Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 北村薫 > 新妻千秋(覆面作家) > 【覆面作家の愛の歌】 北村薫

【覆面作家の愛の歌】 北村薫

 25, 2008

◆◇◆闘うお嬢様◆◇◆

新妻千秋(覆面作家)シリーズ2
短編集
角川書店 1995.9
  角川文庫 1998.5
  中央公論新社 2002.10

覆面作家の愛の歌 (角川文庫)
覆面作家の愛の歌 (角川文庫)北村 薫

おすすめ平均
stars皆さん、もっとこのシリーズにご注目を!!!(その2)
starsキャラクターの魅力よりも謎に重点
stars北村薫のお得意
starsほのぼのコンビ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

ペンネームは覆面作家―本名・新妻千秋。天国的美貌でミステリー界にデビューした新人作家の正体は、大富豪の御令嬢。しかも彼女は現実に起こる事件の謎までも鮮やかに解き明かす、もう一つの顔を持っていた! 春のお菓子、梅雨入り時のスナップ写真、そして新年のシェークスピア・・・・・・。三つの季節の、三つの事件に挑む、お嬢様探偵の名推理。人気絶頂の北村薫ワールド、<覆面作家>シリーズ、第二弾登場!
(角川文庫より)

■ヒロイン
 新妻千秋(ミステリー新人作家)

■感想
 覆面作家シリーズ第2弾。
 姓は「覆面」名は「作家」という妙なペンネームでミステリー作家としてデビューした千秋さん。お仕事の方はなかなか順調のようです。良介のいる『推理世界』のライバル誌『小説わるつ』の編集者・静美奈子が千秋さんの家に乗り込んできて、なんとか食い込もうとしてきたほどの人気ぶり。この静さんの押しの強さ、ちょっと苦手だなぁと思っていたら、その押しの強さあってか、なんと新レギュラーの座をGETしてしまいました。さらに彼女は意外なもの(?)もGETして・・・。

 しかし、「覆面先生」という呼び方はパペットマペットのような頭巾を連想してしまって、かなり怪しいですよね。

 「かなり、アブない人のようだ」

 ──これは良介の感想なのですが、元「覆面作家」の北村さん自身が書かれると笑ってしまいますね。

 本作は前作同様、3篇の短編集となっていますが、第2,3篇では凶悪犯罪を扱っていて、薄めの本ではあるもののさらりと「箸休めに」読む性質のものではなくなっています。しかし、凶悪犯にも怯まずに立ち向かう千秋さんが勇ましい。また、所々にユーモアも交えていて、重くなりすぎない演出が心憎いですね。
 そして、千秋さんと良介との関係にも変化が・・・!前作から感じていたのですが、良介って本当に千秋さんのことが好きなんですね。何気ない言葉のなかに良介の想いが伝わってくるのですよ。こんな風に大事に思われている千秋さん、幸せ者だなぁ。398

 覆面作家のお茶会】
 静さんの高校時代の親友は、ケーキ274好きが高じてケーキ屋さんの二代目と結婚した。彼女の天才的な才能にショックを受けて、義父は突然禅寺に籠もってしまった──。
 ここで行われたことは犯罪ではあるのですが、悪意もなく、周りの人の幸せのためならアリかなと思いました。

 覆面作家と溶ける男】
 千秋さん、誘拐犯に立ち向かう!勇ましいのですが、無茶しますよねぇ。お嬢様なのに。いや、世間知らずのお嬢様だからか。まあ、千秋さんの強さはよく知っておりますが(笑)
 ここでの誘拐犯のこだわりにはぞっとしますね。まあ若干こじつけな部分もありましたが・・・。

 【覆面作家の愛の歌】
 南条劇場の看板女優が殺された。彼女の元恋人で演出家の南条と彼女のフィアンセの中丸にはアリバイがあり、犯行は不可能だった?
 ここで使われたトリック213はかなりややこしくて理解するのに苦労しました(笑)ミステリーの要素以外にも、サスペンスあり、ラブあり、コメディありと多彩で楽しめます。千秋さんの大物ぶりとお茶目っぷりにも注目!392

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267267267

◆冷や汗度

404404404

◆満足度

★★★★★

■特におすすめ!

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:覆面作家

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?