FC2ブログ
毛髪再生

【MAZE[メイズ]】 恩田陸

Category神原恵弥
 2  1

◆◇◆巨大迷路で人間消失の謎◆◇◆

神原恵弥シリーズ1
長編
双葉社 2001.2
双葉文庫 2003.11

MAZE (双葉文庫)
MAZE (双葉文庫)恩田 陸

おすすめ平均
stars結構怖い
starsうーん…
starsじわじわ攻めてくる不気味が◎
stars迷路なのか、迷宮なのか?
stars半ばまでは最高。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

 ジアの西の果て、白い荒野に立つ矩形の建物。いったん中に入ると、戻ってこない人間が数多くいると伝えられている。その「人間消失のルール」とは?謎を解き明かすためにやってきた4人の男たちは、果たして真相を掴むことができるのか?異国の迷宮を舞台に描かれる、幻想的な長編ミステリー!
(双葉文庫より)

■テーマ
 巨大迷路

■感想
 初恩田陸作品です。人気作家でずっと気になっていたのですが、不思議な世界観を持った作品ですね。
 まず、荒野に立つ白い巨大な建物に入った人間が消失するという謎が提示されます。ミステリーなら始めに謎ありきだけれども、この場合、怪奇現象か伝説かというレベル。もしかしてまた外しちゃったかな~と思いました。しかし、ここで4人の男たちが調査にやってきます。でも、「なぜ消えるのか」「どういうメカニズムで消えるのか」を調べるためではなく、人間消失の法則を探し出すためだという。・・・なんとも奇妙な調査ですね。始めから胡散臭い雰囲気が漂っています。

 胡散臭いといえば、この物語の主人公の一人、神原恵弥(かんばらめぐみ)。眉目秀麗で頭脳明晰な男だけど、オネエ言葉を話すというかなーりインパクトの強い人物。なんとなく『薬屋探偵妖綺談』の総和さんを思い出してしまいました。う~ん、こういうタイプの男が流行りなのでしょうか??
 【クレオパトラの夢】と合わせて神原恵弥シリーズとなっているのですが、本作では、恵弥の友人であり、恵弥に依頼されて、『安楽椅子探偵』を引き受けることになった時枝満のほうが主役という感じがしますね。この時枝満は【象と耳鳴り】にも登場しているとか。

 そしてこの巨大な白い建物を恵弥たちは『豆腐』と呼んでいるのですが、その発想が面白いですね。随分大きな豆腐だなぁ。冷奴にしたら何人分あるかな?(笑)

 『安楽椅子探偵』の満はやがて人間消失の法則を見つけ出します。そして、『豆腐』の壁の成分に思い当たったとき、私も気付いてしまいました・・・ぞーっとしましたよ。399まあ、科学的にはつっこみどころも多々あるのですけどね。

 もうひとつ怖かったのが、女たちの声と無数の掌。222特にページをめくった瞬間に現れた文字!思わずドキッ327329としましたよ~。ここ読んだのが夜中でなくてよかった~。しかし、これじゃあホラーじゃないですか。一応落ちはあったのですが、それでもいまいち納得できなかったなぁ。

 さらに満が推理して、真相を暴くところはミステリーらしくてよかったと思います。でも最後のあれ、何だったのでしょう?結局のところファンタジックホラーだったのかな?

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267

◆冷や汗度

404404404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ!

  • 不思議大好きな方
  • 迷路が好きな方
  • スポンサーサイト

    最後までお読みいただきましてありがとうございました。
    下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
    応援よろしくお願いいたします。
    ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

    恩田陸

    2 Comments

    june  

    翠香さん、こんばんわ。
    これが初恩田作品だったのですね。
    確かにこれはミステリーのようなファンタジックホラーのような・・って感じです。
    恩田さんのミステリーは、謎解きよりも真実は一つではないとか、
    そんなところが描かれていたりするものが多いように思います。
    ラストがバタバタとしてしまうものもありますが、私は結構好きです。
    恩田さんのミステリーでは「ユージニア」が好きです。
    謎解き自体よりも、雰囲気が好きなんですけど。

    2008/06/19 (Thu) 23:13 | REPLY |   

    翠香  

    juneさんへ

    こんばんは~。コメントありがとうございます!
    juneさんはもう2年前に読まれているのですね。覚えていなくても無理ないですよ。私なんか半年前に読んだ本の内容も忘れていたりします(^^;)
    恵弥のお姉さんの声の恐怖は、絵本などによく見られる手法ですけど、文字だけの小説でこれをやるには、字数を計算しなければならないので、凄いな~と思いました。
    恩田さんの作品は、謎解き重視ではないのですね・・・。謎解き大好きなので、ちょっと好みから外れるかも・・・。とりあえず【クレオパトラの夢】は読んでみようと思います。

    2008/06/19 (Thu) 23:53 | REPLY |   

    コメント&トラックバックに関する注意

    コメントについて

    他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
    そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
    また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
    くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
    どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
    ナイショのコメントにしてくださいね。

    トラックバックについて

    言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
    言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
    当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
    それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
    トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

    なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
    記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
    また、コメント・トラックバックのルールについては、
    Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
    合わせてご一読ください。

    Post a comment

    1 Trackbacks

    Click to send a trackback(FC2 User)
    この記事へのトラックバック
    •  「MAZE(めいず)」恩田陸
    • MAZE(めいず) 宙の本棚の小葉さんの紹介です。これのシリーズ2作目の「クレオパトラの夢」が双子ものということで、双子つながりで紹介してくださいました(小葉さんは双子の姉妹のお母様なのです)。自分の子どもが双子ということを普段は忘れてますが、やはりそうい...
    • 2008.11.18 (Tue) 22:30 | 本のある生活