FC2ブログ

トロント公開練習中止は戦略!?

Category試合展望・結果
 0  0

羽生結弦

羽生結弦選手は、毎年8月に練習拠点のトロントにメディアを呼び寄せて公開練習を行っていましたが、
今年は行わないことになりました。
ここで新プログラムも発表される為、ファンとしても楽しみなイベントだったので、とても残念だったのですが、
そのことで様々な憶測が飛び交っているようですね。

羽生結弦 異例の公開練習中止も「むしろ賢い」と評される理由(女性自身) - Yahoo!ニュース

 

まず、怪我をした右足の状態が悪いのでは・・・ですが、
それは私もまず最初に心配しました。
FaOIに無理して出演して、悪化させてしまったのかな・・・とも。

でもすぐに思い直しました。
オータムクラシックにエントリーしているのなら、まずその心配はないですよね。
完治はしていないとは思いますが、無理して出場する試合でもありませんし、
試合に出られる状態ならば大丈夫でしょう。

そのオータムクラシックですが、例年だと9月下旬頃に行われるのですが、
今年は少し早まって、9月12日から始まります。
また、羽生選手は、8月24日に日本テレビ「24時間テレビ」でアイスショーを行います。
おそらく日本に帰ってきたついでに、諸々のイベントをこなすことと思うので、
その後、カナダに戻ったら、試合までもうあまり余裕がないですよね。
日程的に公開練習を入れられなかったのではないでしょうか。

野口さんが「公開練習で新プログラムを披露するとなれば、ある程度滑り込む必要があります。
またそのタイミングでピークを持っていけるよう、調整しなければなりません。」と言っているように、
公開練習では、それなりのものを見せないといけないので、やるとすればやはり8月の終わり頃にになると思います。
単にスケジュールが合わなかっただけじゃないかという気もしますが・・・。

それが戦略かどうかは何とも言えないですね。
あまり手の内を見せると研究されてしまうので、敢えて見せないというのも戦略かもしれません。
特に羽生選手の場合は、注目度が高いので、一斉にメディアが報道しますので、
ライバルにもその情報が伝わってしまいますよね。
ギリギリまで見せないつもりなのかも・・・。

となるとですよ、オータムクラシックまでベールに包まれたままということになりますよね・・・。
新プログラム、早く知りたいですよね~
それとも持ち越しなのでしょうか?

あと1か月余り、やきもきしながら過ごすことになりそうですね(^^;)

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

 


ご訪問ありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

こちら↓もよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ     

フィギュアスケート羽生結弦トロント公開練習新プログラム

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment