【ガリレオΦ-操縦る-】

author photo

By翠香

  映画『容疑者Xの献身』公開に合わせて、公開日と同じ10月4日に、ガリレオのスペシャルドラマ!!う~んさすがフジテレビ、宣伝が上手い(笑)
  このSPドラマは、連続ドラマ『ガリレオ』で描いた物語からさかのぼること3年。当時帝都大学理工学部の助教授だった湯川学に、大学時代の親友・草薙刑事が初めて捜査協力を依頼したお話。
  それでは、始まり、始まり~。(何故か紙芝居風w)

■放送日時
  2008年10月4日 フジテレビ 土曜プレミアム 21時00分~23時10分

■CAST(敬称略)
  湯川学    ・・・福山雅治
  草薙俊平   ・・・北村一輝
  塩野谷あかり ・・・長澤まさみ
  新藤奈美恵 ・・・香里奈
  湯川学(学生時代)・・・三浦春馬
  草薙俊平(学生時代)・・・佐野和真
  栗林宏美   ・・・渡辺いっけい
  友永幸正   ・・・蟹江敬三
                 ほか

【シーン1】丙島で密室殺人事件発生

  友永宅の離れで、突然ガラスの割れる音がした。その後、室内にあった玩具花火に引火、離れは爆発炎上した。焼け跡から友永の息子の死体が。しかし、息子の左胸には、刃渡り30cm以上の刃物で串刺ししたような傷があった。死体の側には、コードレス電話機214が落ちていて、誰かと電話で話をしていたらしい。しかし、通話記録は残されていなかった。この離れはすべて内側から施錠されており、犯人が出入りした形跡は見当たらなかった。
  はたして犯人は、どうやってこの密室から脱出したのか?

  ミステリーファンが泣いて喜ぶ(?)、密室殺人事件が発生。夜釣りを楽しんでいた男の釣り糸が突然切れたという描写があったので、【探偵ガリレオ】『燃える』のトリックを思い浮かべたのですが、もちろんトリックは別のものです。

【シーン2】湯川と草薙12年ぶりの再会

  事件を担当することになった草薙は、母校の帝都大学の教授に意見を聞きに行く。しかし、専門外であるから分からないという返事。何の収穫もなく引き上げようとしたところ、掲示板に懐かしい名前を発見した。その男の名は、学生時代『変人ガリレオ』とあだ名された、湯川学。帝都大学物理学科の助教授であった。
 湯川と草薙は12年ぶりの再会を果たすも、湯川は草薙の捜査協力依頼をあっさりと断った。しかし──。

  草薙の「ビーチにはビキニ姿の若い女がウジャウジャいるぞ」という言葉に、迷う湯川。「えっ!迷ってるの?」 結局行くことに決めた湯川。この堅物がビキニ336に釣られるとは、「さっぱり分からない。」(笑)

【シーン3】湯川と草薙、ビーチの注目の的!

 「ビキニ姿の若い女がウジャウジャいる」ビーチに到着した湯川達一行。
  湯川「すばらしい」
  草薙「男のロマンだな」(←意味不明w)
  その後、事件現場へ向かう湯川と草薙。密室から犯人がどうやって逃走したか、この時は湯川にも「さっぱり分からない。実に面白い」だそうで。
  友永とその娘・奈美恵にも話を聞く。ボトルシップや友永の発明品のステッキを見た湯川は、友永の手先の器用さに感心する。

  ビーチに戻った湯川と草薙。ビーチバレーのボールが湯川の元に飛んできた。それを返すのかと思いきや・・・何故か二人はビーチバレーのヒーローに!
  お二人とも練習の成果か、なかなかさまになってましたよ~。
  特に超モテの湯川は、ビキニ姿の若い女の子に囲まれ、ハーレム状態に。しかし、ビーチバレーが初めてなのにどうしてそんなに上手なのかと聞かれ、「ボールの進入角度に合わせて手を差し出し、反発力を計算して・・・云々」 だめだこりゃ。390 

【シーン4】〔回想シーン〕湯川、初めての事件

  ここで、草薙が学生時代、殺人事件の容疑をかけられてしまったのを、湯川に助けてもらったエピソードを語ります。
  湯川の学生時代を演じるのは、三浦春馬くん。見事に湯川に扮する福山さんの縮小コピーになってました!しかし、大学生なのに、ベストにスラックス姿ってどうよ?そういえば、【容疑者Xの献身】の原作では、たしか湯川の大学時代ってロン毛ではだけた胸元から金のネックレスがキラリ353のチャラ男風だったはず。これで映画でチャラ男福山のシーンがないことを確信しました(笑)
  栗林はこのときから助手。万年助手のウワサは本当だったらしい。やっぱりウザい奴(^^;)
  そして、四色問題の証明を試みている石神(後姿のみ)が登場。さりげなく映画の宣伝をしてますね(笑)でも、石神の体格は普通だったけど?『ダルマの石神』には見えなかったなぁ。

【シーン5】友永は『メタルの魔術師』

  友永スチールでの草薙の聞き込みに同行する湯川。事件当夜の状況などを聞く。
  前社長・友永幸正は、中卒ながら猛勉強をして町工場から始め、ここまで会社を大きくしたのだという。社員はみな友永の努力と功績に敬服していた。友永の技術はNASAに技術提供するほどの高度なものであった。
  「社長はメタルの魔術師と呼ばれていたのです」

【シーン6】あかり、何者かに襲われる?

  単独で事件現場を訪れたあかり。人の手を使わずに刺す方法を考えていた。
  奈美恵は、恋人に電話をかけ、あかりが事件現場を嗅ぎ回っていることを伝える。
  海岸を歩き回っていたあかりは、ガラスの破片を発見した。そこへ突然何者かに後頭部を殴られ、頭から血を流し、その場に失神する。

  しかし、あかりの頭を殴ったものは、実は海岸の切り立った山の上にある赤い木の実が落ちてきて当たったもの。血のように見えたのは、木の実の汁です(笑)

【シーン7】湯川、謎を解く!

  やはり単独で事件現場に来ていた湯川、海岸で倒れていたあかりを助ける。
  火事になった離れの周りで何かを探す湯川。やがて1つのガラスの破片を見つける。ガラスの破片は、海岸の方へ向かって散らばっていた。そしてあかりが倒れていたあたりに、もげた木の小枝が・・・。
 何かひらめいた湯川、そばにあった燃えかすの炭を使って、地面に数式を書きなぐる(バックに『ガリレオ』のテーマソング343)。

  あかり「湯川先生、何か分かったんですか?教えて下さい!」
  湯川「駄目だ。まだ仮設の段階だ。仮説は実証して初めて真実になる」
  あかり「じゃあ早く実証して下さい!」
  湯川「待ってろ」
  そして、かけていた眼鏡をあかりに預け、服のまま海へダイブ!!356
  唖然とするあかり。(長澤まさみちゃん、あごが外れるぐらい大きな口開けてました。こんな感じ→405

【シーン8】トリックの実証

  衝撃実験棟にて事件現場を再現。
  ステンレス板を起爆装置にセットし、爆発を起こさせるとステンレス板は槍のように尖った形状になり、人体を貫通させることが実証された。
  この実験の内容は、友永幸正が約20年前に学会で発表された論文『爆発圧着における金属の流体的挙動の解析』に書かれていた。
  湯川「爆発によって金属がどのように変形するかを膨大な実験によって明らかにしている。どんな金属でも望み通りの形状に変形させることができるだろう」

【シーン9】湯川、推理を披露する

  湯川、草薙、あかりの3人は友永宅を訪れる。
  友永に対し、犯人であることを告げる草薙。湯川は、仮説を披露し、友永の仕掛けたトリックを解明する。
  友永の前に、実験で仮説を裏付けたステンレス板と、海岸から20m沖合いの海の底で見つけたステンレス板を並べてみせた。その2つのステンレス版は全く同じ形状をしていた。
  罪を認めた友永、「さすがは天才物理学者だ。『ガリレオ』と呼ばれるだけのことはある。ウチの部下が束になってもあんたにはかなわないだろう」
 何か初めから湯川のことを知っていた様子。

  湯川が海へダイブしたのは、『凶器』のステンレス板を探すためだったのですね。しかし、服を着たまま(靴もはいていた!)素潜りで海の底を探すなんて無謀ですよね。

【シーン10】意外な真相

  警察で事情聴取を受ける奈美恵。
  友永は自分の犯行に気付いて欲しくて、わざと発明品のステッキを皆に披露したのではないかと言う。友永の目的は完全犯罪ではなく、警察に捕まることだったのだ。
  鼻つまみ者の息子を殺害することで、友永の遺産はすべて娘の奈美恵のものになる。友永が重大な犯罪を犯して警察に捕まれば、娘の奈美恵は自分の介護から解放され、恋人と結婚することができると考えてのことだった。
  湯川は友永に操縦られていたのだ。

  奈美恵は父の介護を苦にしてはいなかったのですが、友永には負い目があったのでしょう。放蕩息子を始末することだけで終わらないのが東野作品らしいところです。

【ラストシーン】あかり、イメチェンするが・・・。

  イメチェンして、ちょっとおしゃれをしたあかり、湯川の研究室を訪れる。あかりは自分の進路を決めたことを湯川に伝える。警察官になって科学捜査研究所に勤めるのだという。
  あかり「その前に~キャラを変えてみようと思って・・・真面目さんは卒業します!恋もして、チョービキニも着て、大学生活を充実させます!」
  湯川「ちょっと待って。恋とビキニがどうして大学生活を充実させるんだ?」
  あかり「あっ、ビキニはおまけです238
  湯川「いや、僕が気になっているのは恋の方だ。ビキニには面積というものさしがある。しかし、恋なんてものは全く不確かなものだ。恋が大学生活を充実させるという因果関係を証明することは不可能だ。そもそも恋の単位は何だ?絶対的な尺度でその質や量を測ることができない存在について・・・」
  あかり(うんざりした顔で)「もういいです!それは・・・自分で考えます。・・・失礼します。(研究室を出て行く)もう!全然分かってない!」412
 湯川「全く分かっていない・・・」

  恋をも数式で解き明かそうというのか、湯川!まったく女心を理解してませんねぇ(^^;)

■総評
 
昨年の連ドラでは、草薙の役どころが新米刑事・内海薫に取って代わられてしまっていたので、草薙の登場が少なかったのですが(しかもなぜか超モテキャラだったし・・・)、今回は、“探偵ガリレオ”誕生の秘密とその原点を描いているため、湯川と草薙のからみが多く、原作ファンも納得の内容だったのではないでしょうか。
  ミステリーとしての観点では、電話のトリックはすぐ見破ってしまったので、おのずと犯人は分かってしまいました。しかし、全ての謎を解いた湯川が実は犯人に操られていた、というところがサブタイトルにも繋がっていて心憎いところですね。

【おまけ】湯川名(迷?)言集
  • 仮説を立てても実証で否定されれば、その考えは潔く捨てる──それが物理学者のアプローチだ。
    (事件現場の離れの床下に犯人の焼死体があるかもしれないと言ったが、何もなく、草薙に「確信があったんじゃないのか!」と言われての返し)
  • (乾いた笑いの後)さっぱり分からない。実に面白い。
    (草薙に「じゃあ犯人はどうやってここから出たんだよ!」と聞かれての返し)
  • 僕はビキニは嫌いじゃない。ビーチで眺めるビキニは素晴らしい。もし女子学生全員がビキニ姿で僕の講義を聴いていたとしたら、僕はかなりうれしいだろう。
    (あかりが、「湯川先生が現場に残るのなら、すっごいビキニを着ちゃうんだけどなぁ」と言ったことに反応して)
  • 駄目だ。まだ仮設の段階だ。仮説は実証して初めて真実になる。
  • ビキニには面積というものさしがある。しかし、恋なんてものは全く不確かなものだ。恋が大学生活を充実させるという因果関係を証明することは不可能だ。

■参考
 
ガリレオΦ - フジテレビ
   番組HP。福山雅治x北村一輝 スペシャル対談、必見です!

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Comments 2

はな  

観たかったです~

こんにちは(^^)
福山&北村でビーチバレーっすか!!これは必見でしたねぇ(笑)
しかも若かりし頃は三浦君が演じてるとは~~。
目の保養になりすぎます。

名言集ありがとうございます!読んでるだけでウケます♪
柴咲さんコンビも楽しいところありますけども、やっぱり草薙さんとの面白やりとりにププっと笑ってしまいそうです。

2008/10/20 (Mon) 12:40 | EDIT | REPLY |   

翠香  

これは永久保存版です♪

>はなさん
三浦くんは、見事に福山の縮小コピーになってましたよ~v-238 そうそう、例のところかまわず計算を書き散らすシーンの三浦くんバージョンもありました!あのテーマソングではなく、さわやかな音楽が流れてましたねぇ(^^)

このSPドラマは、草薙とのからみが多くて楽しめましたよ。ビーチバレーもスパイクがビシバシ決まっていて、練習の成果があったようですね。

2008/10/21 (Tue) 23:38 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Leave a reply

INDEX (13)
このブログについて (4)
内田康夫 (99)
浅見光彦 (91)
岡部和雄 (3)
竹村岩男(信濃のコロンボ) (3)
愛川晶 (1)
相沢沙呼 (2)
酉乃初 (2)
蒼井上鷹 (1)
赤川次郎 (7)
三毛猫ホームズ (4)
三姉妹探偵団 (1)
芦辺拓 (1)
森江春策 (1)
我孫子武丸 (1)
速水三兄弟 (1)
天野頌子 (1)
陰陽屋シリーズ (1)
綾辻行人 (8)
島田潔(館シリーズ) (6)
有栖川有栖 (22)
火村英生(作家アリス) (18)
江神二郎(学生アリス) (3)
泡坂妻夫 (1)
伊坂幸太郎 (5)
石持浅海 (6)
碓氷優佳 (3)
座間味くんシリーズ (1)
乾くるみ (8)
カラット探偵事務所の事件簿 (1)
井上夢人 (2)
今邑彩 (4)
上田早夕里 (2)
パティシエシリーズ (2)
歌野晶午 (5)
信濃譲二(家シリーズ) (2)
大倉崇裕 (3)
福家警部補 (2)
大崎梢 (5)
成風堂シリーズ (3)
井辻智紀の業務日誌シリーズ (1)
太田忠司 (8)
狩野俊介 (2)
甘栗晃 (2)
朔夜一心(月読シリーズ) (1)
予告探偵 (1)
雪永鋼 (1)
大山淳子 (2)
猫弁シリーズ (2)
岡嶋二人 (5)
折原一 (4)
恩田陸 (9)
神原恵弥 (1)
あ行の作家 (8)
加納朋子 (9)
入江駒子 (3)
市村安梨沙(アリスシリーズ) (2)
ささらシリーズ (1)
神永学 (4)
確率捜査官御子柴岳人 (1)
貴志祐介 (3)
榎本径(防犯探偵) (3)
北村薫 (17)
円紫さんと私シリーズ (5)
新妻千秋(覆面作家) (3)
わたしのベッキーシリーズ (2)
時と人 (2)
北森鴻 (9)
工藤哲也(香菜里屋シリーズ) (3)
蓮丈那智 (3)
旗師・冬狐堂 (1)
北山猛邦 (6)
城シリーズ (2)
音野順 (1)
猫柳十一弦 (2)
霧舎巧 (1)
鯨統一郎 (7)
倉知淳 (2)
猫丸先輩 (1)
栗本薫 (7)
伊集院大介 (5)
黒田研二 (4)
ふたり探偵 (1)
近藤史恵 (7)
今泉文吾(歌舞伎シリーズ) (2)
キリコ (1)
ビストロ・パ・マルシリーズ (1)
七瀬久里子 (2)
か行の作家 (7)
坂木司 (5)
ひきこもり探偵 (1)
篠田真由美 (15)
桜井京介(建築探偵) (12)
蒼の物語 (3)
柴田よしき (8)
猫探偵正太郎 (4)
浅間寺竜之介 (2)
摩耶優麗 (1)
島田荘司 (2)
御手洗潔 (2)
朱川湊人 (2)
わくらばシリーズ (1)
さ行の作家 (8)
高木彬光 (3)
神津恭介 (3)
高里椎奈 (5)
深山木秋(薬屋探偵妖綺談) (5)
高田崇史 (7)
桑原崇(QEDシリーズ) (2)
鴨志田甲斐(カンナシリーズ) (2)
勧修寺文麿 (2)
田中啓文 (1)
笑酔亭梅寿謎解噺シリーズ (1)
田中芳樹 (1)
薬師寺涼子 (1)
柄刀一 (3)
三月宇佐見のお茶の会 (1)
南美希風 (1)
津原泰水 (1)
ルピナス探偵団 (1)
た行の作家 (5)
中山七里 (5)
岬洋介 (4)
七尾与史 (2)
ドS刑事シリーズ (1)
二階堂黎人 (2)
水乃サトル (2)
仁木悦子 (2)
仁木兄妹 (2)
西澤保彦 (14)
匠千暁(タック&タカチシリーズ) (4)
神麻嗣子(チョーモンインシリーズ) (3)
響季姉妹探偵 (1)
ぬいぐるみ警部 (1)
西村京太郎 (2)
名探偵シリーズ (1)
似鳥鶏 (3)
葉山くんシリーズ (3)
貫井徳郎 (3)
法月綸太郎 (5)
な行の作家 (4)
初野晴 (3)
東川篤哉 (5)
謎解きはディナーのあとで (2)
烏賊川市シリーズ (2)
東野圭吾 (43)
加賀恭一郎 (10)
湯川学(探偵ガリレオ) (8)
天下一大五郎 (1)
マスカレードシリーズ (1)
深水黎一郎 (1)
神泉寺瞬一郎(芸術探偵) (1)
は行の作家 (10)
松岡圭祐 (2)
紗崎玲奈(探偵の探偵) (1)
円居挽 (1)
シャーロック・ノートシリーズ (1)
麻耶雄嵩 (1)
貴族探偵 (1)
三上延 (2)
ビブリア古書堂シリーズ (2)
水生大海 (1)
羅針盤シリーズ (1)
道尾秀介 (3)
湊かなえ (2)
宮部みゆき (3)
捜査犬マサ (2)
森川智喜 (3)
三途川理 (3)
森博嗣 (36)
犀川創平(S&Mシリーズ) (10)
瀬在丸紅子(Vシリーズ) (10)
真賀田四季 (4)
海月及介(Gシリーズ) (1)
百年シリーズ (2)
水柿助教授(Mシリーズ) (1)
森谷明子 (3)
ま行の作家 (7)
山口雅也 (2)
垂里冴子 (2)
山田悠介 (1)
柚月裕子 (1)
佐方貞人 (1)
米澤穂信 (13)
折木奉太郎(古典部) (5)
小鳩常悟朗(小市民) (3)
紺屋S&Rシリーズ (1)
や行の作家 (5)
若竹七海 (1)
ら行・わ行の作家 (1)
アンソロジー (6)
共著・合作 (1)
ノベライズ (1)
相棒 (1)
海外ミステリ (48)
ジョン・ディクスン・カー (5)
エラリー・クイーン (4)
アガサ・クリスティ (5)
コナン・ドイル (4)
ミステリー副読本 (6)
日本古典文学関連 (3)
ドラマ (185)
浅見光彦(ドラマ) (29)
信濃のコロンボ (6)
相棒(ドラマ) (33)
名探偵ポワロ (9)
SHERLOCK(シャーロック) (2)
ライアーゲーム (9)
東野圭吾ミステリーズ (11)
加賀恭一郎(ドラマ) (2)
ガリレオ(ドラマ) (12)
神津恭介(ドラマ) (2)
すべてがFになる(ドラマ) (10)
臨床犯罪学者 火村英生の推理(ドラマ) (10)
謎解きはディナーのあとで(ドラマ) (6)
土曜ワイド劇場 (6)
コラボ商品 (3)
推理クイズ (37)
探偵Xからの挑戦状! (23)
超再現!ミステリー (13)
映画 (55)
読書まとめ (27)
テーマ読み (12)
ランキング (18)
ミステリィの小径 (7)
対談・インタビュー (2)
イベント情報 (2)
文庫フェア (10)
フィギュアスケート (107)
試合展望・結果 (75)
書籍・雑誌 (10)
氷上の魔術師(フィギュア百景) (20)
アニメ『ユーリ!!! on ICE』 (2)
その他 (31)