FC2ブログ

美しき求道者、羽生結弦

Category試合展望・結果
 0  0

1月12日、GOETHE[ゲーテ]Webにて、
美しき求道者、羽生結弦こそが自己投資の王者である!のコラム記事が配信されました。

羽生結弦Origin

GOETHE[ゲーテ]2月号に掲載されている内容と同じもののようですね。
男性月刊誌まで手を広げるのも大変なので、Webで読ませていただけるのはありがたいです(^^)

それにしても、男性誌に彼が取り上げられるのもなかなか珍しいのではないでしょうか。
女性誌では競い合うように特集を組まれていますけれど・・・。そしていつも買わされる(^^;)
男性誌だと、ちょっと視点が違っていて、彼のマインドから自己投資術を学ぼうという趣旨になっています。
フィギュアスケートの枠を飛び越えて、自己啓発にまで応用されるとは凄いです!

また男性誌でありながら、「美しき求道者」と銘打たれていることに感動します(〃▽〃)
それは、見た目の美しさだけではなく、競技に懸ける姿勢、生き様をも指していますよね。
羽生選手はとかくアイドル視されているし、フィギュアスケートの見た目の華やかさから、誤解されがちだけど、
過酷なスポーツなんですよね。
その辺のところ、ちゃんと本質を分かっていらっしゃるなと。

羽生結弦Otonal

羽生選手は、無類の負けず嫌いです。
出る試合には、全て勝ちたいと思っています。
でも、ただ勝つだけだったら、それほど苦も無く出来るはずです。
ジャンプの前後に難しいステップを入れずに、ただジャンプを跳ぶだけだったら、
もっとクリアに跳べると思います。もしかしたらその方がGOEが付くのかもしれない。

でもそれでは彼は満足しません。
出し惜しみをするのは性に合わないと言っています。
彼が目指すのは、音楽と融合した演技。
ジャンプもスピンもステップも演技の1要素に過ぎず、音楽に合わせて演技に溶け込ませようとしています。
ただ跳ぶだけでも難しいジャンプを、音楽のイメージに合わせて、前後にこのステップを入れるとか、
最近では、ジャンプのトウの突き方まで音楽に合わせて変えるといったこだわりようです。
そこまでこだわりぬいた、要素のたくさん詰まったプログラムを作り上げています。

昨日より今日、今日よりも明日、自分自身のアップグレードを目指す・・・本当そうですよね。
さらなる高みを目指している姿が人として、かっこよく、美しい。
だから人は皆、彼に惹き付けられるのだと思います。

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

鍵山優真選手、ユース五輪金メダルおめでとう!
SP3位からの逆転、凄いです!
有望な若手が育ってきたことをうれしく思います。
四大陸選手権も楽しみですが、友野選手にもよい発奮材料になったのではないかな。
まだまだジュニア勢に負けてはいられないよ、ということで、
ゆづ親分と3人でみんな頑張ろう!(^0^)


ご訪問ありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

こちら↓もよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ     

フィギュアスケート羽生結弦

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment