【イニシエーション・ラブ】 乾くるみ

author photo

By翠香

◆◇◆君が嘘をついた◆◇◆

乾くるみ(シリーズ外)
長編
原書房 2004.3
  文春文庫 2007.4

イニシエーション・ラブ (文春文庫 い 66-1)
イニシエーション・ラブ (文春文庫 い 66-1)乾 くるみ

おすすめ平均
stars全く気づきませんでした
stars王道にはなり得ないけど。。
stars☆初めて読み返した小説
stars途中で気付きます。。。
starsヒントもネタバレのうち

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて・・・・・・。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説──と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。
(文春文庫より)

■テーマ
 約20年前の時代背景
 遠距離恋愛

■感想
 ずっと前から気になっていた作品。「必ず二回読みたくなる」の謳い文句、でも見た目は普通の恋愛小説という話も聞いていて、いったいどんな話なんだろう??と興味津々で読み始めました。

 時代背景は、今から約20年前。バブリーな時代。でもまだみんな携帯電話214なんか持ってなかった。友達の家に電話すると、家の人が出たりして緊張したり──。うん、わかるわかる。確かにちょっと甘酸っぱい恋愛小説のようで・・・。本当にミステリーなんだろうかと少々不安に・・・。
 しかし、「騙された~」という話もたくさん聞いていたので、かなり疑ってかかって読んでいたせいか、なんとなく違和感を感じていました。そして、違和感はside-Bに入るとさらに増幅。明らかにおかしいところもちらほら。あらすじには、「最後から二行目で全く違った物語に」とあるのですが、それより前、最終ページ(正確にはラスト14行)から「ちょっと待った~!」222356って感じになります。そしてラスト2行を読んだとき、一瞬、「な~んだ、そういうオチか」と思ったのですが、その直後、鳥肌が・・・。ずっと感じていた違和感の理由が分かったのです!変な汗かいてきましたよ~。404読み終わった後、いろいろなシーンを思い起こすと、あれはそういうことだったのか~と気付いたこともあって、またしても背筋が寒くなりました。うわっ怖っ!!399なるほど確認作業のため、2回読むこと必至です

 これは新しいタイプのミステリーといえそうですね。見た目はごく普通の恋愛小説なので、謎の提示が全くないようですが、実は私が感じたような「違和感」が『謎』になっているのですね。ラスト2行で謎は解かれ、読み返すことが解答になりそうです。

 この作品、いろいろな方のレビューを見るとかなり評価が分かれているのですね。低めの評価をした方の多くは、途中で仕掛けに気付いてしまったようです。確かに、分かってしまうと面白さは激減してしまうでしょうね。うまく騙されることもミステリーを楽しむ秘訣のようです(笑)反対に、読み終わっても全くからくりに気付かないという人も・・・。巻末には『再読のお供』が付いておりますが、それでも自信がない方は、メモ295をとりながら読まれることをおすすめします。

 それにしても、この作品、映像化は絶対出来ませんね(笑)

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267

◆冷や汗度

404404404404404

◆満足度

★★★★

■特におすすめ!

  • 恋愛小説が好きな方
  • バブル時代の記憶がある方(笑)

■参考

 レビュー&感想、参考になりました~。411

 活字中毒日記:イニシエーション・ラブ 乾くるみ キアの1日1冊書評

※※※ 注意! ※※※
 
記事本文では、極力ネタバレしないよう、書いておりますが、以下のコメントでは、一部ネタバレの箇所があります。この作品を未読の方は、コメントは読まないでください。(読んでも責任とれません)
 余計な情報がないほうがより衝撃が大きいはずです。読み終わった後、その衝撃を語りあいましょう!

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Comments 13

すくね  

女性恐怖症悪化です(笑。

先程まで、東京から戻りの新幹線で読ませていただきましたが、上の翠香さんのレビューの意味がよく分かりましたよ・・・(汗。

ネタバレにならないようにコメントをするのも大変ですが、読み終わった直後は、「あ~。『別人』だったんだ・・・。」という感想ぐらいだったのですが、1分ぐらいたってから、「・・・ってことは、あのシーンは??」とかいろいろ考えてみると、本当変な汗が出てきますよね(苦笑。

・・・考えてみると、翠香さんのレビューを携帯で見た直後に東京駅の本屋で、この本を見かけたのも縁ですね。本当、作者の思惑にはめられてしまいましたー。
 ただ、『女性恐怖症』悪化は間違いないですよ(苦笑。本当、怖い怖い・・・(汗。

正直Side-Aを読み終わった直後は、こんな青春恋愛小説は、私が読むような話じゃないな~と思っていたんですけど、こういう仕掛けだったとは!!今度、東京に行くときにでも再読決定です・・・。今度はいろいろ検証しながら読むことになるでしょうが、読後のインパクトは、私的にはここ数年ではナンバー1です。

・・・それにしても、今、考えるとSide-Aでイブのホテルが空いていた理由って、Side-Bのあれですよね??このシーンが一番怖いような・・・。
再読のときには、怖いな~と思いながら読むことになりそうですが(苦笑、面白い本のご紹介ありがとうございました!

2008/09/03 (Wed) 22:20 | EDIT | REPLY |   

翠香  

久々の鳥肌ものでした!

おお、すくねさんもこの作品、読んだのですね~。私なんか、もっとボケてて、別れた女のことをぼーっと考えていて、名前を間違えられているのも気付かないなんて、たっくんもマヌケだな~とか思いましたもの。マヌケは私だった!(笑)

前評判は色々聞いていたものの、見かけは甘ったるい恋愛小説ですからねぇ。私も恋愛小説はほとんど読まないので(笑)部屋の本棚に「xx殺人事件」だの「xxの殺人」だのといったタイトルがずら~っと並んでいるのを見ると、物騒だな~と思うこともありますが(笑)

ホテルの件、怖いですよね~!「あー、じゃあ、どこかで今日、失恋したカップルがいたってことね」と、しらっと言ってのけたマユちゃん、怖い・・・。そのカップルに感謝している場合じゃないですよ、たっくん!

女性恐怖症悪化ですか?う~ん、それは困った(笑) まあ、こんな女性ばかりじゃないですから・・・。でもマユちゃんとはお友達になりたくないな~

2008/09/03 (Wed) 23:43 | EDIT | REPLY |   

すくね  

コメントでネタバレしてましたか・・・

あまりネタバレしないように書いたつもりでしたけど、確かに一部ネタバレしていますね。ご配慮いただきまして申し訳ないです。

ちょっと私も、ネタバレなしで感想を書いてみましたので、拙文ですがTBさせていただきます。上手くいってなかったら申し訳ないです。

翠香さんのほうでネタバレしていると書いてくれているのでちょっとだけ書きますが、翠香さんから見ても、マユちゃんは怖い・・・ということですか!何も知らない「タックン」には同情してしまいますね(苦笑。まあ、マユちゃんのほうが一枚上手ということですね。本当、女性恐怖症になったらどうするかな(笑。でも、それくらいのインパクトはあります!間違いなく傑作だと思いますよ。

2008/09/04 (Thu) 22:13 | EDIT | REPLY |   

翠香  

私ももっと語りたかったんです(笑)

すくねさんもこの作品の紹介記事をアップしたのですね~。TBも上手くいってますね。こちらから送ったのは失敗したのですけど・・・。

これ、ネタバレしないで書くのが難しいのですよ。私のレビューも、未読の方には意味不明ですよね(苦笑) 読む前に他の方のレビューをいくつか読んでみたのですが、皆さん多くを語らずだったのです。なるほど言いたくても言えないワケですね。

>マユちゃんのほうが一枚上手ということですね。
思えばマユちゃんのしたたかなところは、合コンでおとなしそうで恋愛経験のなさそうな彼に目をつけたところですかね。自分好みの男性になるよう、手懐けられるし・・・。さらに恐怖をあおってどうする(笑)

2008/09/04 (Thu) 23:58 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/09/08 (Mon) 23:58 | EDIT | REPLY |   

キア  

イニシエーション・ラブ

こんにちは。はじめまして。
「イニシエーション・ラブ」、私も2回読みました!!
 確かに、映像化は絶対不可能ですね。

2008/10/04 (Sat) 22:06 | EDIT | REPLY |   

翠香  

ご訪問ありがとうございます!

キアさん、はじめまして。
といっても、キアさんのことは前から存じ上げておりました。BlogPeopleなどで時々お見かけしますし。すごい読書家なんですね~。キアさんのほうからコメントいただけるなんて、感激です(*^^*)

>確かに、映像化は絶対不可能ですね。
そうですよね。思えば衝撃作であるほど映像化は不可能なような・・・。綾辻行人さんの『十角館の殺人』とか。

またぜひ遊びに来てくださいね。これからもよろしくお願いしま~す!

2008/10/05 (Sun) 23:11 | EDIT | REPLY |   

キア  

最近はじめたedita経由でご訪問させていただきましたー。
また遊びにきます。

あと、「葉桜の季節に君を想うということ」も映像化不可能ですねー。
「アヒルと鴨のコインロッカー」も絶対映像化不可能だと思ったてたのに、映画になっちゃってびっくりです。(映画はまだ見てないんですけど。)

2008/10/06 (Mon) 00:27 | EDIT | REPLY |   

翠香  

参考になります(^^)

キアさん、こんばんは。
editaも始められたのですね~。今度読者登録させていただきますね♪

歌野晶午さんと伊坂幸太郎さんの作品はまだ未読なのですが(すみません。勉強不足でe-330)、なるほど興味ありますね~。友人が伊坂さんのファンで、薦められていたので、ちょうど読もうかな~と思っていたところなんです。
まあぼちぼちと読んでいこうと思います(笑)

2008/10/07 (Tue) 00:04 | EDIT | REPLY |   

のんちゃん  

僕もこの本にはびっくりしました。すごい発想ですよね。

それとやはり、「葉桜の季節に君を想うということ」が僕の中では叙述ミステリーとしては傑作だと思いました。

2008/10/21 (Tue) 18:46 | EDIT | REPLY |   

翠香  

紅葉の季節だけど・・・。

のんちゃんさん、こんばんは。
早速のコメント、ありがとうございます!

やはりこれ、衝撃作ですよね。内容はありふれた恋愛ものですが、読み終わった後にじわじわときますよね~。

「葉桜の季節に~」はお2人に薦められては読むしかないですね(笑)実は先日bookoffでゲットしてきたのですよ(100円でw)。しかし思いっきり季節外れですね(^^;)

2008/10/22 (Wed) 00:03 | EDIT | REPLY |   

あかね  

はじめまして☆

初めまして♪viviandpianoさんのbloglinkから遊びにこさせていただきました♪あかねと申します。

「イニシエーション・ラブ」
以前読んで、コロっと騙されてしまったタイプの私ですが・・・
読み終えて、同じく鳥肌でしたっ!(すぐ読み返しましたもん)

同じ女としても、その恐ろしさを実感したというか・・・気持ち悪くなったほど・・・(涙)私の男友達はこの本を読んで「なーんだ」くらいにしか感じてなかったようなので、男性にこそ、この本の「恐い」部分をわかってほしいのに~!と地団太を踏んだ思い出(笑)

ミステリ好きなくせに、いつも騙されて終わっちゃう自分が「甘すぎる~」っても思っていたのですが、
うまく騙されることもミステリーを楽しむ秘訣・・・と翠香さんが書いてらっしゃったので、少し気持ちが楽になりました♪

そんな甘々なミステリ好きの読者ですがblogやっているので、良かったら遊びに来てくださいっ。

乾先生の「リピート」も面白かったです♪

ではまた、遊びにきます。&翠香さんの「探偵X」挑戦記事も楽しみにしています♪

2009/10/09 (Fri) 12:51 | EDIT | REPLY |   

翠香  

あかねさんへ

はじめまして~♪ご訪問ありがとうございます(^^)
実は私もviviandpianoさんのリンクからあかねさんのブログを訪問しようとしたことがあったのですが、
アドレスが変わっていたのですね。
ぜひこちらからも遊びに寄らせていただきますね。これからもよろしくです♪

イニシエーション・ラブは、「やっぱり女は怖い」と思うのか、男性のほうが衝撃をうけているようですが、
「別に~」(エリカ様?)という感じの男性もいるのですね。
そのお友達は途中で気付いちゃったのかな?
犯人当てだったら当たったほうがうれしいけど、この手のものは途中で分かっちゃうとつまらなくなってしまうのですよね。(私は分からなかったけどw)
だから騙されてもいいのです。思いっきり騙されましょう!(笑)
「リピート」も買ってあるんですよ(積読^^;) 読まなくっちゃ。

「探偵X」は自分のヘッポコ推理を披露するのも恥ずかしいんですよね~(汗)
中にはすんごい人いますよね~!プロ?みたいな(笑)
今回の推理はいい線行ってると思うのだけど・・・とかいって以前森江春策では撃沈したし(^_^;)
締め切りまでまだ間があるのでお互い頑張りましょうね!

2009/10/09 (Fri) 23:58 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
INDEX (13)
このブログについて (4)
内田康夫 (99)
浅見光彦 (91)
岡部和雄 (3)
竹村岩男(信濃のコロンボ) (3)
愛川晶 (1)
相沢沙呼 (2)
酉乃初 (2)
蒼井上鷹 (1)
赤川次郎 (7)
三毛猫ホームズ (4)
三姉妹探偵団 (1)
芦辺拓 (1)
森江春策 (1)
我孫子武丸 (1)
速水三兄弟 (1)
天野頌子 (1)
陰陽屋シリーズ (1)
綾辻行人 (8)
島田潔(館シリーズ) (6)
有栖川有栖 (22)
火村英生(作家アリス) (18)
江神二郎(学生アリス) (3)
泡坂妻夫 (1)
伊坂幸太郎 (5)
石持浅海 (6)
碓氷優佳 (3)
座間味くんシリーズ (1)
乾くるみ (8)
カラット探偵事務所の事件簿 (1)
井上夢人 (2)
今邑彩 (4)
上田早夕里 (2)
パティシエシリーズ (2)
歌野晶午 (5)
信濃譲二(家シリーズ) (2)
大倉崇裕 (3)
福家警部補 (2)
大崎梢 (5)
成風堂シリーズ (3)
井辻智紀の業務日誌シリーズ (1)
太田忠司 (8)
狩野俊介 (2)
甘栗晃 (2)
朔夜一心(月読シリーズ) (1)
予告探偵 (1)
雪永鋼 (1)
大山淳子 (2)
猫弁シリーズ (2)
岡嶋二人 (5)
折原一 (4)
恩田陸 (9)
神原恵弥 (1)
あ行の作家 (8)
加納朋子 (9)
入江駒子 (3)
市村安梨沙(アリスシリーズ) (2)
ささらシリーズ (1)
神永学 (4)
確率捜査官御子柴岳人 (1)
貴志祐介 (3)
榎本径(防犯探偵) (3)
北村薫 (17)
円紫さんと私シリーズ (5)
新妻千秋(覆面作家) (3)
わたしのベッキーシリーズ (2)
時と人 (2)
北森鴻 (9)
工藤哲也(香菜里屋シリーズ) (3)
蓮丈那智 (3)
旗師・冬狐堂 (1)
北山猛邦 (6)
城シリーズ (2)
音野順 (1)
猫柳十一弦 (2)
霧舎巧 (1)
鯨統一郎 (7)
倉知淳 (2)
猫丸先輩 (1)
栗本薫 (7)
伊集院大介 (5)
黒田研二 (4)
ふたり探偵 (1)
近藤史恵 (7)
今泉文吾(歌舞伎シリーズ) (2)
キリコ (1)
ビストロ・パ・マルシリーズ (1)
七瀬久里子 (2)
か行の作家 (7)
坂木司 (5)
ひきこもり探偵 (1)
篠田真由美 (15)
桜井京介(建築探偵) (12)
蒼の物語 (3)
柴田よしき (8)
猫探偵正太郎 (4)
浅間寺竜之介 (2)
摩耶優麗 (1)
島田荘司 (2)
御手洗潔 (2)
朱川湊人 (2)
わくらばシリーズ (1)
さ行の作家 (8)
高木彬光 (3)
神津恭介 (3)
高里椎奈 (5)
深山木秋(薬屋探偵妖綺談) (5)
高田崇史 (7)
桑原崇(QEDシリーズ) (2)
鴨志田甲斐(カンナシリーズ) (2)
勧修寺文麿 (2)
田中啓文 (1)
笑酔亭梅寿謎解噺シリーズ (1)
田中芳樹 (1)
薬師寺涼子 (1)
柄刀一 (3)
三月宇佐見のお茶の会 (1)
南美希風 (1)
津原泰水 (1)
ルピナス探偵団 (1)
た行の作家 (5)
中山七里 (5)
岬洋介 (4)
七尾与史 (2)
ドS刑事シリーズ (1)
二階堂黎人 (2)
水乃サトル (2)
仁木悦子 (2)
仁木兄妹 (2)
西澤保彦 (14)
匠千暁(タック&タカチシリーズ) (4)
神麻嗣子(チョーモンインシリーズ) (3)
響季姉妹探偵 (1)
ぬいぐるみ警部 (1)
西村京太郎 (2)
名探偵シリーズ (1)
似鳥鶏 (3)
葉山くんシリーズ (3)
貫井徳郎 (3)
法月綸太郎 (5)
な行の作家 (4)
初野晴 (3)
東川篤哉 (5)
謎解きはディナーのあとで (2)
烏賊川市シリーズ (2)
東野圭吾 (43)
加賀恭一郎 (10)
湯川学(探偵ガリレオ) (8)
天下一大五郎 (1)
マスカレードシリーズ (1)
深水黎一郎 (1)
神泉寺瞬一郎(芸術探偵) (1)
は行の作家 (10)
松岡圭祐 (2)
紗崎玲奈(探偵の探偵) (1)
円居挽 (1)
シャーロック・ノートシリーズ (1)
麻耶雄嵩 (1)
貴族探偵 (1)
三上延 (2)
ビブリア古書堂シリーズ (2)
水生大海 (1)
羅針盤シリーズ (1)
道尾秀介 (3)
湊かなえ (2)
宮部みゆき (3)
捜査犬マサ (2)
森川智喜 (3)
三途川理 (3)
森博嗣 (36)
犀川創平(S&Mシリーズ) (10)
瀬在丸紅子(Vシリーズ) (10)
真賀田四季 (4)
海月及介(Gシリーズ) (1)
百年シリーズ (2)
水柿助教授(Mシリーズ) (1)
森谷明子 (3)
ま行の作家 (7)
山口雅也 (2)
垂里冴子 (2)
山田悠介 (1)
柚月裕子 (1)
佐方貞人 (1)
米澤穂信 (13)
折木奉太郎(古典部) (5)
小鳩常悟朗(小市民) (3)
紺屋S&Rシリーズ (1)
や行の作家 (5)
若竹七海 (1)
ら行・わ行の作家 (1)
アンソロジー (6)
共著・合作 (1)
ノベライズ (1)
相棒 (1)
海外ミステリ (48)
ジョン・ディクスン・カー (5)
エラリー・クイーン (4)
アガサ・クリスティ (5)
コナン・ドイル (4)
ミステリー副読本 (6)
日本古典文学関連 (3)
ドラマ (185)
浅見光彦(ドラマ) (29)
信濃のコロンボ (6)
相棒(ドラマ) (33)
名探偵ポワロ (9)
SHERLOCK(シャーロック) (2)
ライアーゲーム (9)
東野圭吾ミステリーズ (11)
加賀恭一郎(ドラマ) (2)
ガリレオ(ドラマ) (12)
神津恭介(ドラマ) (2)
すべてがFになる(ドラマ) (10)
臨床犯罪学者 火村英生の推理(ドラマ) (10)
謎解きはディナーのあとで(ドラマ) (6)
土曜ワイド劇場 (6)
コラボ商品 (3)
推理クイズ (37)
探偵Xからの挑戦状! (23)
超再現!ミステリー (13)
映画 (55)
読書まとめ (27)
テーマ読み (12)
ランキング (18)
ミステリィの小径 (7)
対談・インタビュー (2)
イベント情報 (2)
文庫フェア (10)
フィギュアスケート (108)
試合展望・結果 (76)
書籍・雑誌 (10)
氷上の魔術師(フィギュア百景) (20)
アニメ『ユーリ!!! on ICE』 (2)
その他 (31)