毛髪再生

羽生結弦選手、外国特派員協会で会見(動画・全文リンク付)

Category試合展望・結果
 0  0

◆◇◆より美しく、より強く◆◇◆

平昌冬季五輪の男子フィギュアスケートで66年ぶりの連覇を果たした羽生結弦選手が
27日午後1時半から東京の外国特派員協会で記者会見しました。

羽生結弦外国特派員協会会見

 

会見の模様はコチラです↓

 

なお、THE PAGEのサイトでは、会見全文が掲載されています。

五輪連覇の羽生結弦選手が会見(全文1)痛みはピーク時から20、30%軽減 | THE PAGE
五輪連覇の羽生結弦選手が会見(全文2完)「難しい質問がまた来た感じです」 | THE PAGE
※但し全文2に関しては、読めるのは途中まで。記事を購入すれば全文読めます。

また、AbemaTIMESでは、全文ではないですが、会見の模様が紹介されています。

羽生結弦選手が語った「SEIMEI」、ご飯、そしてフェルナンデス選手との友情 | AbemaTIMES

 

 

◆痛みは20%~30%しか落ちていない

試合後、痛み止めを飲まないと滑れない状態だと語っていましたが、
痛みはたったの20%~30%しか落ちていなかったのですね・・・。
想像していたよりもずっと重傷だったことにショックを受けました。
おそらく普通の選手だったら、とても出場できる状態ではなかったと思います。
ですが、羽生選手はこの五輪に懸ける強い思いがあり、彼の中に欠場する選択肢はなかった。
本当に命懸けで戦っていたのですね。
あの中国杯の時もそうですが、下手をすれば選手生命が閉ざされてしまうかもしれないのに、
何故そこまでして・・・と思ってしまいます。
全く相変わらず無茶しますよね・・・。

それにしても、痛み止めに頼っていたとはいえ、あれほど美しい演技が出来たのは奇跡的です。
SPに到っては、怪我の影響など全く感じませんでしたから。
やはり思い入れがあり、慣れ親しんだプログラムだったことが功を奏したのでしょうね。

これから本格的に治療に入ることと思いますが、
今度私達の前で演技を披露する時は、しっかり治してからにしてくださいね。
もう決して無理はしないでください。

 

◆4回転アクセルについて

アクセルジャンプ実演説明1
アクセルジャンプというのは

アクセルジャンプ実演説明2
手を後ろに持っていって

↑アクセルジャンプの実演解説をする羽生選手。
簡単に動きを説明するだけですが、とてもエレガントですね~(*^^*)
マイクの持ち方もさりげなくエレガントです。
小さい頃から常に人に見られることを意識していたそうですが、
こんな些細な所作にも意識が身に付いているのですね。

とても分かりやすい説明でしたね
以前、4回転をどうやって跳ぶのかという質問に、
「シュッとやれば跳べます」という、感覚的な返答をしていたので、
理論的に説明するのは苦手なのかと思っていましたが、全くそんなことはないですね。
将来はコーチになることを考えているそうですが、名コーチになりそう(^^)

最近コーチとして選手に帯同しているランビエールさんを見て、
羽生選手の10年後ってこんな感じなのかなと思ったりしています。
選手よりコーチの方が注目されそうですが(笑)

まあずっと先の事はともかく、
4回転アクセル、ぜひとも成功させてほしいですね!
もちろん怪我には十分注意してほしいですが、
トリプルアクセルが得意で、幅と高さのある美しいジャンプが跳べる羽生選手なら
きっと実現出来ると思います(^^)

 

◆SEIMEIについて語る

オリンピックは、他の大会とは違い、国の代表として出場するので、
自国の音楽やストーリーをテーマにしたプログラムを使用する選手も多く見られます。
それゆえ、SEIMEIで金メダルを獲った意義は大きいと思います。
世界中の人々に日本的な音楽や和の心を知ってもらうきっかけになったのではないでしょうか。
それは、2015年に世界歴代最高得点を更新したことで、
海外の人々にも日本らしさを評価されていると自信を持ったからこそ、
オリンピックに向けてこのプログラムを選んだのだと思います。

SEIMEI

中盤のステップの最後にクロスで滑るところは、能や狂言の摺り足を連想させます。
狩衣を模した衣装も素敵ですよね。
何よりこのプログラムは羽生選手によく似合っているなと思います。

 

フィギュアスケートにおける芸術性について

今回のオリンピックの試合で、フィギュアスケートというものは、
技術と芸術を兼ね備えたものであるということを改めて知らしめたと思います。
現行のルールでは、難しいジャンプを跳んだ者勝ちのようなところがあって、
軸が曲がろうが、着氷が乱れようが、回転数が足りていれば基礎点分は入る。
GOEでマイナスを喰らっても、転倒しない限り-3が付くことはそうそうない。
一方、いくらスケーティング技術に優れていて、表現力があっても、
複数の4回転ジャンプを跳ばなければ、得点を伸ばすことが出来ない。
たくさんの4回転ジャンプを跳ぶプログラムは迫力がありますが、
フィギュアスケートはジャンプ大会じゃないのに・・・と常々思っていました。

今回、羽生選手は怪我の影響で4回転はトウループとサルコウの2種類しか
跳ぶことが出来なかったのですが、
その分、個々の要素の質を高めて、完成度の高いプログラムを仕上げてきました。

SEIMEI

4回転ジャンプをこれほどまでに美しく跳べる選手は他にいないですよね。
トウループとサルコウは、4回転の中では基礎点が低いですが、
高い出来栄え点を貰うことで、難易度の高いジャンプの基礎点と遜色なくなります。
ジャンプが美しく決まれば、芸術的価値も上がる。
羽生選手が目指しているのはそういうところなのかなと思います。

 

◆5回転跳ぶ!?その難しさは?

まさか5回転に挑戦してみたいなんて言い出すとは驚きでした。
「お前は5回転跳べ」と言ったコーチって、都築先生ですよね!?
全くとんでもないオッチャンですね(^^;)
しかし、実際跳ぶとしたら、どれぐらい高く跳ばないといけないのだろう。
回転は空中で高速スピンする感じ??

では、例えていうならどのくらいの難しさなのかという質問が飛び出すと、
苦悶の表情を浮かべて、ひねり出した答えが、

4回転は、目を瞑って回転しなが縄跳びの三重跳びをしているような感じ
4回転半は、2回転しながら四重跳び
5回転は、3回転しながら五重跳び

そりゃあ難しそうだ(笑)(←軽い)

撃沈
撃沈~(^▽^)

 

◆フェルナンデス選手との友情

金メダルが決定した瞬間、泣いているのを見て、
やっぱり相当苦しかったんだな・・・と思っていたのですが、
フェルナンデス選手がメダルを獲れたことへの嬉しさもあったのですね。

トップ選手同士が同じコーチに付くことを嫌う向きもある中で、
敢えてフェルナンデス選手(長いので以降ハビエルで)のいるクラブに飛び込んでいった。
ハビエルもまた羽生選手が来ることを嫌がることもなく、歓迎した(いい人ですよね~)
そしてお互い切磋琢磨して強くなっていったのだと思います。
ソチ五輪以降、世界選手権では2回ずつ優勝を分け合った二人ですから。

お互いがよきライバルとしてリスペクトし合っているのを感じられました。
日本を、故郷を離れてトロントに渡ることは、羽生選手にとって大きな決断だったと思いますが、
本当にこの決断が正しかったのだと思います。

 

五輪メダリスト

感動的シーンですよね(うるうる

自身の金メダル、
宇野選手との日本人ワンツーフィニッシュ
朋友ハビエルのメダル獲得──。

このオリンピックでの結果は羽生選手にとって最高のものになりましたね。

五輪メダリスト

美しき五輪メダリスト 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

あまりにも記事ネタが多過ぎて、全く追いつけません
ゆづ本も続々と手元に届き出したし・・・。
でも贅沢で幸せな悩みですよね~
まあマイペースで頑張ります!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
ご訪問ありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

フィギュアスケート羽生結弦平昌五輪オリンピック

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment