FC2ブログ

東大王に羽生結弦選手のパレードが出題される!

Category氷上の魔術師(フィギュア百景)
 0  0

羽生結弦パレード

7月31日放送の東大王で、羽生結弦選手のパレードが出題されました。

出題はこちら↓
みぽ☆さんのツイ

誰のパレードかという問題だったのですが、
パレードといえば、やっぱり羽生選手のパレードを真っ先に思い浮かべました。
でも、古い映像かもしれないし・・・と思ったところで、視聴者向けのヒントが。

2018年の出来事です・・・って、もう間違いないじゃないか(^^;)
どこが「超難問」なんですか~!簡単すぎるだろ~!(笑)
(問題を出題する前に必ず「超難問」の声が掛かります)

この日の放送では、リオオリンピックから、1964年の東京オリンピックまでを振り返る問題が出題されました。
そっか。夏季オリンピックじゃあ結弦くんは関係ないわね、とちょっぴりトーンダウンしていたので、
一気にテンション上がりました!(←単純w)
まるでゆづファンの心理を読んでいるかの問題でしたね~
さては出題者にゆづファンがいるのでは??

東大王といえば、以前にこんなランキング問題も出題されました。

10代~60代男女600人に聞いた「記憶に残るオリンピック金メダリスト」

ざっとランキングを紹介しますね。

1位 高橋尚子 10位 岩崎恭子
2位 羽生結弦 11位 野村忠宏
3位 北島康介 12位 ウサイン・ボルト
4位 荒川静香 13位 森末慎二
5位 内村航平 14位 伊調馨
6位 吉田沙保里 15位 室伏広治
7位 谷亮子(田村亮子) 16位 アベベ・ビキラ
8位 山下泰裕 17位 鈴木大地
9位 カール・ルイス 18位 笠谷幸生

この中で冬季オリンピックの金メダリストは、
羽生結弦選手と荒川静香さんと笠谷幸生さん(1972年札幌スキージャンプ)の3人だけ。
やはり夏季に比べて冬季オリンピックはマイナーなんですよね。
そんな中で、羽生選手の2位ってすごいですよね。(荒川さんの4位もすごいと思うけど)

ソチの時も、平昌の時もドラマチックでしたものね。
逆境を乗り越えて掴んだ栄光。
見た目も2次元から飛び出してきたかのような人なので、余計にドラマチックに見えるかもしれませんね。

ところで、このランキングが発表された時に、それぞれの似顔絵が表示されたのですが、
羽生選手はこんな↓でした。

羽生選手イラスト

顔はまあまあ似ていると思うのですが、この衣装、ホプレガじゃないか!
SEIMEIの衣装を描いて欲しかったな~(^^;)

 

ゆづスマイル

こんな笑顔がまたたくさん見られるといいですね♪

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

仙台巡りも雪肌精も何も当たらず、落ち込んでいる私。
でもそれよりも全日本のチケットが当たった方がいいよね、と自分を慰めています。
100のグッズより、生の結弦くんに勝るものなし。うん。

 


ご訪問ありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

こちら↓もよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ     

フィギュアスケート羽生結弦東大王

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment