毛髪再生

【ブラジル蝶の謎】 有栖川有栖

Category火村英生(作家アリス)
 4  0

◆◇◆蝶と携帯電話とミステリー◆◇◆

火村英生シリーズ6
短編集
講談社ノベルス 1996.5
講談社文庫 1999.5

ブラジル蝶の謎 (講談社文庫)
ブラジル蝶の謎 (講談社文庫)有栖川 有栖

おすすめ平均
starsネタバレあり。
stars読後の明るさ
starsトリックに無理はなく、完成度は高いと思うが......
stars気軽に読めるが、、
starsアイディアひとつ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

しい異国の蝶が天井を埋めた部屋で殺害されていた男。何のために蝶の標本が天井に移されたのか。鮮烈なイメージの表題作ほか、小指ほどの小さな鍵の本当の用途が秘書殺しの謎を解く『鍵』など、おなじみ有栖川・火村コンビの名推理が冴えわたる傑作ミステリー全六篇。読者待望の<国名シリーズ>第三弾!
(講談社文庫より)

■感想
 国名シリーズ第3弾。久しぶりの火村シリーズです。相変わらず火村とアリスの呼吸は絶妙なのですが、短編集なので、あっさり解決、トリックもイマイチな感あり。このシリーズは長編の方が読み応えがあって面白いのですよね~。火村のいわくありげな過去も、今回は窺い知ることはできませんでした。
 短編はそれぞれ独立したお話になっていますので、どこから読んでも(あまり途中から読む人はいないと思いますが・・・)、前作を読んでいなくても大丈夫です。

 【ブラジル蝶の謎】 表題作ですが、実はこれ、短編をまとめて国名シリーズ第3作を、という話が出てからあわてて書いたものらしいです。
 犯行現場の天井に留められていた、たくさんの蝶。蝶この蝶の小細工がトリックを解く鍵となりそうです。しかし随分手の込んだことをしましたねぇ。

 【妄想日記】 被害者が遺した創作文字がページ一面に載っていたので、これは暗号モノかな?と思ったのですが・・・とんだ肩透かしでしたね。390しかし、ここで古典文学や怪談が出てくるとは意外でした。

 【彼女か彼か】 タイトルから東野圭吾氏の作品を彷彿とさせましたが、中身はちょっと?違いまして、オネエの蘭ちゃんの名推理というところですかねぇ。

 【鍵】 人物関係から犯人も動機も予想できました。火村の言うとおり、鍵の正体が分かれば事件の全容が分かりますが、想像するしかなく、しかも現代ではまず想像つかないと思います。もう一ひねり欲しかったなぁ。

 【人喰いの滝】 犯人はすぐ分かります。問題はどんなトリックを使ったかですね。このトリック、北村薫氏からお褒めに預かったそうで。
 (ちょっとネタバレの内容に触れます。未読の方はこのをクリックして、回避してね。)

 

 

 

 北村氏は、「エルンストのシュールな絵のよう」とおっしゃったそうです。確かに白い雪の上に黒い長靴が点々と置かれているのは、奇妙な光景ですね。しかし、誰かに目撃されてしまう危険性をはらんでいるトリックなんですよね。
 白い雪の上に黒い長靴では目立ちすぎるのです。白い長靴だったら遠目には雪に紛れて分かりにくいかも。

 


 【蝶々がはばたく】 この作品は、殺人事件も発生せず、フィールドワークを常とする火村が安楽椅子探偵となって謎を解くという、異色作。短編の最初と最後で蝶を使う意図は読めました。
 この作品が書かれたのは1995年の初めなのですが、アリスはすでに携帯電話214を持っているのですよね。意外と新し物好きなのかも?

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267267

◆冷や汗度

404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ! 

  • 火村シリーズが好きな方
  • 手軽に読める本をお探しの方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

有栖川有栖火村英生

4 Comments

のぽねこ  

ご無沙汰しております

「蝶々がはばたく」は、有栖川さんの短編の中でもっとも好きな一編です。いわゆる、足跡のない密室ものは好きなジャンルなので(主に雪がからむので、なんとなく幻想的できれいで)、「人喰いの滝」も楽しんだのを覚えています。
「鍵」は…「えっ?」となりますよね…。
TBもさせていただきました。

2008/08/24 (Sun) 08:02 | EDIT | REPLY |   

翠香  

のぽねこさん、お久しぶりです!

実は、のぽねこさんのブログにTBを何度か試みたのですが、失敗しまして・・・。v-390なんでだろう?? のぽねこさんのTBも届いていないようですので、再度送ってみて下さい。

【鍵】は、いつの時代の話?って感じですよね・・・。
雪の足跡といえば、前作の【スウェーデン館の謎】もそうでしたよね。【人喰いの滝】のアレは奇妙な光景ですよね~。

2008/08/24 (Sun) 15:14 | REPLY |   

のぽねこ  

こんにちは

先日は、こちらのブログにもコメントくださり、ありがとうございました。
その後、あらためてTBを試してみたのですが、どうも失敗してしまうようですね…。
楽天からは、はてなにもうまくTBできませんし、なにかシステム上の問題かもしれないですね…。
それでは、失礼します。

2008/08/27 (Wed) 19:33 | EDIT | REPLY |   

翠香  

TBってやつは・・・。

のぽねこさん、ご丁寧にお知らせありがとうございます。
TBって気まぐれなのか、上手くいったり、失敗したりなんですよね~。楽天ブログとは相性悪くないはずなのに・・・う~ん。
まあ、あまり気にせずいきましょう。またぜひ遊びに来てくださいね~♪

2008/08/27 (Wed) 22:48 | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment