FC2ブログ
毛髪再生

Continues ~with Wings~鑑賞レポ(初日)

Category氷上の魔術師(フィギュア百景)
 0  0
羽生結弦選手の凱旋報告公演Continues ~with Wings~が4月13日より始まりました!
今回は、初日・13日の鑑賞レポをお届けします♪

Continues with Wings

◆公式サイトContinues with Wings/コンティニューズ・ウィズ・ウィングス公式ホームページ

 

◆グッズは全て売り切れ(泣)

開場の2時間前からグッズ販売が開始されるので、それに合わせて出掛けたのですが、
またもや長蛇の列・・・あ~全く、高島屋の羽生結弦展で十分分かっていたはずなのに、
自分はなんて学習しないのかしら・・・学習したのは、歩きやすい靴を履いてきたことだけ(^^;)
もう着いた時に既にTシャツとフェイルタオルの白は完売してました。

そうこうしているうち、トートバッグが売り切れ、悲鳴が上がる。
2日前のデジャヴだ・・・。

そしてタオルが全て完売。

ついに恐れていた瞬間が訪れる。

クリアファイル完売(泣)

本日分のグッズは全て完売しました。販売はガイドブックのみとなります。
という無情のアナウンス。
私の頭の中にツィゴイネルワイゼンが鳴り響く(←これ前振りw)

ガイドブックは会場に入ってからでも、並ばずに普通に買えたのですよ
一体何の為に並んでいたのか(脱力orz)

通信販売していただけるそうなので、通販で買うからいいもんっ!
愛蔵版ブックも買う予定なので、ちょうどよかったです(←負けず嫌いw)
高島屋の方のグッズも通販してくれないかな~(切実)

 

◆オープニング

会場が暗くなり、SEIMEIの曲が流れ、会場は歓声に包まれる。
思わず結弦くんの姿を探してしまいましたよ。まだ出てきていないのですけど(^^;)
音楽だけで盛り上がれるこの凄さ!
会場のモニターに幼少期から現在までのシーンが映し出され、カウントダウン。
そして、氷上にはスケート靴を履いた結弦くんの姿が!

CWWオープニング
懐かしい、パリの散歩道・黒バージョン。
(ちなみに青バージョンは高島屋に出張中w)
5年前の衣装が着れるとは、全く体型が変わっていないのですね。
でもこうして5年前の衣装を着ていると、随分大人になったなと思いますね。

滑らないと聞いていたので、ちょっと心配したのですが、
その後はステージに移動したので、ホッとしました。
ステージ上で、他のスケーター達の演技に合わせて腕の振りをつけていました。

オープニング・ステージ上

プル様とSEIMEIのフィニッシュポーズ!!
私の席はちょっと遠かったので、分からなかったのですが、
ステージ上に大きな羽根のオブジェがあったのですね。

そして結弦くんがマイクを持ち、観客にご挨拶。

「今日はご来場いただきまして、本当にありがとうございます。こうやって無事、安静の期間を終えて、皆さんの前に立てて幸せです。本日は本当にありがとうございます。
今回このショーを命名させていただいた『コンティニューズ・ウィズ・ウィングス』、このタイトルに込められた気持ちは、僕が今まで生きてきた中で、またスケートをしてきた中で、すべてのものが自分の人生、スケートに受け継がれていると思いますし、たくさんのことが自分に継承されてここまで来ているんだなという思いから、自分の大きな繋がりを持った方々、そして偉大なスケーターの方々をオファーし、そしてこのショーをやらせていただくことになりました。(照れ笑い)
今日が初日で、みんなに見てもらうのもすごく緊張しています。でもぜひその偉大な方々のスケートを楽しみながら、そしてそのスケートを見て、ああ、こんなことが羽生選手・・・羽生選手だって(笑)。こんなことが僕に継承されているんだな、こんなところもまた羽生結弦が持っているところだな、そういったところを見ていただいて、そして楽しんでいただけたら幸いです。」

「それでは、コンティニューズ・ウィズ・ウィングス、スタートです!」

 

◆「つながり」レジェンド達の華麗な演技

まず初めにジョニー・ウィアーが登場。
公式ページの写真の衣装で現れ、「アヴェ・マリア」を演じました。
第二部では、全身緑の斬新な(?)衣装で登場(^^;)
この衣装、ジョニーしか着れないよね(笑)
もし結弦くんが着るといったら・・・全力で止めます!

次に無良崇人くんが今シーズンのフリー「オペラ座の怪人」を。
結弦くんが2014-2015シーズンに使用した曲(映画ver.)と同じなので、
ちょっと色々なことを思い出したりもしました。
やっぱりオペラ座、好きだぁ~!(〃▽〃)(←演目が好きなので、誰が演技していても感動する)
第2部で滑った「美女と野獣(ひそかな夢)」も素敵でした。

シェイ=リーン・ボーンはマーチングバンドのような衣装で登場。
すごく可愛かったです(^^)
途中から他のスケーター達がリンクの脇に登場し、ラッパ隊(吹く真似)となって応援。
大盛り上がりでした

そして、何と佐野稔さんが滑った!
さすがに還暦過ぎているし、トーク専門だろうと思っていたので、いや~驚きました。
さすがにジャンプやスピンはやりませんでしたけどね。
演技後、「みのる~」の声援や、みのるバナーもちらほら。コアなファンもいるのですね

川口悠子&アレクサンドル・スミルノフペアとの繋がりはよく分からなかったのですが、
悠子さんが同じ都築章一郎先生の門下生だったのですね。
単身でロシアに渡ったことも、結弦くんにとっては、カナダへ渡る勇気になったそうです。
第一部では、しっとりとした美しい演技を披露してくれましたが、
第二部は打って変わって「バブリーダンス」の曲でノリノリ!

ジェフも2曲滑ってくれました。
もしかしたら、結弦くんのSPの曲を滑ってくれるかも・・・とちょっと期待しましたが、
残念ながらなかったですね。

そして、プル様!
やはり纏っているオーラが違いますね~
特にステップが華麗でした(〃▽〃)
結弦くんもプル様の演技を生で見て、「感無量」と大感激したそうです(^^)
演技後の観客への挨拶は、お尻ふりふりの大サービス(笑)

 

◆羽生さんの日替わりトークコーナー

「つながり」スケーター達の華麗な演技の合間に、トークコーナーがありました。
ここでは、結弦くんが記者という設定らしいです(笑)

ゆづ「ほんと緊張しますね。トークコーナーということで、ぜひ自分がいろいろ聞きたいなと思う方にいろいろ聞いちゃいます。なので、今回は羽生結弦が記者になっているという設定で見てください。はい」

トーク:ゆづ&ジョニー

最初に登場したのは、ジョニー・ウィアー。
ステージ上でハグ。「ありがとうございます。素敵なハグをもらえた」

ゆづ「スケートの1番好きなところは?」
ジョニー「観客のみなさんを別世界に連れて行く力をもっているところです。
      毎日の日常の悪いこと、反対にいいことからも離れて別のところへ一緒に行くことができる。
      それがとても好きですし、光栄なことだと思っているし、喜びだと感じている。
      あと、スピードのあるところも好きです」

ゆづ「ジョニーにとって、フィギュアスケートとは、スポーツですか?それともアートですか?」
ジョニー「両方です。もちろん芸術的な所も好きです。でもジャンプやスピンも好きです。
      でもやっぱり滑ることによって、自分の気持ちをお客様に伝えることが出来るというところが
      好きですね」

どちらかというと、芸術性を強く感じるジョニーですが、
結弦くんと同様の考えを持っていたのですね(^^)

ゆづ「憧れのヒーロー、またはなりたい人物像は?」
ジョニー「スケートを始めた頃のヒーローは、イリーナ・スルツカヤさんと、エフゲニー・プルシェンコさんでした。
      年を重ねて、今スケートへのモチベーションを与えてくれる若い選手は、
      エフゲニア・メドベージェワ選手と、羽生結弦選手です」

ジョニーもプル様に憧れていたとは!こんなところにも意外な共通点があったのですね。
自分の名前を挙げられて照れていましたけれど、年下の選手だけでなく、年上のスケーターからも
リスペクトされる存在になったことをうれしく思います(^^)

ゆづ「滑る曲は自分で選んでいますか?それとも誰かにインスピレーションを与えられて選んでいますか?」
ジョニー「全部自分で選んでいます。自分が世界に向けて見せる時には、主導権を握ってやっていきたい。
      というのは、第一印象を作るセカンドチャンスはないので、第一印象は大事だと思っています。
      音楽を選ぶプロセスは時間が掛かることがありますが、例えば車を運転していて、
      ラジオから流れる曲で、あ!これだ!と思うこともありますし、
      とにかく自分でいいなと思う曲を選んでいますが、やはり自分が心を込めて、
      心から演技が出来る音楽を選んでいれば、お客様もその気持ちを感じてくれることが出来るので、
      そうすることで、自分もスケートを楽しく感じることが出来る」

ゆづ「自分は、ジャンプも技術も、表現の中で大切なものと思っているのですけれど、
    ジョニーさんにとって、プログラムのジャンプとは?」
ジョニー「今でも全てのジャンプの練習はしています。人生は困難の連続だと思いますが、
      前の日よりもいい人、いいアスリートでいたいという気持ちを持っています。
      実際演技をする時は、プロなので、ショーとしてよいパフォーマンスをしたいので、
      選手の頃のように毎回4回転を跳ぶ必要もないが、昨日よりもよりいいものを出したいので、
      芸術性も大事だと思います。あと、お客様と感情を共有したいという気持ちでやっています。」

素晴らしいですね。昨日よりもよい自分でありたいと向上心を持ち続ける姿は、
スケーターのみならず、一般の人にとっても見習うべき姿勢だなと思いました。

実は私、結弦くんがシニアに上がる前は、ジョニーが好きだったのです。
シニアに上がってきた結弦くんを見た時、ジョニーと雰囲気が似ていたので、
日本にもこんな素敵なスケーターが出てきたのねと、だんだん好きになっていきました。
ファンの気持ちもしっかり「継承」しているのですよ!(^^)

 

◆無良くんに無茶振り(^^;)

今度は佐野さんを迎えての「テクニック講座」。
羽生選手のトリプルアクセルの特に優れた特長として、イーグルからのトリプルアクセルを挙げる。
会場のモニターにバラード第1番のイーグル→トリプルアクセル→イーグルが映し出されると、
結弦くんは「上手ですね~」と自画自賛(笑)

佐野さん「羽生くんは運動靴履いちゃっているので、代わりに無良くんに実演してもらいます。
回転数は問いませんので。4回転半でもいいですよ」
ゆづ「5回転半でもいいですよ」
と2人とも無茶ぶり(笑)

練習でも成功していなかったそうですが、実演では見事に成功させました!
無良くんは「チョー怖いよ」と言っていましたが、
結弦くんは、ずっとイーグルからアクセルの練習をしてきたそうです。
以前TVで佐野さんが解説していましたが、イーグルは骨盤が開いている状態なので、
そこからトリプルアクセルを跳ぶのはすごく難しいらしいです。
日々難しい練習を続けているからこそ、GOE+3を貰えるほどのアクセルを跳べるのですね

 

◆ツイッターからの質問コーナー

第2部では、平昌オリンピックについての質問コーナーがありました。
モニターがあるので、オリンピックでの感動の演技を鑑賞するのかと思ったのですが、
大人の事情で、映像は見せられないとのこと。会場は大ブーイング!
その代りと言って、演技を連続写真で見せる。スライドショーかっ!(^^;)

と、ここでジェフリー・バトルが登場。
何であんな難しいステップを作ったのかという質問を投げかける。
ジェフ:自分より上手なスケーターのお弟子はユヅルが初めてだったので、
     羽生結弦に挑戦するんだという気持ちで、ラッキーだなと思いながらやっています。
     ステップを作る時に大事なのは、まず一つは音楽を大事にすること、
     もう一つは、ルール、いかに得点を最大限取っていくかということを考えています。
     あとは、2人でどうやっていいものを作っていくか、協力しながら作っていきました。
ゆづ:彼の作るプログラムは本当に難しくて、これ僕、出来ないなと思いながらやっています。
    だからいつか僕のプログラムを彼にフルでやってもらいたいなと思っています(笑)

 

そして、ここからツイッターから寄せられた質問に答えていきます。

Q1:怪我をしてからの3か月間、大きな不安を抱えた中で、どのように心を保っていたのでしょうか?
ゆづ:頭が先行してネガティブな方向に引っ張られることはなかったです。
   でも足がやっぱり治らなくて、できなくて、心が不安になることはたくさんありました。
   ずっとずっとスケートの練習がうまくできなくて、『いつになったらジャンプ跳べるんだろう』
   っていう気持ちがありました。でも、不安は不安で抱えたまま、それを乗り越えるしかないので。
   僕は精神的にもそんなに強くないですし、でもその精神的な弱さを知っているので、
   それをいつもクリアしたいと思っていますね。
   あと、けがが多いし病気も多いので、その分勉強する時間や研究する時間が取れています。
   環境要因や自分の性格だとか家庭内要因がうまく作用してくれたと思います。

Q2:SPで振り付け変えた?
バラード第1番

ゆづ:僕の演技をよく見ている方は分かると思うのですが、実は振り付けって毎回違うんですね。
練習でも同じ振り付けってやったことがないんです。
そのとき出てきた感情、そのとき音楽を感じた感情が(振り付けに)出てきています。
知らない振り付けってできないです。色気っていうと僕は好きじゃないから違うけど、
音楽を心から感じているフィーリングがあの振り付けになったと思います。

司会:自分でもどの試合でどんな振り付けをしたのか、覚えているのですか?
ゆづ:覚えていますね。良かった演技は、その映像を繰り返し見るので、
その振り付けをしなきゃという感じにもなりますし、今回のSPの振り付けが好きだと言ってくれる方が
たくさんいるので、やらなきゃいけないのかなって(笑)

司会:やらなかった時はどういう気分なんでしょう?
ゆづ:多分ジャンプ失敗している時ですね(笑)
司会:じゃあこれをやっていただくためには、ジャンプノーミスしないといけないですね。
ゆづ:そうですね。ぜひ応援していただきたいですね。そこは(笑)

 

◆ビデオメッセージにうるっ

つながりスケーターとして、私はランビエールやハビエルも予想していたのですが、
出演が無くてちょっと残念に思っていました。特にランビ様の演技、観たかった~!
でもこのお二人からのビデオメッセージが届きました。
ちゃんとつながりを感じてくれていたのですね。
ハビちゃんの「ユヅを一番に思っている」というメッセージに、結弦くん、ちょっとうるってた?
「いや~泣きそうになりますね」と言ってましたが。よかったね(^^)

 

◆ゆづサプライズ演技!!

第2部のラスト、会場が一旦暗くなり、氷上が照らし出されると、
そこにツィゴイネルワイゼンの衣装を纏った結弦くんの姿が!
歓声とどよめきが入り混じって、会場は騒然となりました。
演技の前に、結弦くんから説明がありました。

「心配されているかと思いますが、オリンピックの後、3週間安静にしていて、結果としてオリンピックの前よりも足首はいい状態になり、ステップやスピンは痛みを感じることなく滑れるようになりました」

まだ跳べないジャンプもある(おそらく右足踏み切りのルッツ、フリップ、ループ)そうで、
ジャンプ抜きの演技となりましたが、
いや~まさか演技を見られるなんて思っていなかったので、感激しました+゚。*(*´∀`*)*。゚+

この日は、「ロシアより愛をこめて」、「ツィゴイネルワイゼン」と、
「バラード第1番」のサビの部分を披露してくれました。

羽生結弦サプライズ演技

「ロシアより愛をこめて」を滑り終えると、「もう既に疲れてるけど」と肩で息をしていましたが、
続けて「ツィゴイネルワイゼン」を披露。
壮絶ステップをこなし、フィニッシュポーズも決まる!
華麗なステップ

アイスショーでもこんなに続けざまに演技することってないですものね。
演技の合間に水も飲んでました。

ラストは「バラード第1番」のサビの部分から。
ゆづ「このプログラムをまさかこの衣装でやるとは思わなかったでしょう?(会場大爆笑)
   私も思ってなかったよ。
   約束するけど、絶対この衣装でこれから先バラード第1番をやることはないと思うので。
   しっかりと目に焼き付けてください。
   僕の大好きな曲、大好きなステップ、ジェフからいただいた大切なものです。
   どうぞ、ご覧ください」

ツィゴイネ&バラード
超・貴重なツィゴイネ衣装のバラ1!

貴重なものを見せていただきました!(^^)
もちろん会場はスタンディングオベーション!この日最高の盛り上がりでした!

怪我のことは承知しているけれど、やっぱりファンは結弦くんの演技が見たいということを
自身も十分に分かっていたでしょうからね。そんな私達の期待に応えてくれた。感謝です
やっと念願が叶いました。会場で生で見られて幸せでした

 

◆フィナーレ

夢のような時間もあっという間で、フィナーレを迎えました。
つながりスケーター達が次々登場し、ジャンプやスピンを披露。

最後に結弦くんが登場!

フィナーレ:ハイドロ
もう、レイバックイナバウアーやら、ハイドロやら、への字ポーズやら、レツクレのスライディングやら
あれもこれもやってくれました!

皆でご挨拶
つながりスケーターの皆さんと観客へご挨拶。皆さんの白衣装が眩しい(〃▽〃)

スケーター達が皆退場したあと、結弦くんが一人で観客の前に現われました。

ゆづご挨拶

結弦くんの終わりの挨拶です。

コンティニューズ・ウィズ・ウィングス初日、いかがでしたでしょうか?楽しかった?うれしいわ。そういう気持ち。本当にうれしいです。
僕もね本当に(会場からありがとう~の声)こちらこそありがとう。本当に本当に皆さんの前に立てて本当によかったです。そしてスケーターになれて本当によかった。ありがとうございました。
とりあえずこのショーはあと2日続きますけど、また今日は今日で全力で皆で演じました。あの、今日のプログラム、僕もやりましたけれども、次の日、また次の日と同じことをやるとは限らないので。本当に皆の心に残してくれたらなって思っています。ありがとうございました。
えっと最初の挨拶でも言わせていただきましたけど、本当に僕だけでなく、色々なアーティストの方、普通に社会に出ている方、会社に勤めている方もそうだと思うのですけど、何一つとして無駄なことってなくて、全てが人生に影響しているんだなって思います。それがこのショーで表現したかったことだし、もしこのショーが皆さんの人生にとって素敵な想い出だったり、ちょっとした笑顔になれる記憶だったり、そういったものになっていればなと、継承出来ているかなと思っています。
最後になりますが、こういう場を作ってくださり、そして運営の方はもちろんなんですけど、こうやってたくさん応援してくださる方がいなければ、こうやって自分のショーを自分の好きなようにやらせていただけることは出来なかったと思います。本当に今まで応援してくださりありがとうございました。そして僕たちはまだまだ続きます。これからももっともっと続いていきます。これからも色々なことを皆さんに継承していきたいと思っています。どうかこれからも応援よろしくお願いします。本当に最高の時間をありがとうございました。

そして観客との恒例の3,2,1「ありがとう!」のエール交換で幕を閉じました。

 「またいつか皆さんの前に立てることを楽しみにしています。本当にありがとうございました。」

 

◆オフィシャルガイドブック

オフィシャルガイドブック

下に敷いているタオルは、第○生命から貰ったプーさんタオルです。
(このブログでは何回か登場しておりますw)
本当はCWWのタオルとともに撮影したかったのですが(泣)

公式サイトでも中身が少し紹介されていますが、別のページをチラッと

ガイドブック中身

 

◆TV放送

CSテレ朝チャンネル2でContinues ~with Wings~の模様が放送されます。

◆番組ホームページContinues ~with Wings~ 羽生結弦 凱旋、そして感謝の公演|テレ朝チャンネル

生中継 4月15日(日) 午後1時(主音声:実況・解説あり、副音声:会場音のみ)

*5月に3日間の模様を一挙放送も決定しました!ブラボー!!

初日  :5月10日(木) 午後6:30
二日目:5月11日(金) 午後6:30
最終日:5月13日(日) 午後6:30
※会場音のみの放送です。

 

◆関連記事

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

 


ご訪問ありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

フィギュアスケート羽生結弦コンティニューズ・ウィズ・ウィングスContinues_~with_Wings~

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment