FC2ブログ

自信とプライドを持って自分のために

Category試合展望・結果
 0  0

昨晩のS-PARKでの羽生結弦選手のインタビュー、見ましたか?
インタビューの間ずっと、結弦くん、目が潤みっぱなしじゃないですか・・・。
あんな映像見せられたら、泣けて仕方なかったです(;_;)

羽生結弦

norakuroさん、動画アップありがとうございます。

全日本がああいう結果に終わって、相当落ち込んでいることが察せられたのですが、

「心がぼろぼろになった」
「スケート立つの怖いな」
「皆さんの前で演技するのも怖いなって思いました」

そこまで思い悩んでいたなんて・・・。
そんな心の状態で、メダリストオンアイスで、よくぞあのSEIMEIを演じましたよね。
いや、むしろより洗練された演技になっていました。

もしかすると、体力的な衰えを少し感じているのかもしれないですね。
20歳の頃とは疲労の回復具合が違うと感じているのでは?

自分の経験からして、25歳ぐらいから徐々に体力の衰えを感じ始めました。
ましてやアスリートなのですから、我々とは比較にならないぐらい、身体を酷使している訳で。
また、羽生選手の場合、怪我の為に過去2シーズン、フル出場していません。
3シーズン前とは、連戦の疲れの感覚が違っていたのかもしれません。
イメージと身体の状態が乖離していたと話していたのもそのあたりにあるのかも。

でもそれは、充分な休養と調整をすればよいこと。
無理なスケジュールを強いるスケ連側に問題があるのです。
まあ人のせいにしないところが結弦くんらしくて、素晴らしいところなんですけどね。

必要以上に自分を追い込まないでください。
貴方は過去の栄光に縋っているのではないですよね。
さらに高みを目指していますよね。

結弦くんの演技は素晴らしくて、技術的にも優れているので、それを疎ましく思う人もいるの。
だから必要以上に自分を卑下しないで。
化石なんかじゃないよ。

まあ最後には足にブースターを付けるって言っていましたから、大丈夫ですよね!
どこまで走っていきますやら。

 

ジスランコーチの談話が出ましたね。

羽生の演目変更は「世界選手権で勝つため」 ジスランコーチが韓国で明かす _ スポーツ報知

「より自分らしいプログラムを選んだ。彼はウィアー、プルシェンコへの尊敬の念からこれまでの演目を滑っていた。しかし、それをやると、本来の自分の演技にはならない。自らの内からあふれ出るものが必要だった。彼は今、誰のためでもなく自分のために滑っている」

なるほど。
確かにOtonal/Originは、スケートを楽しみたいというところからスタートしていましたよね。
本気の勝負をするには、気持ちの上でそぐわなくなっているかもしれないですね。
やっぱりSEIMEIとバラ1は、羽生選手のプログラムですもの。

どうぞ、自分のために滑ってください。
いい演技、期待していますよ(^^)

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

いよいよ今日から3日間、特別番組『独占告白!羽生とゆづる』が始まりますが、
なんとなくS-PARKの内容と同じじゃないかな~と言う気がします・・・。
一応録画して観てみますけどね(^^;)


ご訪問ありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

こちら↓もよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ     

フィギュアスケート羽生結弦

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment