FC2ブログ
毛髪再生

平昌五輪フィギュアスケート団体戦最終結果

Category試合展望・結果
 0  0

◆◇◆雪辱は個人戦で!◆◇◆

2月9日、11日、12日の3日間に渡り行われた、フィギュアスケート団体戦が終了。
日本は4位でフリーに進出したものの、フリーでは各種目でポイントを伸ばすことが出来ず、
前回のソチ五輪と同様、5位に終わりました。

チーム日本

 

 最終結果

順位 国名 ポイント
1位 カナダ
73
2位 個人資格(ロシア)
66
3位 米国
62
4位 イタリア
56
5位 日本
50

 

 男子シングルFS結果

順位 選手名 国名 得点 ポイント
1位 パトリック・チャン カナダ 179.75
10
2位 ミハイル・コリヤダ 個人資格(ロシア) 173.57
9
3位 アダム・リッポン 米国 172.98
8
4位 マッテオ・リッツォ イタリア 156.11
7
5位 田中刑事 日本 148.36
6

パトリック・チャン選手が、冒頭の4-3トウループのコンビネーションと4トウループを
立て続けに決めたので、これはいい時のパトリック来たー!と思ったのですが、
やっぱりトリプルアクセルは苦手みたいですね(^^;)

田中選手は、冒頭の4サルコウ2本が両方とも2回転になってしまい、
得点が伸ばせなかったのが痛かったですね。
続くトリプルアクセルはクリーンなジャンプでGOEは1.57点も付いていました。
あと後半の4トウループの転倒もそうですが、
スピンの途中でバランスを崩してレベルが取れなかったのが残念でした。

男子はSPもフリーも早い時間帯に当たってしまったので、調整が難しかったでしょうか。
個人戦では、世界ランク下位の選手から演技がスタートするので、
日本選手は後半グループに入ります(羽生選手、宇野選手は最終Gですよね)から、
時間的には多少ゆとりはあるのかなと思います。

 

◆採点結果

  平昌オリンピック団体男子FS採点表(pdf)

 

 女子シングルFS結果

順位 選手名 国名 得点 ポイント
1位 アリーナ・ザギトワ 個人資格(ロシア) 158.08
10
2位 長洲未来 米国 137.53
9
3位 ガブリエル・デールマン カナダ 137.14
8
4位 カロリーナ・コストナー イタリア 134.00
7
5位 坂本花織 日本 131.91
6

いや~ザギトワ選手、凄かったですね~圧巻の演技でした!
全ての要素にGOEにプラスが付いています。(なんとGOEだけで17.05点稼いでいます!)
3ルッツ+3ループという難しいコンビネーションを難なくこなし、13.51点を貰っています。
4ルッツを跳ぶのと大差ないじゃないですか!(4ルッツの基礎点は13.6点)
7つのジャンプを得点が1.1倍になる後半に持ってきているので、得点力は上がりますが、
これだけの高難度のプログラムをクリーンに決めるとは、凄すぎです!

個人的には、長洲未来選手がトリプルアクセルを決めたのがうれしかったです!
今シーズンから挑戦していますが、なかなかクリーンには決まらなかったですが、
やっと綺麗に跳べましたね!GOEも1.57点も付いていました!(^0^)

坂本選手は、ちょっと緊張してしまったでしょうか。
いつもの勢いがなかったように思いました。
それでも冒頭の3フリップに付けられなかったコンビネーションを
後半の3フリップに付けられたのは、よかったと思います。
ただリカバリのことにとらわれ過ぎて、思い切りがなくなってしまったのは残念。
個人戦まではまだ間がありますので、
もう一回締め直して、がっつり頑張ってください(^^)

 

◆採点結果

  平昌オリンピック団体女子FS採点表(pdf)

 

 アイスダンスFD結果

順位 選手名 国名 得点 ポイント
1位 テッサ・バーチュー/スコット・モイヤー組 カナダ 118.10
10
2位 マイア・シブタニ/アレックス・シブタニ組 米国 112.01
9
3位 エカテリーナ・ボブロワ/ドミトリー・ソロビエフ組 個人資格(ロシア) 110.43
8
4位 アンナ・カッペリーニ/ルカ・ラノッテ組 イタリア 107.00
7
5位 村元哉中/クリス・リード組 日本 87.88
6

バーチュー・モイヤー組、圧巻の演技でしたね!
何かもう格が違うといいますか。
2人の世界観にすっかり引き込まれてしまいました。

アイスダンスは、不勉強なもので、技術的なことはほとんど分かりませんが、観るのは大好きです(^^)
シングルとはまた違った魅力がありますよね。

この時点で順位はほぼ確定していたので、
純粋に世界の華麗な演技を楽しみました(^^)

 

◆採点結果

  平昌オリンピック団体アイスダンスFD採点表(pdf)

 

 

 感想等

フリーに関しては、カップル競技は世界とのレベルの差がまだまだありますので、仕方ないですが、
男女シングルは力を発揮できなかったのが残念でした。
田中選手も坂本選手も初出場でいきなりフリー演技をする難しさもあったかもしれませんね。
思えば二人とも団体戦自体も初めての経験ですよね。
でも個人戦の前に、感触を確かめられたのは、よかったと思います。
この雪辱は、ぜひ個人戦で晴らしてください。
日本選手の皆さん、お疲れさまでした。

 

 * * * * * * * * * * * *

さて16日からは、いよいよ個人戦・男子シングルが始まります!
羽生選手も韓国入りしましたし、ついにこの時が来た!と今からドキドキしています。
発言から、まだ100%回復してはいないのかな・・・と気掛かりなのですが、
今まで数々の世界最高得点を更新した時も、決して100%ではない状態がほとんどでした。
なので羽生選手ならきっと大丈夫だと信じています。
素晴らしい演技が観られることを期待しましょう!!


▲ランキング参加しています。応援よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

フィギュアスケート田中刑事坂本花織平昌五輪オリンピック

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment