【まどろみ消去―MISSING UNDER THE MISTLETOE】 森博嗣

◆◇◆ワンダーランドの森◆◇◆

森博嗣(シリーズ外)
短編集
講談社ノベルス 1997.7
  講談社文庫 2000.7

まどろみ消去―MISSING UNDER THE MISTLETOE (講談社文庫)
まどろみ消去―MISSING UNDER THE MISTLETOE (講談社文庫)森 博嗣

おすすめ平均
stars短編集は文系・・・
starsキシマ先生を心にとめて
stars気楽に・・・
stars文体にハァハァ
stars短編集

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

学のミステリィ研究会が「ミステリィツアー」を企画した。参加者は、屋上で踊る三十人のインディアンを目撃する。現場に行ってみると、そこには誰もいなかった。屋上への出入り口に立てられた見張りは、何も見なかったと証言するが・・・・・・。(「誰もいなくなった」)ほか美しく洗練され、時に冷徹な11の短編集。
(講談社文庫より)

■感想
 森博嗣氏初の短編集で、11の短編が収められています。S&Mシリーズでおなじみの西之園萌絵と犀川創平が登場する作品もありますが、分類としてはシリーズ外ということになりますね。
 なんだか不思議な世界へ迷い込んでしまった、という印象です。まさに表題にある『まどろみ』のように、まどろんで夢かうつつか判然としないような話が綴られています。森博嗣作品は『理系ミステリ』と称されておりますが、今回は違ったテイストの作品集といえそうです。

 【虚空の黙祷者】 いきなりぞくりとくるようなお話。2人の心理戦が凄い。でも、なぜ彼女がそういう決断をしたのかがどうも理解できないのですよね・・・。
 【純白の女】 散文詩を読んでいるような感覚。ドラマに出来そうなお話ではあるけれど、映像化は難しいかな。
 【彼女の迷宮】 ガラッと雰囲気が変わって、今度は刑事モノ。しかも辣腕女刑事の登場!なんか面白そう、とワクワクしていたら、作中作のお話でした~。390京野サキのお話も読んでみたいなぁ(もちろん目茶苦茶な話でないもので) 一方、朝倉サキは寂しい女性だったのですね・・・。
 【真夜中の悲鳴】 大学院生の実験という、最も理系らしい作品。登場人物も前3作と違い、まともな感じでほっとします。初めオチが分からなかったのですが、他の方の感想を読んでようやく分かりましたf(^^;) 5年の間に『状況』が変わったのですね。
 【やさしい恋人へ僕から】 これは、ミスリードさせようという意図が見え見えで私はあまり好きではありません。オチもなーんだ、という感じですね。
 【ミステリィ対戦の前夜】 西之園萌絵が登場。でも、何か性格悪くない?彼女、こんなだったかな?と思っていたら、そういうことですか~。
 【誰もいなくなった】 犀川と萌絵がそろって登場する唯一の作品。そして、唯一ミステリーと呼べる作品ですね。ここで、森センセイらしいというか、ちょっと笑っちゃう表現が

西之園萌絵は、両手を顔の横で広げてみせた。人類は十進法を採用しました、というジェスチャではない。
・・・って、そんなこと思うのは、森センセイしかいません(^^;)
 【何をするためにきたのか】 奇妙な登場人物が次々と現れるが、それは主人公にとって意味のある人々のようで。物語終盤は全く意味不明・・・。魔物が現れたり、呪文をとなえると体から毒が消え、元通り元気になったり・・・これってRPG?
 【悩める刑事】 これもミスリードを狙ったもの。確かに読み直してみても矛盾はありませんでしたが・・・。ええ、しっかり騙されましたよ。でもちゃんと見破っている方もいるのですねぇ。私はまだまだ修行が足りませぬ。
 【心の法則】 このお話、最後まで訳が分かりませんでした。途中で人が入れ替わるのですが、彼は誰なのか?オチはどういう意味なのか・・・?
 【キシマ先生の静かな生活】 ここではコンピュータ用語216がバリバリ出てきます。しかも旧時代の・・・。変わり者の研究者のキシマ先生、偉くならないほうがよかったのかな・・・。ラストがちょっと悲しい。409

 

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267

◆冷や汗度

404404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ!

  • S&Mシリーズの作品をいくつか読んでいる方
  • 『世にも奇妙な物語』のテイストが好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Category: 森博嗣
Published on: Sat,  26 2008 23:33
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

森博嗣 西之園萌絵

2 Comments

のぽねこ  

No title

あらためて、こちらの記事も拝見させていただきました。先日の『黒猫の三角』に差し上げたコメントではこちらの記事に気付いておらず、失礼しました。
十進法のところ、良かったですよね。忘れられない表現です(笑)
「何をするためにきたのか」は、私もRPGを連想しながら読みました。
シリーズものの長編も面白いですが、短編集も、森さんのいろんなエッセンスにふれられて良いですよね。

2009/08/15 (Sat) 17:26 | EDIT | REPLY |   

翠香  

のぽねこさんへ

こちらの記事にもコメントいただきましてありがとうございます(^^)
サイドバーのカテゴリ分けだとノンシリーズが埋もれてしまって、分かり辛いですよね。
楽天ブログのようなインデックスページの機能がないので、自前で作ろうかと思っています。

十進法、思わず吹き出しちゃいました(笑)森センセイらしい表現ですよね。
【何をするためにきたのか】は、ドラクエの世界でしたね~。ホイミ、ベホイミだったっけ?

シリーズの長編と違って、不思議な世界観のある短編集でしたね☆

2009/08/15 (Sat) 22:26 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment