあ曲かけもあったので、滑り出しをしてみて、もうその段階で右足にしっかり乗ることが出来なかったので、あ、これはちょっと厳しいかなという思いでやっていました。
怪我をするということは、まだ下手なところがあるということなので、しっかりと自分ももっともっと上手くなって、もちろんルッツだけにこだわる訳ではないですけれど、もっと色々な部分で上手くなって、またいい演技が出来るようにしたいなと思います。
平昌オリンピックに向けて、1日1日数えてみたら、本当にあとちょっとかもしれないですけども、でも未来のことを考えても仕方ないし、過去のことを振り返ってもしかたないし、やっぱり今のことをひとつひとつやっていくしかないと思っているので。
(力を込めた口調で)全部出しきれるように。本当に本当に力を貯めて。もう力があり余っている状態なので。足首以外は(笑)
なんで、もっと、もっと強い自分になって、また一皮むけた状態でこの1か月を乗り越えていきたいなと思います。

 

ああ、松葉杖が痛々しく・・・(;_;)
声のトーンが抑え気味だったので、やっぱり気落ちしているでしょうか。
朝早く(午前7時)だったので、単に眠いとかでテンション低いだけならいいのですが。
でも思っていたよりは、元気そうで、ホッとしました。
欠場を決めてから2日が経っていたので、多少気持ちの整理はついたのかもしれませんね。
何より、後悔の言葉や、弱気な言葉は一切なく、前向きな言葉が聞けたのは良かったです。

怪我は10日間の絶対安静と、その後3~4週間で回復の見込みという、重傷でしたが、
骨が折れていなくて本当に良かったと思います。
彼の身体の柔らかさが最悪の事態を防いだのかもしれませんね。

これまでに何度も逆境に遭遇し、その度に強くなっていった羽生選手ですから、
きっと今度もまたさらにパワーアップして戻ってきてくれると信じています(^^)

ただ全日本選手権までの期間を考えると、完治するまでがギリギリな気がします。
プログラムの滑り込みが足りない状態で試合を迎えてしまう懸念もありますが、
救いだったのが、SPもフリーも再演で慣れ親しんだプログラムだったこと。
きっと曲を聴けば、自然と身体が動き出すはずです。

あとジャンプ構成を今後どうするのかという問題もありますよね。
4ルッツを跳ぶのは不安がよぎると思うので、もうこの際4ルッツは入れなくてもいいと思います。
右足踏み切りの4ループも全日本では厳しいかもしれません。
2015年のGPファイナルで羽生選手が出したSP110.95点もフリー219.48点も
塗り替えたのは羽生選手自身で、他の選手は誰もこの記録に到達していません。
この時のジャンプ構成は4回転はトウループとサルコウだけだったのですから、
この2種類の4回転だけで、あとは完成度を高めていけば勝てるはずなんですけどね。
とはいえ、彼自身が満足しないでしょうけれど(^^;)

全日本に出場しなくても、五輪代表に選ばれるはずですが、
彼はしっかり結果を残して、代表の座を勝ち取りたいと思っているのでしょうね。
どうか無理をせず、しっかり完治した状態で戻ってきてほしいです。

 

 * * * * * * * * * * * * 

結弦くん、仙台の写真展に立ち寄ったそうですね。
来場者のメッセージを読んだということですが、もしかして私のメッセージも読まれたかも・・・。
きゃあ~!どうしましょう。誤字もあるし、すごいぶっさいくな文章なので、恥ずかしい
でもジェイソンのように、一生懸命書いたという気持ちが伝わればいいですよね!
てなわけで、仙台行のレポはまた後日にお届けしようと思います(^^)

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
▲ランキング参加しています。応援よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Category: 試合展望・結果
Published on: Tue,  14 2017 21:46
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

フィギュアスケート 羽生結弦

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment