FC2ブログ
毛髪再生

【華の下にて】 内田康夫

Category浅見光彦
 4  0

◆◇◆百花繚乱の愛憎劇!◆◇◆

浅見光彦シリーズ70
長編
幻冬舎 1995.12
幻冬舎ノベルス 1997.4
  幻冬舎文庫 1999.8
  講談社文庫 2004.2
55TVドラマ化作品!(2004.1.5放送 主演:沢村一樹)

華の下にて (講談社文庫)
華の下にて (講談社文庫)内田 康夫

おすすめ平均
starsドラマよりも家元夫人が

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

 際生花シンポジウム開催中の京都で、雑誌記者が殺された。仕事を引き継いだ浅見光彦だが、目の前で第二の殺人が。五百年の伝統を持つ華道家元の封印された秘密とは。十五歳の娘・奈緒をめぐる後継争い、異端の天才華道家との確執も絡む華麗なる連続殺人に、浅見は挑む。記念すべき傑作長篇。第100作!
(講談社文庫より)

■テーマ
 華道

■舞台
 京都府京都市
 岐阜県大野郡荘川村
 鳥取県鳥取市

■ヒロイン
 丹野奈緒(15歳・丹正流家元の孫娘)

■感想
 この作品は、内田先生の著作100作目にあたります。といっても、その中に浅見光彦のミステリー紀行】(作品のウラ話と観光案内がミックスされたエッセイ集です)が計6冊含まれますので、厳密に小説のみでは94作目ということになります。そして、浅見光彦シリーズとしては、ちょうど70作目。そんな節目を飾るにふさわしい、華やかな254内容になっていると思います。

 その理由として、まず第一に、日本の伝統芸術・華道が題材になっていること。
 これまで、浅見光彦シリーズで日本の伝統芸術・芸能を題材にした作品は主に以下のものがあります。

 今回は、華道ということで、文字通り華やかな世界なのですが、華やかさの裏側では、家元の後継者をめぐって人々の愛憎が渦巻いていて・・・。
 また、舞台が京都というのも華道にふさわしい土地柄ですね。

 次に、女性がたくさん登場すること。
 場所が京都で、華道を題材にしているせいか、今回はたくさんの女性が登場します。特にヒロインの丹野奈緒は、魅力的に描かれていますね。まだ15歳ながら、次期家元と噂され、そんな自分が、異端派の牧原の作品に惹かれていることに気付いたり、父のスキャンダルに悩んだりと等身大の女の子がそこにいました。思い余って、浅見を頼ってプチ家出をしたところは可愛かったですね。それでも、自分が丹正流家元の娘であるという自覚を常に持っているところは立派だなぁと思いました。それに、本当に生け花が好きなんですね。平塚亭369の大福おばさんが活けた花をアレンジして、見事に作品として仕上げたのは、やはり好きだからこそでしょうね。
 そして、私が今回の裏ヒロインだと思うのが、家元夫人の丹野真実子。その存在感や影響力は絶大で、『女帝』の名にふさわしいと思いました。結局のところ、この女帝の意のままに事が運んだということでしょうか。

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267

◆冷や汗度

404404

◆満足度

★★★★

■特におすすめ!

  • 生け花をたしなむ方
  • 日本の伝統文化が好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

浅見光彦

4 Comments

すくね  

女性恐怖症になった作品ですよ(笑。

本当、「華」が多い作品ですよね。翠香さんの仰るとおり、女性が多いことによる華やかさに加えて、京都という舞台、華道という伝統芸能が合わさって、従来の内田作品にはない華やかさがあると思います。
ヒロインは等身大の女の子として描かれていたのが好感でした。「しまなみ幻想」のヒロインもそうでしたけど、内田先生は10代の女の子を描かせるとお上手ですよね~。
と言いつつ、私も裏ヒロインは、女帝・丹野真実子というのは、激しく同感です(苦笑。あの、内田作品らしからぬ壮絶なプロローグ、牧原、光彦との対決シーンといい、迫力もありますが、本当、女性の怖さといいますか、魔性を感じてしまいましたよ・・・。
ちなみに、私が本作を読んだのは、新人社員の頃だったと記憶しておりますが、しばらく女性恐怖症になりましたよ(笑。そう考えると、女性に慎重な性格になった原因のひとつは本作なのかもしれませんね(苦笑。

でも、本作のプロローグでの牧原氏ぐらいの行動力があれば、光彦坊ちゃまも人畜無害といわれなくても済みそうですね~。私もちょっと見習わないと(笑。

2008/07/22 (Tue) 00:31 | REPLY |   

翠香  

それはお気の毒に(笑)

すくねさん、こんばんは。
この作品は、華やかさだけではなく、『日本らしさ』を感じる作品でもありますね。家元制度は外国にはない、日本独自のものだという記述がありましたが、本当にそうだなと思いました。

新人社員の頃に女性恐怖症になったとは・・・!人生半分損しているような気がしますね(笑)
出会いの多い時期なのに・・・v-390

本作のプロローグは、特異なシチュエーションですからねぇ。でも、浅見があの状況に置かれたとしても、おそらく何もしなかっただろうなぁ。(^^;)

2008/07/23 (Wed) 22:48 | EDIT | REPLY |   

結衣  

やはり結末が……

久しぶりに浅見光彦が読みたくなって、
桜も咲いたことだし……と選んだのがこれでした。
翠香さんが『化生の海』を読まれるんでしたら、
もう少し待ってて、そちらを読めば良かった(・・;)

でもこれも良い作品ですね。
奈緒がけなげで、泣かされました。
真美子についても、みなさんの言われるとおり(^_^;)

そしてやはり結末が……。
『化生の海』で翠香さんが書かれていたのも、
多分同じ問題なんだろうと思いますが、
う~ん。この作品の場合も私は納得できません。
もちろんすべての真実が明るみに出たら、
傷つく人がいっぱいいる事はわかるのですけどね……。

けれど、その問題を別にすれば、このシリーズはいつも、
読後感が良いですね。
今回も読んで良かった(*_*)

2014/04/03 (Thu) 08:53 | REPLY |   

翠香  

結衣さんへ

華の下にて春死なむ・・・確かに今の季節にピッタリですね。
読んだのが6年も前なので、さすがに内容は忘れてしまったのですが、
自分のレビューや頂いたコメント等を見て、うっすらと思い出しました。
このシリーズではこういう結末になることが多くて、いつもこれでいいのか?と考えてしまいます。
おっしゃる通り、真相を白日の下に晒すことにより傷つく人がいることも分かるのですが、
被害者のことを考えると、浮かばれないなと思いますね。

私が読むのを待つことなく、じゃんじゃん読んでください。
100作以上ありますから。
私は文庫化されている作品は制覇したいな~と思っているのですが、
あと18作ぐらいあるのですよね(^^;)
とりあえず100作目を目指します!

2014/04/04 (Fri) 00:13 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment