彼は帰ってくる~He will be back~

◆◇◆逆境は大好物◆◇◆

ニースロミオ

【長久保豊の撮ってもいい?話】
何度でもカムバック!NHK杯駆けつけ日記 (スポニチアネックス)

が11月17日に配信されました。
長久保さん、秘蔵写真と愛あるコラムをありがとうございます。

世界のスケーターからのエール の記事で、
「結弦くんは、ファンのみならず、世界中のスケーターから愛されている」と書きましたが、
記者さんやカメラマンさんからも愛されているのですね。

羽生結弦選手の負傷以来、悲しくてふさぎ込んでしまっている人」の一人なので、
言われたとおり、YouTubeを観てみる。

これですね↓

確かに、力強く「come back!」と言っています。

それにしても、長久保さん、ニースロミオが好きですね(笑)
というより、ファンがニースロミオを好きなことを知っているのですよね。
しかし、この演技、いつ見ても泣ける
ファンを元気づけようとしたのだろうけれど、これじゃあ逆効果ではないか!
いえ、温かい心遣いは伝わりました。ありがとうございます。

   * * * * * * * * * 

怪我をする前日、発熱の為、練習を休んでいたということなので、
本調子には程遠く、いつもとはジャンプの感覚が違っていたのでしょうね。
思うように身体が動かない中での怪我だったのでしょう。

つらい決断であったと思う。テレビの前に陣取る人々、そして会場に足を運んだファンたちがどれほどの苦労と熱意でこの日のチケットを手に入れたかを彼は知っている。姿を見せることだけでそうした思いに少しは応えられるのでは、とも考えたであろう。(長久保氏)

まさしく。
観戦ツアーに始まって、3次販売までトライしたけれど取れなかったチケットだった。
それなのに、客席には空席が目立っていて・・・。

羽生選手はGPファイナル5連覇の偉業が懸かっていたので、
何としてもNHK杯は出場したい大会だったと思います。しかも自国開催の大会です。
と同時に、ファンを大切にしている彼なので、
何とか期待に応えたいと思っていたのではないでしょうか。
だから欠場を決断したのが、試合開始直前までかかったのだと思います。

でも、無理して出場して、あの中国杯の衝突後でのフリーのような演技を見せられたら、
見ている方は心配で気が気ではなくなってしまうので、
残念ですが、欠場を決断してくれてよかったと思っています。
見たいのはやっぱり、元気な羽生選手の姿です。

今はもっと強くなって帰ってくる為の、英気を養う時間だと思って。
トロントでゆっくり療養しつつ、今後の戦略プランを練って、
ターミネーターのごとく、復活してくることを祈っています。

羽生結弦SP

彼は帰ってくる He will be back!!

その時はみんなで「おかえり!」と迎えてあげましょう!!

 

   * * * * * * * * *

長久保さんのプロフィールコメントが面白くて、和んでしまった(^▽^)
でも、それって坂本さんに失礼じゃない??(笑)
これが分かるということは、私もコアなフィギュアファンということなのかな?
このブログでフィギュア記事を書くようになって、
私も随分フィギュアに詳しくなりました(あくまで自分比)
実は個人的な事情があり、なかなか思うように更新できない状態なのですが、
好きでやっていることですので、あまり気負わず、マイペースで続けていきたいと思います。
そして、訪問いただいた方に少しでも思いが伝わるとうれしいです。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
▲ランキング参加しています。応援よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Category: 試合展望・結果
Published on: Sat,  18 2017 12:14
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

フィギュアスケート 羽生結弦

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment