FC2ブログ

羽生結弦選手初戦!オータムクラシック2019男子SP結果

Category試合展望・結果
 0  0

◆◇◆待ちに待った今シーズン初戦!(*^^*)◆◇◆

羽生結弦SP

いよいよフィギュアスケート2019-2020シーズンが開幕しましたね!
カナダ・オークビルでは、オータムクラシック2019が行われています。
日本からは、羽生結弦選手と紀平梨花選手が出場。
紀平選手は、SP、フリー合わせて3つのトリプルアクセルを決めて優勝!素晴らしい!おめでとう!(^▽^)

それでは、以下、男子SPの結果をお伝えします!

 

 SP詳細

◆SP結果
順位 選手名 国名 得点
1位 羽生結弦 日本
98.38
2位 ケヴィン・エイモズ フランス
94.76
3位 キーガン・メッシング カナダ
89.57
4位 チャ・ジュンファン 韓国
84.23
5位 カムデン・プルキネン アメリカ
81.34

出場全選手の得点と採点結果はこちら→オータムクラシック2019SP男子シングルResults

 

羽生結弦SP:秋によせて

 

冒頭の4サルコウで転倒。珍しいミスでしたね。
4回転回り切っていれば・・・と思いましたが、残念ながら回転不足を取られてしまいました。
しかし、その後ミスを引き摺らなかったのはよかったと思います。
ツイズルからのトリプルアクセル、着氷後にまたツイズルの流れは美しかったです。
4-3トウループも綺麗に決まりました(^^)
スピン、ステップはすべてレベル4。

演技構成点は、すべて9点台前半。
転倒したため、低く抑えられてしまうので、本来なら9点台後半が出るはずです。

それでも98.38点と100点近い点数が出たのは、さすがです。
他の選手との格の違いを見せつけましたね。

 

◆羽生選手演技後インタビュー

――冒頭のサルコーは?

 「世界選手権の失敗をちょっと引きずっているかなと思うので。気合も入っていたんですけど、ちょっと考えないとな、とは思います」

 ――考えすぎた?

 「まあ、考えすぎました感じです」

 ――初戦の緊張、慎重に入ったのか。

 「その感じはなかったと思いますね。初戦だからという感じではなくて、単純に調整不足でもなく。パリの散歩道の時も1回あったんですけど、トーループが跳べなくなって、なかなか決まらない時期が2戦くらい続いた時があったんですけど。その感じにちょっと似ているなと思っているんで。やっぱりうまく経験を使わないとなと思っています」

 ――公式練習の感じは悪くなかった?

 「全体的に最近、悪くないですし、練習も積めているので、あまり不安はないんですけど、結果がこれなので、もっとやるべきことがあったのかなと今、思います」

 ――演技直前はどんなことを考えていた。

 「割と冷静でした。トーループがうまくいつもの軌道ではまらなかったので、ちょっと軌道を変えたりしたんですけど、それは実際うまくはまっていたと思いますし。サルコーに関してはその直前までずっといい感じで、形はよかったと思うので、それをイメージトレーニングしながらやってもいた。まあ、全体的に感触は悪くはなかったかなと思っています」

 ――サルコーを跳んだ瞬間は。

 「あっもう、なんかサルコー入る前にはダメでした。あっ違うなと思って。まあ、しょうがないですね。ミスはミスなんで」

 ――いつもよりコースが直線的に入ったか?

 「それもあるかなと思います。なるべく、うまく真っすぐ乗りたいみたいな感じに慎重にはなったんで。それはあったかなと思うんですけど、やっぱりジスランと話していて、“ちょっと世界選手権、引きずっているよね”という感じは言われました」

 ――残りの演技は。

 「ちょっとやっぱりミスしたことによって、焦ってはいたんですけど。あの後から凄い切り替えもうまくいってたと思いますし。特にアクセルに関しては、久しぶりにツイズルからアクセルを跳んで、ツイズルに戻すというものにまた変更して。GOEのポイントがちょっとちゃんと見られてないのでわかんないですけど、自分としては本当に満足のいくアクセルが初めて試合の中でこの入りで跳べたので、そこが凄くよかったなと思っています」

 ――同じプログラムで2シーズン目。ジャンプのレベルを上げる計画は。

 「まあ、いくらでもできるので、それはやってますし、練習も。ただ、今回は…。今回どうなんですかね。ちょっといろいろ考えながらフリーもやりたいなと思っています」

 ――転倒なければ106点くらい?

 「うーん。まあ、そうですね。でも、とりあえずノーミスすることが一番、大事だと思っているので。まずはノーミスしたかったなという気持ちがあります」

 ――オータムに苦手意識が。

 「スケカナもあるんで、また。そろそろ、スケートカナダでいい出来がしたいなという感じもある」

 ――まだ優勝していない。

 「本当に、もう24、25(歳)のシーズンですけど、シニア10年近くなるんで。いい加減、ショートで失敗するの止めなよって思ってるんですけど。でも、こういう感じになると、やっぱスケート奥深いなっていうか。アスリートとしての気持ちの持ちようとか年々違ってくるので、それが凄い楽しいなと思いながらやってます」

 ――昨日の話だと、だいぶ熟成しているようにも。

 「まあ、きょうはよかったと思うんですけど、やっぱりちょっと、前のインタビューで言わせていただいていたんですけど。世界選手権からこのシーズンが始まっていると思っているので、そういう意味でも、世界選手権と自分との距離感がちょっと近過ぎたゆえの無駄な力みもあったのかなとは思います。でも、トートーとアクセルが凄いよかったので、それは満足しています」

 ――足は大丈夫か

 「はい、全然大丈夫です」

 ――サルコー入る前に世界選手権のことがよぎる感じなのか。

 「よぎるっていうか、無駄に意識するんですよね。考えすぎるっていうか、なんて言えばいいんですかね。感覚の問題なんで言葉にするのがちょっと難しいんですけど。この時、こういうミスをしたなって一瞬よぎっちゃうんですかね。考えちゃうんですかね。理論を。理論で凄い固めちゃうタイプなんで。それがもっと感覚的に跳べていたジャンプだったからこそ、今回はちょっと理論に引っ張られすぎちゃったかなという感じ。でも、トーループの場合は逆に今回は感覚がよくなくて、理論で固めたから理論でそのまま跳べるんだけど、サルコーの場合は感覚でいきすぎていて、理論に入っていっちゃった瞬間に固まっちゃったという感じですかね。(質問に)ありがとうございます。分析ができた」

 ――細かいズレに気がついた。

 「そうですね。あー、みたいな感じになった。しょうがないです」

 ――フリーはどんな演技を。

 「毎回、ノーミスは目指してるんですけど。でも、やっぱりいつもの初戦とは違って、自分の中で完成形が見えている状態で挑んでいる試合なので、やっぱりノーミスできないと凄い悔しいなという気持ちが強くあります。なので、その完成形、練習で作ってきた完成形をこの本番の舞台でしっかりと出し切れるように、それ以上のものがまず出し切れるようにということを意識しながら、この試合のフリーに臨みたいなと思います」

  

 雑感

今シーズンは、事前にプログラム発表がなかったので、持越しなのかなと思っていましたが、やはり持越しでしたね。
SPもフリーも思い入れのあるプログラムなので、昨シーズンは怪我もあって、
あまり披露する機会がなかったのが心残りだったのでしょうね。
「負けたままで終わらせられない」というのも、負けず嫌いの羽生選手らしいなと思いました。
プログラムを穢したくないという想いもあるのでしょう。

「いい加減、ショートで失敗するの止めなよって思ってるんですけど」と言っていますけれど、
SPで世界最高得点を塗り替えたのって何回ありましたっけ?
そんなにSPでミスしている印象はないですよ。
大丈夫ですよ。まだ初戦なのだし。課題や修正点が見つかった方がいいですよね。

また、プログラム持越しならば、衣装はどうなのかも気になっていましたよね。
おそらく色やデザインはそれほど大きくは変えないだろうと思いましたが・・・。

前はこんな感じ

otonal衣装(前)

昨シーズンの衣装は、ボレロ風の上衣で胸の下辺りで前を合わせているデザインでしたが、
今シーズンの衣装は、前合わせが深くなったデザインですね。
裾はギザギザでシャープな印象。
袖口は広がっていて、深い青のグラデーションがとても綺麗です。

後ろはこんな感じ

Otonal衣装(後)

シルエット自体はそれほど変わっていないかな。
昨シーズンは、淡いブルーの衣装でしたが、今シーズンは深いブルーを挿し色に使っていますね。
氷に映えるとても綺麗な色だと思います(^^)

ということは、フリーも衣装が変わるのですよね?
大好評だったOrigin様、今シーズンはどうなっているのでしょう。気になりますね。

フリーは4ルッツ跳ぶのでしょうか?この試合で入れる必要もないと思いますが・・・。
羽生選手が思い描いた演技が出来ますように・・・。

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

最近のライストは、綺麗に映るようになりましたね。
以前は、映像がカクカクしていて、ジャンプ跳んだのかどうかよく分からないという(^^;)
今は4回転跳んだのもちゃんと分かります(当たり前かw)
などと言って、実は私、SPの後半はほとんど船を漕いでおりました(笑)
だってほとんど知らない選手なんだもの。
分かるのはもちろんゆづとジュンファンとメッシングとエイモズぐらい?
羽生選手応援ブログの皆様、ちゃんと寝てますか~?


ご訪問ありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

こちら↓もよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ     

フィギュアスケート羽生結弦オータムクラシック

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment