毛髪再生

【夏期限定トロピカルパフェ事件】 米澤穂信

Category小鳩常悟朗(小市民)
 6  1

◆◇◆スイートでビターな夏の思い出◆◇◆

小鳩常悟朗(小市民)シリーズ2
長編
創元推理文庫 2006.4

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)
夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)米澤 穂信

おすすめ平均
starsミステリ傑作だけど、ラストが辛すぎる作品
stars犯罪は、お菓子じゃないよ
starsパワーアップ
stars仕組まれた苦さ
stars小市民

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては断固として回避の立場を取るべし。賢しらに名探偵を気取るなどもってのほか。諦念と儀礼的無関心を心の中で育んで、そしていつか掴むんだ、あの小市民の星を! そんな高校二年生・小鳩君の、この夏の運命を左右するのは<小佐内スイーツセレクション・夏>!? 待望のシリーズ第二弾。
(創元推理文庫より)

■感想
  夏まで寝かせておいた本作、お待ちかね♪の登場です。相変わらず、おいしそうなタイトルとかわいらしい表紙に似合わず、ビターテイストなお話となっています。【春期限定いちごタルト事件】よりも、さらにビター風味が増したようですね。小鳩くんがパフェを食べられなくなってしまうほどの、苦~い夏の思い出となりました。前作でも『狼』の片鱗を覗かせていた小佐内さんでしたが、本作ではついに本性を現してしまいます。さすがにここまでやってしまうと犯罪ですよ・・・。

 2人は『小市民』を目指すという、スローガンを掲げておきながら、心は全く逆の方向へ動いてしまっています。ついに小市民』コンビ解消?というところで話は終わっているのですが、続編があるということなので、秋にはコンビ復活となるのでしょうか?

 本作は、長編の形式を取っていますが、各章が独立した短編と見ることもできるので、各章について、少し触れておきます。

 【序章 まるで綿菓子のよう】 高校2年生になった小鳩くん。近所の夜祭の中をぶらぶら歩いていると、突然狐に襟首をつかまれた! 小佐内さんの性格が垣間見えましたね。相手が小鳩くんでも容赦しないのですね(^^;)
 【第一章 シャルロットだけはぼくのもの】 「小佐内さんに手を出す」って、まさか小鳩くんが?・・・と思ったら、手を出したのは「小佐内さんのシャルロット」239(笑) シャルロットが絶品だったので、もう一つ食べたい。でもそれは小佐内さんの分。どうしたら自分が一つ多く食べたことがバレずに済むか?・・・こんなことを真剣に考えている小鳩くんがおかしかった。さて小佐内さんは、小鳩くんの『犯行』を見破ることが出来たでしょうか?
 【第二章 シェイク・ハーフ】 ここでの暗号解読は出来ました。しかし、小佐内さんって神出鬼没ですよねぇ。ところで、「メリーさん」って何でしょう??
 【第三章 激辛大盛】 いつも小佐内さんのスイーツめぐりにつき合わされている小鳩くん。今度は健吾に誘われて、というか強制的に呼び出されての『タンメン激辛大盛』373。うーん、落差あり過ぎ(笑) ここでは推理はないですが、後の伏線になる話があります。
 【第四章 おいで、キャンディーをあげる】 大事件発生!なんと小佐内さんが何者かに誘拐されてしまいます。そんな折、小鳩くんの元へ小佐内さんからメールが!108文面はスイーツのお使いを頼むものでしたが、これは小鳩くんだけが分かるSOSメールであることに気付き、健吾の助けを借りて、小佐内さん救出に向かいます。しかし、小佐内さんの行動には腑に落ちない点がいくつかあって・・・。
 【終章 スイート・メモリー】 小佐内さん誘拐事件の真相が明らかになります。小佐内さんとのスイーツ行脚は、小鳩くんにとって、甘くて苦い夏の思い出になってしまいました。390

 ところで、<小佐内スイーツセレクション・夏>美味しそうでしたね~♪小鳩くんの替わりに私が一緒にスイーツめぐりをしたい!でも、小佐内さんのお使いだけは勘弁して欲しいなぁ(笑)

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267

◆冷や汗度

404404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ!

  • 甘いものがお好きな方!!
  • ミステリー小説初心者116
  • 推理小説は血生臭いのがちょっと苦手・・・404という方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

米澤穂信小市民

6 Comments

藍色  

NoTitle

こんばんは。
おいしそうなスイーツいっぱいの短編集でした。
でもラスト、すごいことになりましたね。
小佐内さん、そこまでする人だったなんて、でした。
(シャルロットをホールで食べたことも含みます、p58笑)。
首を長~くして次を楽しみにしています(笑)。

2008/07/30 (Wed) 01:56 | REPLY |   

翠香  

小佐内さん恐るべし!

藍色さん、こんばんは。
確かに、小柄な小佐内さんがケーキをホールで食べてしまうなんて、びっくりw(@。@;)wですよね~。
しかし、このままいくと小佐内さんの『狼』度がエスカレートしそうで、心配です。
やっぱり小鳩くんの存在は必要ですよね。
マロングラッセ事件、楽しみですね♪

2008/07/30 (Wed) 22:22 | REPLY |   

きっし~  

夢はでっかく小市民・・・

 コメント時期が非常にあれですが・・・「小市民シリーズ」欠かさず読んでます。もちろん「秋期」も。

 「春期」にくらべて事件が大きくなっていたのが(事件に大きいも小さいもありませんけど・・・)印象的でした。マンガ化もするらしいのでマンガ好きの私としてはぜひ読んでみたいです。

 「秋期」は上下二冊の大作ですが、すごく楽しく読めました。ちなみに自分のブログでも紹介してます。

2009/08/27 (Thu) 14:14 | REPLY |   

翠香  

きっし~さんへ

これは小佐内さんの執念深さに恐れをなしましたね。
「春期」の方は既にマンガ化されているようですが、本作もマンガ化されたのですか?
小鳩くんが可愛すぎてイメージとちょっと違うのですけど(笑)

「秋期」は秋になったら読もうと思って保留していたのです。
ファン待望のシリーズだったようで、本屋さんでも上下巻揃って置いてなかったりするんですよね~。
読むのはちょっと先になると思いますが、読み終わったらきっし~さんのブログに寄らせていただきますね!

2009/08/28 (Fri) 00:17 | EDIT | REPLY |   

きっし~  

「春期」マンガ、読まれてましたか

「夏期」のマンガは・・・そうでしねぇ、Gファンタジーのサイトをチラチラ見ながら何らかの情報を待っているのですが、まだみたいです・・・

 僕としては小鳩君のビジュアルはアリですけど・・・まぁ好みの問題ですけどね。

 >読むのはちょっと先になると思いますが、読み終わったらきっし~さんのブログに寄らせていただきますね!

 ぜひぜひ!でもこちらのサイトのような凝ったものではありませんので、ご了承をww

 というかすごくステキなサイトですよね!探偵シリーズのカテゴリーとかもすごくわかりやすいです。アナログ人間のワタクシにはできない芸当です(笑)

 ではでは、アクセスお待ちしてます

2009/08/28 (Fri) 00:41 | REPLY |   

翠香  

きっし~さんへ

いえ、「春期」のマンガ版は読んでいないのです。
表紙の写真を観ただけで(^^;)
小説が原作のマンガはキャラのイメージが固定されてしまうので、ほとんど読んでいません。
でも最近、ミステリー原作マンガが急速に増えましたよね。さすがマンガ大国だ~。
気に入ったビジュアルのミステリーマンガがあったら読んでみようかな。

確かに探偵名でカテゴライズしているブログはあまり見かけないですね。
シリーズものに関しては記事が探しやすいと思うのですが、ノンシリーズが埋もれてしまうという欠点もあって・・・。
別途インデックスページを作ることを検討しています。

2009/08/28 (Fri) 23:27 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment